Live Commerceで利用できるiPhone用ショッピングカート リリース

   投稿者 : 2010年3月8日 By

本日Live Commerceで利用できるiPhone用ショッピングカートのテーマとして「Live Commerce for iPhone」をリリースいたしました。GPL V3にてライセンスされており、ご利用は無料です。詳細はこちらです。

Love_Commerce_for_iPhone

ビジネスユースを中心に普及させたい

女性は携帯でネットショッピングをすることが主流ですが、あえて携帯よりも先にiPhoneをリリースしたのは、率直にいえば私が男性だったからでしょう。もし私が女性に生まれてきていたら、先に携帯プラグインをリリースしていたでしょう。

それはさておき、私自身もiPhoneユーザーであり、iPhoneの利便性を携帯よりも(当然ですが)感じており、iPhoneで使えるECサイトを増やしたい!との願いが込められています。

Live Commerce for iPhoneは今までPCでのネットショッピングが主であった30代以上の男性陣(私も含めて)に対する利便性を求めた形の1つの結果です。
携帯であえてネットショッピングをするよりもiPhoneでネットショッピングができたほうが、操作性や画像の表示など圧倒的に携帯の操作性を上回ります。

携帯からのネットショッピングは市場規模では現在最も成長率がある分野ですが、同時にiPhoneでネットショッピングできるサイトを増やすことができればもっとインターネットは便利なものになるはずです。

カテゴリー: リリース | コメントはまだありません »
 

開発者プログラムにサービスが追加されました

   投稿者 : 2010年3月4日 By

本日から、開発者サービスの名称を『WEB制作者(デザイナー、プログラマー)プログラム』に変更をさせていただきました。
今までは開発者向けのサービスとして提供することを目的としておりましたが、WEB制作に関係したすべての方を対象にしたサービスにする方針としたためです。
また、いくつかのサービスを追加いたしました。

1)SSHアクセスを開放
一部のユーザーよりご要望がございましたが、SSHでの開発用サーバーでのアクセスがご利用いただけるようになりました。
SSHアクセスは開発サーバーへUnixのコマンドラインからの操作が可能になるサービスです。

SSHアクセスはオプションとなり、年間1,000円でご利用いただけます。
※SSHアクセスはユーザー権限となり、/home/ユーザー/  での操作に制限されます。ROOTアクセスはできません。

 

2)最新版のソースコードへのアクセス
WEB制作者(デザイナー、プログラマー)プログラムに参加すると、バグ修正がされた最新のソースコードにアクセスができるようになりました。参加者は、Live Commerce開発環境を立ち上げると、本日時点での最新版のソースコードにアクセスできます。

 

3)データ容量を500MBから1GBに
データ容量を500MBから1GBに変更いたしました。

 

4)プロジェクトの有効期限を撤廃しました
1プロジェクトあたりの利用制限が作成日から6ヶ月になっておりましたが、WEB制作者(デザイナー、プログラマー)プログラムに参加中の間は有効期間内いっぱいまでご利用できるように制限を撤廃しました。

 

WEB制作者(デザイナー、プログラマー)プログラムへの参加を是非ご検討ください。
 

カテゴリー: アナウンス, ブログ | コメントはまだありません »
 

Live Commerceの開発者プログラムを利用する5つのメリット

   投稿者 : 2010年2月26日 By

『Live Commerce開発者プログラム』は先日ブログでアナウンスを行いましたが、内容に関してもう一度詳しくご紹介します。

もし、あなたが今Live Commerceで顧客にECサイト構築の提案を今後しようと考えているなら、Live Commerce開発者プログラムへぜひ参加ください。

『Live Commerce開発者プログラム』の内容は、
『ホームページ制作会社やプログラム開発者を対象にLive CommerceでECサイトを構築する際のテスト開発環境、及び開発に必要なツールを提供すること』 です。

費用は年間5,000円です。

Live CommerceをカスタマイスしてこれからECサイト構築ツールとしてご利用をお考えの方、または制作会社の方で顧客にECサイト構築案件の提案を使用とお考えの方はぜひ本記事を熟読されることを提案します。

私たちが提供する『Live Commerce開発者プログラム』が開発者・制作会社にとって、いかにメリットがあるかを5つのメリットから説明いたします。

 

1.時間コストの削減

Live Commerceのテスト環境を作る為には、PHPのバージョンやデータベースのバージョンを確認しながら設定を行わなければなりませんが、これは慣れた経験者でも半日?程度はかかります。

仮に、時給2500円のエンジニアで5時間かかったとすれば、12,500円です。それなら5,000円でこの時間にかけるコストを充てた方がまだましだと思いませんか?

実際にデジタルスタジオでも社内でたくさんのプログラム開発を行っていますが、一部は社内のサーバを利用したり、一部は海外の安いサーバを利用したりと、本番用でないものについては自社にインフラを持つよりも、外部にインフラを持つようになってきました。これは現在サーバーのインフラコストが低下しているからからです。

インフラのコストが安いので自前で用意する方が返って高くつくことがあるということです。

ただ、中にはそういう時間的なコストの問題がどうこうではなく、「実際に動作環境に提示されたとおりの環境で動作するのかどうかを自前のサーバーで確認した上で実証できなければ、検討する余地もない」 という方の意見もあるかと思います。

しかし、これについては、開発段階・導入段階での自前サーバーを構築するのではなく、本番移行前でもいいのではないかと思います。
現時点では、まだあなたはLive Commerceを利用する価値があるかどうかを判断するかどうかの段階ですから、自前サーバでインストールして、それにいろいろと時間を費やすよりは5,000円で結果を判断された方があなたの時間とお金を有効活用できるのではないでしょうか。
 

 

2.すぐに使える、すぐに撤退できること。

開発環境ができたからと言って、すぐに使えるわけではありません。ファイルをサーバに転送してパーミッションの設定をして、データベースを作成して……
と、やることはまだあります。

開発者プログラムなら希望するサブドメイン名を決めて、送信ボタンを押すだけです。わずか数秒でLive Commerceの最新版がインストールされ、すぐにサイトへのFTPアクセスが可能になります。アイディアを思いついたらすぐに開始できるメリットがあります。

また、立ち上げたサイトを削除するのも削除ボタンを押すだけです。動画をみる(1:30)

いちいちインストーラーを実行してインストールに手間を割くジレンマから解放されます。

 

3.開発に必要なツールが揃っていること。

ホームページの作成には1人でやる場合を除き、複数人で共同作業をする場合は、ファイルのバージョンを管理するSubversion, メーリングリスト、データベース操作ツールphpMyAdmin、バックアップツール があった方が便利ですが、開発者プログラムにはこれらが全て標準で使えます。これらを1つ1つ用意する手間もありません。
もちろんレンタルサーバを利用すれば主要な開発ツールは揃っているものの、Subversionまで揃っているレンタルサーバはまだありません。

またバックアップツールを使えば、Live Commerceの開発環境で商品登録などを済ませて、一通り完了したら本番サーバにバックアップファイルをインポートして利用するという方法も取れます。

 

4.有償、無償を問わず配布することができること。

開発者プログラムに参加すると、開発環境を利用すること以外にも自分で開発したプラグインやテーマをLive Commerceストアを通して配布させることができます。
これは有償、無償を問いません。

それによって多くのユーザーがLive Commerceの有益なプラグインやテーマを利用することができるようになり、有償で配布した場合は開発者にとっては報酬として金銭が手に入ります。

開発者はただプログラムを開発して終わりではなく、それを流通できる経路、代金回収方法、販促ツールも同時に手に入れることができるということです。

iPhoneでおなじみの、App Storeをイメージしていただくと分かりやすいです。たくさんの有益なアプリケーションをダウンロードしてすぐにiPhoneで利用できるのも配布できるインフラがあって、それを支援する開発者に経済的なメリットがあるからです。

マイアカウントにログインすると売上状況のレポートも確認することができます。
また自分の配布ページにGoogleアナリティクスの解析コードも掲載できるためアクセス分析もできます。

 

5.宣伝できること。

開発者プログラムに参加するだけでプロフィール情報を登録してそれを公開することもできます。これは任意ですが、制作会社や個人の開発者の方でECサイト構築を生業とされている方なら、登録しておくメリットは高いと思います。

例えば制作会社なら自社の制作ポイントやASPで提供しているサービス名を登録しておけば、今後Live CommerceでECサイトの構築に興味のあるユーザーはLive Commerceに登録されている制作会社や個人開発者を発見することができあなたのビジネスに直接結び付けることができるようになります。

 

以上が開発者プログラムを利用するメリットを説明しましたが、4つ目に説明した「開発者はただプログラムを開発して終わりではなく、それを流通できる経路、代金回収方法、販促ツールも同時に手に入れることができる」という意味は、Live Commerceは単なるオープンソースのECサイト構築ツールだけにはとどまらず、ソースがオープンであるという強みを最大限活用して、多くの開発者やデザイナーがコミニティーに参加し、それをLive Commerceのユーザーに届けられる仕組みを持つということがいかに、大きな意味があるかということを改めて考えていただきたいと思います。

 

例えば、WordPressにしてもiPhoneにしても、MagentoにしてもDrupal にしても、FireFoxにしてもインターネットでの主要なアプリケーションは外部のプラグインやモジュールが簡単に統合できる仕組みと、それをユーザーが手軽に入手して利用できるプラットフォーム(仕組み)があります。
この前提になっているのは、プログラムの仕様がオープンになっており、誰でもアクセスできるというオープンソースの強みを生かした成果物と言えます。

私もこれらのアプリケーションをビジネスでも個人でも使っていますがやはり便利の一言に尽きます

開発者プログラムは最終的な利用ユーザー(ECサイト運営者)が便利に使えるようになるための仕組みづくりの1つでもあるのです。

 

是非興味ある開発者、制作会社からの参加をお待ちしております!

Live Commerce開発者プログラム

タグ:
カテゴリー: アナウンス, ブログ | コメントはまだありません »
 

iPhone カート デモサイトオープン

   投稿者 : 2010年2月10日 By

携帯テーマよりも先にiPhoneテーマが出来上がりましたので、まずはデモサイトにて公開し、3月上旬にLive Commerceストアにてダウンロードを開始いたします。(無料)

‘あったらいいな’という気持ちの方が先行して作ったもで、携帯のショッピングカートは既にたくさんあるのでどうしてもiPhoneショッピングカートの方が結果的に先行してしまいました。もちろんiPhoneリリース後には携帯もリリースします。

iPhoneデモサイト

iPhoneのメールアドレスを入力してください。URLを送信します。

 

 

iphone1 iphone1 iphone1

iPhone専用テーマとiPhone専用のプラグインをインストールすれば簡単にiPhoneサイトが立ちあげられます。同一URLでユーザーエージェントでPCとiPhoneユーザーを切り分けしています。

 

 

これなら使うだろう
私もiPhoneユーザーですが、今回作成したような形でiPhone対応サイトでショッピングができれば、携帯サイトの時はさすがにためらいましたが、iPhoneの画面の大きさならビジネスマンでも使うのではないかと思ってます。

私の周りの関係者の第一印象では、「これなら使ってもいいかも」でした。

 

 

画面のインターフェースのiPhone独自のデザインに合致させましたし、スクロールのスムーズさとかを考慮すれば携帯での買いものに比べストレスなくブラウジングできるかと思います。

 

特徴としては全画面で共通メニューとして画面下にアイコンでのメニューリンクが表示されます。iPhoneを横向きにした時の処理をまだ完全にカバーできていないため、現在調整中です。

 

ご意見を聞かせていただけると開発チームとしてはありがたいです。

カテゴリー: 開発経過 | コメントはまだありません »
 

Lvie Commerceのロゴダウンロードページ

   投稿者 : 2010年2月3日 By

Live Commerceロゴのダウンロードページを作成いたしました。

ホームページやブログなどでご紹介いただける際にはLive Commerceのロゴをご活用ください。

カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »