« ブログのトップページに戻る

最新の Live Commerce 3.1 がリリースされます

   投稿者 : 2016年6月15日 By

最新の Live Commerce 3.1 リリースの主な内容は下記の3点となります。

 

1.新しい管理画面

Live Commerceの管理画面がリニューアルされます。
約6年間運用してきた管理画面のデザインを刷新し使いやすさと効率性を兼ね備えたデザインにします。

 

2.越境ECモール Discovery Japanとの連携

Live Commerce全ユーザーがDiscovery Japanモールへ出店(無料)できる専用コントロールパネルが新設されます。
新しく追加・更新登録された商品は即時にDiscovery Japanモールでも販売が可能です。

 

3.管理画面のローカライズ化

管理画面が日本語に加え、英語・簡体字・繁体字の翻訳が完了し、日本語以外でもご利用いただけるようになります。

 

アップデートスケジュール

プレミアムプランのお客様につきましては、6月13日より順次バージョンアップを行います。
なお、バージョンアップが完了するまでは、管理画面にログインした際に 「新しいLive Commerceのバージョン3.1がリリースされています」のメッセージが表示されます。
弊社でバージョンアップ作業を行いますと、メッセージが非表示になります。 バージョンアップに際して、お客様に作業をしていただく必要はございません。

 

Live Commerce 3.1の詳しく内容はhttps://www.live-commerce.com/new/にて確認できます。

関連する記事

eBayの商品販売方法はどのように変化してきているのか?... eBayが開始したのは1995年。全てはオークションによる販売でした。その頃から時代に添った様々な変化をもたらし続け、今現在Fixed Price(固定価格)が台頭してきていることは、eBayが利用者のニーズに合わせ続けてきた企業努力の結果の一つでしょう。先週の記事では、eBayの最新フィナ...
2019年 インバウンド市場拡大に必要なこと... 2018年のインバウンド総数は前年比8.7%増の3,119万1,900人と発表された。 2012年の835万人と比較すると、約3.7倍の成長ということになる。この日本の成長率は世界でも、最速である。日本の主要都市はインバウンド観光客で溢れんばかりである。 この成長を牽引している要因は、主...
アジア最大の企業となったテンセントとは?... 2017年11月、中国3大IT企業のテンセント(騰訊)が時価総額5,230億ドル(約58兆7700億円)とアメリカSNS大手フェイスブックを抜き、アジアの企業として初めて時価総額世界5大企業に入った。 この時価総額世界トップ5企業とは、トップがアップル、2位がアルファベット(グーグルの親会...
越境EC 日本郵便、日通の新たなサービス... 重い荷物や海外、離島など離れた遠く地域にも荷物を届けてくれる運送・宅配便などは今や、生活に定着し企業や店舗、そして暮らしにはなくてはならない分野の1つである。 近年は、Amazon、楽天といった、ネットショッピングやネット通販が普及したことで、配送業のニーズは高まり、需要は大幅に伸びている...
日本でも続々登場!ファッション系ECサイト... ファッション好きの人にはたまらないEコマースサイトが日本でも登場しています。今回は、それぞれのユニークな発想が、異なったターゲット層の人気を集めている点を見ていきましょう。 1. iQON:ファッション界のPinterest iQON(アイコン)は、150万件以上のアイテムから自分...
不況に強く最も利益率の高いビジネスとは?(海外版)... 例えば、数字に強い貴方ならきっと利益率の高いビジネスがスタートできるはず。年間売り上げ1千万円以下の会社16000社を対象に行われた調査では、特に税務会計に関するサービスは小規模ビジネスの中で最も利益率が高く純利益率は18.4%で1位、さらに、不動産会社は15.2%、法律事務所14.5%、開業医...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。