カタログ スクリーンショット公開

   投稿者 : 2009年5月20日 By

本日、カタログページのスクリーンショットを公開します。
全ページではなく、特徴のあるページだけを抜き出して今回は掲載させていただきました。
カタログのオンラインデモ公開は6月中旬を予定しています。

osCommerce、Zencartの時代から使ってきたのでこれらのECサイトとして標準採用されていたインターフェースを改善し、標準で配布予定のテーマデザインにはクリアで透明性のあるデザインにしました。
いろいろと意見があると思いますので是非ともご意見をいただきたく、ご意見があればコメントかwebmaster@live-commerce.com までメールお願いします。
初期版として採用するデザイン幅は固定のものとし、同じくosCommerceのデフォルトデザインである動的幅で3カラム型のデザインも初期版のテンプレートに実装されます。初期リリースではLive CommerceオフィシャルのテーマとosSCommerce時代から引き継がれる3カラムタイプのデザインテーマとなります。

トップページ
トップページ

カテゴリページ
カテゴリページ
この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: ブログ, 開発経過 | コメントはまだありません »
 

ECサイトに求める機能 ポイントシステム アンケートお願いします!

   投稿者 : 2009年5月17日 By

結果だけを見る

関連するリンク

カテゴリー: ブログ, 開発経過 | コメントはまだありません »
 

開発アンケートお願いします!

   投稿者 : 2009年5月1日 By

ECサイトに関するアンケート

結果だけ見られる方はこちらをクリック

カテゴリー: ブログ, 開発経過 | 1件のコメント »
 

デザイナーとプログラマーの作業範囲を指定できるようにする

   投稿者 : 2009年3月16日 By

フレームワーク Model View Controllerあるサイトに訪問した時、そのサイトの会社(ブランド)のイメージカラーは訪問者にとってサイトのイメージ伝えるためにとても重要です。しかし、従来のEコマースオープンソースではプログラム部分とデザインが分離されていなかったため、完全にデザインをコントロールすることは困難だったと思います。オープンソースで運用されたECサイトのほとんどが同じデザインレイアウトでヘッダーにあるロゴだけが違うという他サイトと差別化することがあまりなかったように思えます。

PHP4以降ではMVC(Model View Controller)に従ったフレームワークが登場し、完全なオブジェクト指向なコードを用いてウェブサイトも設計されるようになりました。Mode(システム本体)、View(ウェブ表示、HTML部分を指す)、Controller(ModelとViewを制御)の3つにビジネスロジックを分割し、機能ごとにそれぞれが担当するようなイメージです。
MVCロジックによりデザイナーとプログラマーの作業範囲を指定することができ、プログラマーは機能ごとの分離が明確になることによって、それぞれの独立性が確保され、ソースに対して最小限のメンテナンス、保守性が確保されます。これにより開発スピードのアップ、品質を保つことができるというメリットがあります。

Live CommerceはこのMVCロジックにより設計されていますので、デザインのカスタマイズを行うときに必要最小限の変更のみでデザインを変更することができます。
ということで、今後ECサイトは今以上にもっと自由で、もっとカスタマイズがしやすくなるということです!

タグ: , ,
カテゴリー: ブログ, 開発経過 | コメントはまだありません »
 

簡単にアップグレードができるようにする

   投稿者 : 2009年3月13日 By

livecommerce_blog_image4Live Commerceの最大のメリットはアップグレードが簡単にできること、カスタマイズができることです。
ECサイトにおいて必要とされるすべての機能を網羅したシステムは存在しませんが、必要とされる機能をつけ足したり、それを好きな時に解除したりできるECサイトシステムであったらどうでしょうか?

Live Commerceはこの点を完全にカバーします。つまり、必要とされる全機能を将来に向かって完成体に近づけることができるシステムということです。

従来のオープンソースEコマースでは同様のリソースを使いながらも、カスタマイズした部分がサイト単位で分散してしまい集中管理することが難しかったため、他のサイトでせっかく拡張した機能を次バージョンにデフォルトとして組み込むことができませんでした。また、機能を追加すればするほど、システムと分離されていないためカスタマイズするのに1週間も徹夜しなければならなかったわけです。

私は顧客のプロジェクト案件でサイト制作するとき、カスタマイズした部分を引き継いで、システムを次のバージョンにアップグレードすることはできませんでした。一度カスタマイズした内容は担当してシステエンジニアなしではさらにカスタマイズすることは困難に思います。ECサイトがこのアップグレード出来ないシステムこそ、Live Commerceが取り組むべき課題であり、この課題がクリアすることでECサイトの機能性、安定性はさらに強力になると信じています。

例えば、あなたはクーポンモジュールをECサイトに追加したとします。
その1週間後にLive Commerceよりアップグレードのバージョンがリリースされました。従来のEコマースであれば、アップグレードすることは光のない闇の森に行くようなものです。
しかし、Live Commerceならクーポンモジュールを再編集する必要はありません。システムだけがアップグレードされ、あなたの追加したクーポンはそのまま使えます。

これは将来に向かってLive Commerceにかかわる全ユーザーの開発工数、開発コストを削減できます。そしてWEBマスター、マーケティング担当者はウェブサイトでトラフィックを集めること、販売することだけに集中できるようになるのです。

タグ: , ,
カテゴリー: ブログ, 開発経過 | コメントはまだありません »