« ブログのトップページに戻る

「製造業の海外展開」 アメリカという市場

   投稿者 : 2015年8月28日 By

イメージ写真

皆さん こんにちは。
さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。
海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。
マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識しました。

それは、
我々のアプリケーション専用機を購入し使用してくれる人たちは、システムメーカー、製造機械メーカー等の開発担当者が殆どで当然この人たちが顧客です。下請け的仕事のやり方から抜け出せていないせいか、開発のし易さ、求められる機能等多くの要求を聞き改善し顧客の満足を得てきました。
しかし、我々の顧客は最終ユーザーではない、と言う事への想いや配慮が足らなかったのです。
つまり、顧客は最終ユーザーへシステムや機械を納入します。そして、最終ユーザーの使用環境の下で稼働し成果を出さなければなりません。
そして、この使用環境を担保するためにシステムメーカーや機械メーカーは独自の規格基準を定め製品を開発しています。そして、国内では顧客社内基準値を我々に提示してくれていました。

 

しかし、今回のアメリカ販売第一歩の場合は、一般的に市場が求める規格の標準仕様が提示されました。そして単にこの事をクリア出来る事だけに集中していました。
指定された標準規格の基準値はクリアしていましたが、納入先の社内規格基準を満足できなかったのです。そうです、余裕(マージン)の取り方が全く違ったのです。
簡単に言うと確認不足です。
しかし我々は、自分たちの製品がどの様な環境で使用されるのか?と言った視点で物事を見ていませんでした。単に言われた内容だけに注力してしまっていました。

 

もし「使用環境」と言った捉え方をして我々なりの考えなどを持っていれば、又顧客がどの様な考え方を持ってこの市場でビジネスを行っているのか等の視点を持って話し合いが出来ていれば違った結果になったと思います。
又は、「自分たちは貴方の指示された内容だけを行う」と言った事を明確に表現していれば話は違ったかもしれません。

 

自分たちは、製品を持って販売行為を行いましたが、製品をどう言った位置づけで販売するのかを深く考えてはいませんでした。国内では其れでも何とか対応できていたのです。
「作り手として自らが自らの責任においてどの範囲までどの様に責任を担保するのか?」との考えが曖昧だったと言えます。

 

製品の採用される市場によって、又自社の持つ経営資源によってどの考えで進めて行くかは変わるのですが、「決める」勇気と「覚悟」が重要である事を大いに教訓として学んだのです。
この点は、海外販売だから起こった問題では有りません。しかし、海外販売だからこそ明確になったとも言えるかもしれません。次回から新チャレンジがスタートします。

 

写真出典:Freepik

関連する記事

越境EC Amazon US活用のメリットとデメリット... 2018年5月、経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、2017年における日本からアメリカ向けの越境EC規模は前年比15.8%増の7128億円。 日本から中国への越境EC規模は、同25.2%の1兆2978億円。アメリカと中国の合計は前年比21.7%増の2兆106億円とな...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.June)... 2018年も6月。日本は西から梅雨期に入って行く。今年の6月(梅雨の時期)は暑さに注意で、沖縄など梅雨に入っているが、気温はかなり高くなる見込みだ。今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金...
パソコンかスマホか?インターネットの利用状況はどう変化している?... 昨年の総務省が公表した情報通信機器の普及状況データによると、国内のパソコン世帯普及率は、78.0%なっており、パソコン以外ではスマホ普及率は64.2%、タブレットは18.4%とスマホ普及が、ここ5年で急速に進んでいる状況(下図参照)を明らかにした。そのような中で、今年4月8日にニールセン株式会社...
「製造業の海外展開」 顧客は誰か! 皆さん こんにちは。 今回から新しいチャレンジのスタートです。 海外販売を成功に導きたいとの想いが一杯のスタートです。 海外販売第一歩の反省から「マーケティング」の重要性を認識し、先ず着手したのが「市場の絞り込み」活動です。「顧客は誰か!」とも表現しますね。 取り扱うのは引き続き...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。