« ブログのトップページに戻る

越境オンライン爆買いとは?

   投稿者 : 2016年9月13日 By

東南アジア・ASEAN地域の今後5年間の成長期待
http://www.globaltimes.cn/content/1005948.shtml

アリババグループが今年買収したASEAN地域における最強プラットフォーム Lazada グループの株式を購入したことが話題になったが、今日はASEANのEコマースの話をしようと思います。ASEAN地域の人口( インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス)は5.6億人となり、中国・インドについて巨大な消費市場になるとのアリババグループ会長であるジャックマー氏は見積もっているそうです。ASEANのEコマース市場は今後5年間で2倍の成長の可能性があると。

 

これは越境ECを推進する当社としては貴重な資料だと思います。
2015年の統計では、米国が約3.5億人で40兆、日本は1.2億人で約10兆、中国は80兆(いずれも2015年の各国のEC市場・為替レート120円で計算)に対して、ASEANは約9兆とまだまだですが、日本Eコマースの国内成長率が約10%前後に対して、アジア全体だと毎年20%近い成長率をしている為、今後越境ECのメイン市場は大きく分けて北米、中国、ASEANという感じになってくるでしょう。こうした見方からすると、国内主要な海外販売支援の各事業者が得意とする市場も、eBayやAmazonを中心とした北米市場なのか、国際天猫を基本とする中国市場なのか、lazada+現地モールなどの出店を基本とする東南アジアなのか、、という分類化が進みそうです。

実際、Discovery Japanが受注した地域も、まだまだ統計データとしては少ないもののアジアからのオンライン注文は多く、同じ商品が北米市場で売られていたとしても、北米から東南アジア間の配送コストを考慮すれば日本の越境ECサイトから購入した方が早く安く買えるというメリットはあると思います。

越境オンライン爆買い
オンライン爆買いとは私が勝手に作った造語なのですが、越境ECだと例えばタイでは3万円で販売されているG-SHOCKの時計が1万円と千円程度の送料で手に入れることができてしまう。これはかなりITリテラシの高い消費者で、全体の割合からすればおそらく1割にも満たないので少数派であることは間違いないでしょう。

しかし彼らがいざ越境ECサイトを見つけたものなら、1回の注文で1万円どころではない。当社の顧客サイトによれば、1回の注文で日本の一般顧客が平均単価5、6000円程度に対して、1回の注文で10万、20万の注文をしてくる。まさに越境ECによるオンライン爆買いといってもいいと思う。Discovery Japanでも同じような現象が発生してきている。今までは日本に旅行に来ないと買えなかったモノが越境ECでもしかも千円程度の送料を支払うだけで現地価格の1/2、1/3で買えるとなれば、彼らにしてみればビジネスになってしまうでしょう。

個人での利用と、現地での転売だろうかと思うが、それでも越境ECでこのような越境オンライン爆買いが事実発生していることに越境EC事業者として驚きを隠せないですね。

関連する記事

中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
中古高級ブランド品がアジアで急成長... Reebonzの今年のアジア・ラグジュアリー・インデックスによれば、靴とアパレルの分野において急成長をしているとの記事です。例えば、香港ではブランドスニーカーの売上高は昨年48%増、高級Tシャツは6倍に増加しました。最も購入した中古ブランドであるChanelは、昨年のReebonzの2倍だそ...
加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える... 日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。 さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事...
中国ECに欠かせない3大オンライン決済サービス... Live Commerceでは中国向けEコマース決済としてAurfy Japanの提供する銀嶺、Alipay、WeChatPayの3つの決済システムを導入設定することができる。Live Commerceの中国向け決済機能を使えば、中国の決済シェアの80%以上をカバーできる。 今回は中国決済...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。