« ブログのトップページに戻る

「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義

   投稿者 : 2015年8月18日 By

イメージ画像

皆さん こんにちは。
数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。
皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか?

さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。
反面、「海外販売は消費者向け商品で行うもので、企業間取引とかは無理」「当社はオリジナル商品が無いから無理だ」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

私は、製造業で現在オリジナル商品が無い場合でも、又取引の多くがBtoBでも海外販売を積極的にお考えになるべきと考えています。
産業の空洞化を叫ばれてから久しいですが、大手企業の海外志向は弱まる事は無いと考えるべきです。
また、海外販売、取引を考えた場合は国内での新規開拓よりもやはり時間が掛かる事を想定しなければならないのも事実です。早い着手が望まれるのです。

今回ご紹介した経験の事例では、自社で困っていた事を標準化して解決策を見つけ、同様に困っている人たちがいる事に対して商品化を進め、国内外へ販売するというやり方でスタートしました。
マーケティングをどうする、市場調査をどうするなど色々考える事もやる事も多いのは事実です。
そして今回の海外販売第一歩が成就出来なかったのもそのような点の不足が要因である事は疑う余地がありません。

でも、「海外への販売を行う!」という意思決定、そして「商品化」への取り組みをスタートさせた点において大いに評価されるべき内容だったと考えています。
何故なら、この経験を通して「お!我々は意外に出来る。」との確信を持ったからです。何もしなければ、何も始まらない、のですから。

しかし、今回の事例の様な失敗を教訓にどの様に進めて行くのが良いのでしょうか?
次回以降、新たなチャレンジと共に少し掘り下げてみたいと思います。

 

写真出典:新着写真素材 | ぱくたそ – フリー写真素材・無料ダウンロード
https://www.pakutaso.com/news.html

関連する記事

イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...
「製造業の海外展開」 アメリカという市場... 皆さん こんにちは。 さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。 海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。 マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識し...
2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
EコマースとMコマースの違いとは? 最近のショッピング事情と言えば、従来の店舗に行って実際に商品を手に取ってレジで並んで購入するスタイルではなく、オンラインで好きなものを自由な時間に購入するスタイルにシフトしているようだ。 各個人ののショッピングスタイルの好みによるが、まず、オンラインで購入する場合、一般的に知られているEC...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。