« ブログのトップページに戻る

ECサイトの運用ノウハウ

   投稿者 : 2018年5月29日 By

最近、越境ECサイトの運用を請け負うケースが増えています。
10年前ならサイトを構築する仕事が多かったのですが、最近はECサイトの立上げ自体が容易になったことで、結果サイト数が増えました。となるとライバルも多いので、他社と差別化を図るには魅力的なサイトを運用していくノウハウを持っている運用に強い企業に仕事が今後もっといくのではないかというのが肌感です。クライアントも運用のノウハウを持っている企業を探しているのだと感じることが増えました。

Asian Portal Fishingという釣具の越境ECサイトを先日立ち上げました。
サイト構築はもちろんのこと、日々の商品登録・更新や受注処理、ウェブマーケティングといったDiscovery Japan Mallの成功ノウハウすべてを注ぎ込み運用も当社で現在行っています。結果、サイトオープン初日から受注ができました。もしクライアントだけですべてのことを行おうと思ったら、正直成功のイメージが湧きません。


実際に運用をするにあたって、新たに開発した運用ツール。Live Commerceの基本機能以外に数十万点の商品を編集するための専用の運用ツールを開発した。運用を最適化するノウハウが1つ1つの機能に詰まっている。

私は会社経営をしていて、Live CommerceというASPで事業を行っています。今もそうですが、基本的には「箱(インフラ)」の提供であって、その「箱」に集客し、運用し、、、となります。提供する箱=Live Commerceの機能は全顧客共通ですが、顧客毎に「箱の使い方」が違います。具体的に言えば、

  • 顧客を集める
  • 受注を処理する

この2つが実際の仕事になりますが、どちらの作業にもノウハウが必要ですよね。
現在生き残っているEC成功企業は、この運用というノウハウに投資しています。

ここからは、自らの体験です。
2016年に自社の越境ECモール「Discovery Japan Mall」を立ち上げたことにより、自ら越境ECの最前線でマーケティングから顧客対応まで行ったことで、海外に売る為の具体的なノウハウや多くの失敗から「販売可能な商品、販売が難しい商品」、また外国人へのカスタマーサポートやEMSでの配送もすべて自社で一貫して行いました。そこから見えてきた新しい価値が「運用」、すなわち「 1➡100のフェーズ」だったのです。

運用を社内で行ったことで、顧客に対してのサポートをする担当者のレベルも上がった感じがします。なぜかというと、顧客が抱えるであろう課題を先回りして自分達である程度解決する事ができるようになり、それをマニュアルと言う形で記録できるようになったからです。

越境ECで海外向けのオンライン通販サイトを立ち上げることはもはや容易になってきています。それよりも、何をやると儲かるのか、誰とやると成功するのか、この「運用」こそが今後のキーワードであり、ネット通販事業が当たり前になった現代では運用ができるパートナー選びが重要なのかと思います。

Live Commerce におけるGDPR遵守について

5月25日から法律施行されたEU地域においての個人情報の取り扱いに関する法律ですが、越境ECサイトとしても影響を受けることになります。

Live Commerce についてこちらにGDPR適合するための専用プラグインを用意しましたので、EU地域へ販売を行うか否かを問わず、全ユーザー様に対応をおねがしたいと思います。

GDPRへの適用は任意です。
GDPRへの適用するウェブサイトにするためには、プライバシーポリシー文を専用の文言に修正する必要があります。またトップページには個人情報を取得する旨を記載する必要があります。

詳しくはウェブサイトをご覧ください。

関連する記事

越境ECサイト、URLを国別にすることで現地ローカルECとして売上急上昇... 本日は、越境ECを運営しているLive Commerce の全ユーザーを対象に、越境ECから各国向け現地ローカルECへのステップアップについての提案です。 これは何かと言うと、元々は越境ECで海外販売を始めてみたら、特定の国から特に注文が多いというような傾向がでてきます。 特に、日本...
ラクビーW杯が終わり、次は東京オリンピック これから始める越境ECの基本... 大盛況のうちに幕を閉じたラクビーW杯2019日本大会は、南アフリカの3年ぶりの優勝で11月2日に幕を閉じた。ラクビー会長のビル・ボーモント会長は、「最も偉大なW杯として記憶に残る。日本は開催国として最高だった」とコメントし、初めて開催された日本開催は大成功であり、高く評価されたようだ。これら...
越境ECで失敗しないための5つのポイント... 日本では、人口減少から国内需要の縮小に伴い、国内ビジネスだけではますます、厳しい状況になるだろう。インバウンドが増加する中、解決策をインバウンドも視野に入れ、販路を海外に求める企業も増加している。 そして、企業は販路の拡大をアメリカ、ヨーロッパ、アジア諸外国とECサイトを展開するようになっ...
求められる音声SEOとVSEO対策のポイント... 検索エンジン対策(SEO対策)は、今の時代、Webサイトの上位表示ためのSEO対策、最適化だけではなくなってきた。 昨年から次々に日本に上陸しているスマートスピーカーの現況は、これからは音声検索でも上位になるように設定することも同時に行う必要があるだろう。 さらに、YouTube動画から...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
このエントリーをはてなブックマークに追加