サブスクリプションコマースによる海外成功事例

   投稿者 : 2013年2月26日 By

インドでサブスクリプション型のECサイトを成功させたスタートアップがでました。

インドのスタートアップ企業である Vellvette は女性向けの美容製品をサブスクリプション(定期購読)で販売しています。インドの女性20代から40代をターゲットにしたネットビジネスです。
米国と中国を旅しているときに、このアイディアを思いついたのだという。2012年3月にアイディアを思いつき、9月にリリースし、ムンバイを拠点としたインドのエンジェル投資家より第1ラウンドで資金を調達しています。

定期購入は日本国内では大手の通販サイトではほとんどが提供しているので、特別このビジネスモデルそのものに真新しさはありません。
しかしなぜ今、ふたたび注目されるのか。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

定期購入制で躍進するECサイトのビジネスモデル

   投稿者 : 2013年2月18日 By

サブスクリプション(Subscription)型に対応したECサイトは、雑誌の定期購読のように、消費者がそのショップに定期購入の申込みをして、月々の会費を払い続けることで、ショップ側が選定したオススメ商品(またはシャンプーやコンタクトレンズのような消耗品)が毎月届く仕組みです。

定期購入販売とは?

シャンプーやコンタクトレンズのように消耗品を対象にした商品を扱うECサイトでは、定期購入できる仕組みがあるとビジネスモデルは大きく変化します。消費者は同じ商品を毎回注文する手間と時間を削減できます。買い忘れたりすることもなくなります。

店舗側にとっては一定数の申込者を集めることができれば、毎月の売上予測をすることができるようになり、さらに新規集客にかける販促コストは実質ゼロになる為、送料を無料にしたり、継続して買ってくれる顧客には割引幅を大きくするなどが可能になり、双方にとってメリットを享受できるといえます。 この投稿の続きを読む »

タグ:
カテゴリー: 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

海外向けネット通販事業 – 市場調査・分析レポート作成サービス

   投稿者 : 2013年2月12日 By

新しいサービスの紹介です。

海外へ自社製品やサービスを発信しようと検討しているが、実際の所、リスクと可能性については、数字に基づく明確な分析があって初めて机上の空論から具体的な戦略・実行レベルにビジネスを昇華させる事ができます。というのはわかっていはいるけど …..

そこで、海外販売に適している商材なのか否か、その商品は海外で需要があるのか、需要がある場合、その国はどこで、どういったキーワードの組み合わせで広告が機能し、その広告費用はいくらで、どの程度の費用対効果が見込めるのか? 

 

このようにネットビジネスに限らず新規立ち上げの際は、不明点が多いほどリスクになります。特に海外向けともなると、分からない事だらけです。

そういった1つ1つの疑問に最新の統計データを利用し、プロのウェブマーケティング専門家の視点からお客様へ新規事業の可能性についてアドバイスを行います。

海外展開への具体的な1歩を一緒に歩みませんか?
是非、海外向け市場調査・分析サポート作成サービスを是非ご活用ください。

カテゴリー: アナウンス | コメントはまだありません »
 

海外向けのネットショップに影響力のある商品検索エンジン

   投稿者 : 2013年2月7日 By

商品比較ができる商品検索エンジンはECサイトの集客方法の1つとして新しい顧客を呼び込むことができます。
海外向けのネットショップでは各国の主要な商品検索エンジンにデータを登録することはとても重要です。特に英語圏で販路を拡大する場合、米国市場で最も使われている商品検索エンジンへの登録は必須と言えます。米国で最も使われている商品検索エンジンは世界中のインターネットユーザーにリーチできるため、英語圏の販売促進以外に、世界各国のパートナー開拓へのアプローチとしても役立てることができます。

海外向けのネットショップとしては最大の消費大国である米国で使われている商品検索エンジン、トップ10サイトの一覧を紹介します。

そもそも商品比較サイトとは何か?

商品比較サイトとは、特定商品を扱うショップを1つの画面上で価格が比較できるサイトのことです。
日本で言うなら、価格.com です。

この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 海外向けマーケティング | コメントはまだありません »
 

多言語ホームページを作成して、検索エンジンでガンガンヒットさせるには… ?

   投稿者 : 2013年1月29日 By

多言語サイトを運営している場合、コンテンツを言語別に識別し、検索ユーザーの国・言語にあわせて検索結果に表示するための方法があります。
言語別にそれぞれURLが独立している場合は、URL別にSEO対策を行う事ができますが、Live Commerceのように1つのURLで複数の言語を運用している場合は多言語コンテンツ向けのSEO対策の仕様が存在します。

Googleでは言語別に検索エンジンに登録する方法を提示しています。正しく登録されていない場合、各国のユーザーが利用する検索エンジンに正しく検索結果が表示されないことがあります。そこで本日は多言語サイトを運営してるウェブマスター向けに多言語コンテンツのSEO対策を紹介します。 この投稿の続きを読む »

タグ: ,
カテゴリー: 海外向けマーケティング | 1件のコメント »