« ブログのトップページに戻る

「製造業の海外展開」 アメリカという市場

   投稿者 : 2015年8月28日 By

イメージ写真

皆さん こんにちは。
さて今回から、反省と新たなチャレンジについてお話を進めて行きます。
海外販売第一歩が成就できなかった要因の一つは、「マーケティング」の不足、いや全くそのような考え無く始めたことに他なりません。
マーケティングの前に『自分の立ち位置』の不明瞭さを問題点として認識しました。

それは、
我々のアプリケーション専用機を購入し使用してくれる人たちは、システムメーカー、製造機械メーカー等の開発担当者が殆どで当然この人たちが顧客です。下請け的仕事のやり方から抜け出せていないせいか、開発のし易さ、求められる機能等多くの要求を聞き改善し顧客の満足を得てきました。
しかし、我々の顧客は最終ユーザーではない、と言う事への想いや配慮が足らなかったのです。
つまり、顧客は最終ユーザーへシステムや機械を納入します。そして、最終ユーザーの使用環境の下で稼働し成果を出さなければなりません。
そして、この使用環境を担保するためにシステムメーカーや機械メーカーは独自の規格基準を定め製品を開発しています。そして、国内では顧客社内基準値を我々に提示してくれていました。

 

しかし、今回のアメリカ販売第一歩の場合は、一般的に市場が求める規格の標準仕様が提示されました。そして単にこの事をクリア出来る事だけに集中していました。
指定された標準規格の基準値はクリアしていましたが、納入先の社内規格基準を満足できなかったのです。そうです、余裕(マージン)の取り方が全く違ったのです。
簡単に言うと確認不足です。
しかし我々は、自分たちの製品がどの様な環境で使用されるのか?と言った視点で物事を見ていませんでした。単に言われた内容だけに注力してしまっていました。

 

もし「使用環境」と言った捉え方をして我々なりの考えなどを持っていれば、又顧客がどの様な考え方を持ってこの市場でビジネスを行っているのか等の視点を持って話し合いが出来ていれば違った結果になったと思います。
又は、「自分たちは貴方の指示された内容だけを行う」と言った事を明確に表現していれば話は違ったかもしれません。

 

自分たちは、製品を持って販売行為を行いましたが、製品をどう言った位置づけで販売するのかを深く考えてはいませんでした。国内では其れでも何とか対応できていたのです。
「作り手として自らが自らの責任においてどの範囲までどの様に責任を担保するのか?」との考えが曖昧だったと言えます。

 

製品の採用される市場によって、又自社の持つ経営資源によってどの考えで進めて行くかは変わるのですが、「決める」勇気と「覚悟」が重要である事を大いに教訓として学んだのです。
この点は、海外販売だから起こった問題では有りません。しかし、海外販売だからこそ明確になったとも言えるかもしれません。次回から新チャレンジがスタートします。

 

写真出典:Freepik

関連する記事

海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
海外で売れる日本製品 まとめ 海外向けネットショップという事業をやっていると、よく聞かれることなんですが、 「海外で何が売れてるの?」 これは、当社のお客様との秘密保持があるので、一概に全部を公言することはできませんが、TerapeakとかeBay Japanさんが公開している資料の中から、これは確実に売れると言う商品を今日...
商品ブランドを定着させる方法ーPart2 先日の「Periscope」を利用した商品ブランドを定着させる方法のブログに引き続き、様々な観点からブランドの構築が可能である。  さらに必要な項目・アイデアをまとめてみた。 商品ブランドを定着させる方法パート1はこちら 11.  ジャーナリストと繋がりを持つ 現在、...
「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
グローバルにみた各国の貿易・物流ネットワーク... DHLが先日発表した「GCI」 "グローバルコネクションズインデックス”では、製品サービス、資本、情報、人に関して各国が世界とどれだけ広くネットワークがあるかを分析している。 さらにそのネットワークの深さについても比較している。GCIによると、グローバリゼーションは前年...
中国最大、モールサイト! T-mall(天猫)について調べてみた... 中国最大のインターネットショッピング・モールとして有名なのは、アリババグループの「T-mall(天猫)」である。アリババグループは2014年10月にニューヨーク証券取引所へ上場した。T-mallは7万を超える店舗、会員数6500万人、流通総額は8兆3325億と、その規模はとてつもない。 T-...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。