Lvie Commerceのロゴダウンロードページ

   投稿者 : 2010年2月3日 By

Live Commerceロゴのダウンロードページを作成いたしました。

ホームページやブログなどでご紹介いただける際にはLive Commerceのロゴをご活用ください。

カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »
 

Ver 0.2α版リリース 法人向け自社ECサイト導入へ

   投稿者 : 2010年2月1日 By

■0.2リリース 2月1日

本日、Live Commerce 0.2α版をリリースしました。本バージョンでは約50のバグ修正、5の新機能が加わりました。

今回のバージョンより法人向けの自社ECサイト構築に導入いただけます。

Live Commerce Ver0.2αダウンロード
http://www.live-commerce.com/download/

法人向けのFAQ

  • バグなく、正常に動作しますか?
    動作については、動作環境を満たしていれば問題なく動作いたします。
    バグについては、リリースからまだ約3ヶ月ということもあり、今後かなりのバグが報告されると思われますがソフトウェアの性質上バグを100%回避することは不可能かと思われます。むしろバグが報告されても、それを早い段階で改修しバージョン毎に改修版をリリースできる開発体制をとっておりますので、深刻なことにはならないと思われます。
  • このバージョンからECサイト構築ができるのでしょうか?
    このバージョンから自社ECサイトを構築する案件がある場合は、導入いただけます。サポートも提供しておりますので、不明な点がございましたらご連絡ください。
  • Live Commerceをサポートしているホームページ制作会社はありますか?
    本日時点は、まだありません。
  • Live Commerceをサポートしているホスティング会社はありますか?
    本日時点では、弊社のホスティングサービスのみとなります。
  • 非GPLとして利用したいのですが?
    個別に対応いたします。お問合せください。
  • オープンソースなので、不安があります。
    ロードマップと機能一覧をご覧いただければと思います。
  • EC-CUBE、osCommerce、Zencartのどれを選べばいいか分かりません。
    国内オープンソースの機能比較をご覧いただきご検討ください。
  • 開発案件があり、すぐにLive Commerceで新規ECサイトを構築したいのですが、どうすればいいですか?
    個別に対応いたします。お問合せください。

0.2αで追加された機能

以下の決済プラグインがLive Commerceに標準実装されました。
・PayPal決済プラグイン(クレジットカード決済)
・コンビニ決済プラグイン(株式会社電算システムとの協業)
・電子マネー決済プラグイン(株式会社ビットキャッシュとの協業)

※決済サービスをご利用になるにはLive Commerceのホームページよりログイン後、申込していただく必要があります。
https://www.live-commerce.com/manage1/account

以下の共通プラグインがLive Commerceストアより配布されました。
・メールマガジン配信プラグイン
・ダウンロード販売プラグイン

同時に、Live Commerceの導入促進として「Live Commerceストア」、「開発者向けプログラム」を公式サービスとして開始しました。

■Live Commerceストアとは?
Live Commerce周辺サービスの提供を目的としたオンラインストアです。
サポート、プラグイン、デザインテーマなどを今取り扱いします。Live Commerceのリリースと並行して今後サービスを拡充いたします。
http://www.live-commerce.com/manage1/

■開発者プログラムとは?
従来のオープンソースで開発者はハックする際に必ず自前で開発環境を用意する必要があります。

Live Commerceの開発環境も同様にApache、MySQL、PHP、Zend Frameworkが用意されたサーバが必要です。またその後にそれぞれのアプリケーションを設定して、Live Commerceをインストールしなければなりません。この作業は慣れたエンジニアでも数時間から半日はかかるでしょう。この作業の手間を全て省いたのが、「開発者プログラム」です。

開発プログラムに申込するだけで、Live Commerce開発用サイトをわずか5秒で立ち上げることができ、FTPアカウントも利用できるため、ファイルの編集をしたり、プラグインを新たに開発したりすることができます。また顧客用のECサイト構築の開発環境としても利用できます。開発者プログラムは年間5000円で6サイトまで立ち上げできます。
その他、制作ポートフォリオの掲載、制作者プロフォールの登録などが行えます。

開発者プログラム詳細
http://www.live-commerce.com/service/developer-program/

開発者プログラムに申込すると、Live Commerceのアカウントサービスがご利用いただけるようになります。
アカウントサービスとはLive Commerceを利用するユーザー向けに提供されるサービス管理画面です。Live Commerceストアで購入された商品履歴の管理、決済サービスの申し込み、開発環境の作成、制作会社向けとして制作ポートフォリオの掲載、制作会社プロフィールの作成、開発資料のダウンロードが行えます。

今後の予定
・Live Commerceが利用できるインフラ環境の強化
データセンター、ホスティング業者を対象にしたホスティングサーバの提供に取り組む予定。

Ver0.3αのリリース時期
2010年4月1日

Live Commerce本体の個別機能についてはロードマップをご覧ください。

カテゴリー: アナウンス, リリース | 1件のコメント »
 

Live Commerceはどこまでの負荷に耐えられるか?

   投稿者 : 2010年1月28日 By

Live Commerceは現状のままでどの程度の同時アクセス数に耐えられるか。開発チームとしては、自分たちの開発したアプリケーションなので、とても興味があります。
もちろん、検査すればシステムの性能がわかります。

検査をして、ボトルネック(負荷の根源)を探し、改修すると高負荷になってもサイトが安定して運用することができるため、ECサイト実稼動前にはぜひとも やっておきたい1つではあります。
しかし、システムの性能検査を行っている会社は少なく、さらに需要はかなり少ない。

この際、Live Commerceの性能検査を行いたいので、「WEB 負荷テスト」というキーワードを元に、Googleで検索してみる。
負荷テストを行ってくれる会社が何社があり、早速問い合わせしてみた。

数社見積もりを取ると、こちらが希望する1,000ユーザーでのカートに入れてからログインまでシナリオで負荷試験をおこなうとなうと、ウン百万と言われた。

ちなみに、その会社はオープンソースを使って、負荷試験を行うベンダーなのに、逆にオープンソースへの協力はしない会社はいかがなものか。

オープンソースを使ってビジネスをさ れているなら、むしろオープンソースプロジェクトには無償で技術提供があってもいいのではないかと。

どなたか、オープンソースプロジェクトでこの負荷テストに協力的な方はいないだろうか?

カテゴリー: 開発経過 | 5件のコメント »
 

次0.2バージョンリリース情報

   投稿者 : 2010年1月22日 By

最近暖かい日が続きましたが、いかがお過ごしでしょうか。

Live Commerce開発チームでは現在Ver0.2 リリースへの準備と、Ver0.3への課題を整理しながら日々プロジェクトに取り組んでいます。
先日、ECサイトオープンソースの比較コンテンツを用意しました。Live Commerceの機能をご覧ください。

本日は、Ver0.2のリリース予定となる内容をお伝えしておきます。

  • リリース時期 : 1月下旬?2月
  • バグ修正数 : 約40
  • 新機能 : 5
  • ソースの圧縮 : 無駄な空白など約4万行減らした
  • テーマHTMLの最適化: HTMLソースコードを最適化し、表示速度向上

リリース時期は現在のところ1月下旬?2月上旬を予定しています。もうしばらくお待ちを。

 

新機能として主に決済系のプラグインを標準でバンドルしました。
1.PayPalエクスプレスチェックアウト対応、2.コンビニ決済対応、3.代金後払い(これは単なる名目のみ)、4.電子マネーBitCash対応

Ver0.2ハイライト

各種決済への対応
決済へ対応

paypal
PayPalエクスプレスチェックアウト、従来のPayPal決済の弱点を補強

newsletter
メルマガプラグインを標準搭載


site_admin
サイト統計情報の送信を可能にした。アカウントページより設定が可能。これは将来的にLive Commerceを利用するユーザーの環境把握が目的である。

Ver0.3への取り組み

ロードマップを定期的に更新しているので、ぜひチェックしていただきたいのですが、アンケートでいただいた、欲しい機能にあったうちの2つをまずは実現させていきます。

ひとまず、下記2点を現在開発タスクに入れています。

  • アパレル向けに多い、在庫連動型のオプション選択機能(プラグイン)
  • 文字列を入力欄に入力して注文できる機能(コア)

画面イメージ(現在開発中のプロトタイプ)

これはマトリックス形式でオプションが選べるプラグイン

matrix

カテゴリー: アナウンス, ブログ | コメントはまだありません »
 

開発者向けプログラム Subversion対応しました

   投稿者 : 2010年1月7日 By

開発者向けプログラムに本日Subversionが対応しました。
開発環境を立ち上げると、Live Commerceの開発環境の他、開発専用のSubversionも同時に立ち上がります。是非ご活用ください。
開発者プログラムはこちら

Subversiontoとはファイルのバージョン管理システムで、何らかの作業を行いう時には必ずファイルを上書きしたり、編集したりすると思います。Subversion下でファイルを管理するとこによって、古いバージョンを確認したり、そのバージョンに戻したり、変更履歴を確認できたりします。複数人で1つのプロジェクトのファイルを共同で作業するときになどに役立ちます。

Subversionが初めての方はこちらの書籍がオススメです。
私も初めて利用するときは読みましたが、とても分かりやすく解説されています。

タグ:
カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »