今年はInstagramで海外集客を始めよう

イメージ画像

今年1月11日、MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は「2017年スマートフォンアプリコンテンツに関する定点調査」の結果を公表した。
この調査内容は2017年12月22日〜12月23日の間、インターネット調査による、スマートフォンを所有する20歳から69歳の男女558人を対象にしたものである。
この調査で興味深いデータは、昨年の流行語大賞を撮った「インスタ映え」を裏付ける、Instagramの利用者が急増しているという事実である。
現在利用しているSNS数値の2016年12月の調査を見ると、Facebookは0.7ポイント増、Twitter3.2ポイントの増に比べ、Instagramは6.5ポイントも増え、29.7%となっている。 今回は、この調査内容のSNSに関するデータの紹介と、海外の若者集客に使えるInstagramのポイントについてまとめてみた。

 

●利用者が多かったSNSはFacebook

スマートフォンを持っている、20歳から69歳の男女でSNS、Facebook、Twitter、Instagramの利用については、「現在利用している」SNSではFacebookが40.7%、Twitterが43.0%、Instagramが29.7%、という結果であった。
2016年と比較すると、全体的に利用者は増えている。その中で特に増長しているのが、上記に記したようにInstagramであった。

SNSの伸び率

Facebook、Twitter、Instagram年齢別利用状況を見ると、Facebookで多い年齢層は、20歳から29歳の47.7%。Twitterでは20歳から29歳の63.6%。Instagramでは50.0%という結果だ。
いずれのSNSも20代の利用がSNSを牽引しているが、Instagramでは20代の5割が利用しているようである。

SNSの年代別利用率

Instagramは日本では2017年10月時点では2,000万人の月間アクティブユーザーがあり、2016年12月から400万人の増加となっている。
そして、世界に目を向けると、Instagramの月間アクティブユーザーは8億人、2016年の同時期と比較すると2億人も増えているのだ。この数字を見ると、インスタグラムで、アピールすべきは日本のユーザーではなく、世界のユーザーだと言えるだろう。
次に、海外向け集客、インバウンド向け集客でInstagramをどのように利用すべきかをまとめてみた。

 

●インバウンド向け集客にインスタグラムがおすすめの理由

インスタグラムを利用するユーザーは都市部に住んでいる25〜45歳の男性(4割)、女性(6割)という報告がある。
そして全世界のアクティブユーザー数は8億人、ユーザーの2割はアメリカ在住、その他の8割は日本・ブラジル・スペイン・ドイツ・トルコ・イギリス・ポーランド・カナダ・フランス・アルゼンチン・インドネシアなど、欧米やアジア圏の全世界に幅広いユーザーが存在している。
日本では人気のTwitterやLINEでも、世界的的視野で見るとインスタグラム利用者の方が圧倒的に多く、投稿への反応率(エンゲージ率)はツイッターの約7倍、フェイスブックの約2倍という報告もある。
また、Yotpo社の調査によると、インスタグラム利用者の約30%は、インスタグラムで見つけた商品を実際に購入した経験があるとしている。 以上に内容を見ると、インスタグラムを集客のために利用するのであれば、ユーザーの大半は外国人であるということ意識すること。
男女であれば、女性を意識した投稿を行うことが重要であるといえる。

 

●インスタグラムで海外集客をするための5つのポイント

インスタグラムでインバウンド集客するには、まず、意識すべきは、「35歳以下の女性」というターゲット層に向けることと、さらに写真の解説は英語で行うことである。 以下にそのポイントを整理した。

 

ポイントその1:テーマを持った綺麗な写真を投稿する

有名人、芸能人でない限りは、「テーマ」が決まっていないとフォロワーは増えないだろう。 ショップの場合、「何を販売しているお店なのかがわかる」「どんなお客さんがいるのかがわかる」「どんな店員やオーナーが働いているかがわかる」「お店の雰囲気やイベント風景」など、テーマに沿って、綺麗で美しい写真を投稿することが重要である。

 

ポイントその2:写真の説明文は英語で解りやすく書く

全世界の8億人にアピールするには、日本語より共通言語として使われる英語で書く方が、遥かに効果的である。35歳以下の外国人女性ユーザーに見てもらうには写真の説明は英語でないと意味がない。Google翻訳でもかまわないで、とにかく英語を使う。日本の観光地の綺麗な写真を投稿しても、解説が日本語だったら外国人ユーザーには全く届かないだろう。

東京オタクモード

ポイントその3:ハッシュタグを活用する

ハッシュタグとは「#」の後にキーワードを入れることで、インスタグラム上でそのタグを含む投稿が一覧表示される機能である。
ハッシュタグ検索はTwitterやFacebookなどのSNSにもある代表的な機能で、ユーザーは検索窓にキーワードを入力することで、そのキーワードに沿った情報を収集することが可能となる。
プロモーション手法としては、「この場所に訪れたら、このハッシュタグを入れて投稿してください。」などと呼びかけコメントを添えたり、または現地リーフレットなどでコマーシャルする方法があるだろう。 インバウンドとしてよく使われいるハッシュタグは以下のが代表的なものだ。

  • #travel(1億件)
  • #travelgram(2000万件)
  • #traveling(1800万件)
  • #travelling(1300万件)
  • #travelingram(680万件)
  • #travelphotography(530万件)
  • #traveler(590万件)
  • #japantrip(40万件)
  • #ilovejapan(17万件)
  • #japantravel(11万件)
  • #thisisjapan(10万件)
  • #cooljapan(10万)

 

ポイントその4:URLを明記して商品ページに移動してもらう

店舗へ誘導するURLも忘れず明記する。プロフィール欄に1つだけ設置できる外部URLから見込み客が移動し、商品の購入に繋げることができるだろう。
明記する内容も、単にURLを明記するだけではなく、「この商品はプロフィール欄のURLからご購入可能」などクリックしやすいように、移動した先がどんなサイトなのかを具体的に英語で明記するようにすると良い。
そして、リンク先はサイトのトップページではなく、商品購入ページへダイレクトにリンクし、ワンクリックで購入できるように商品購入までの動線をしっかり確保する。

 

ポイントその5:「継続は力なり」である

インスタグラムで圧倒的な効果を出すためには、やはり、ユーザーに露出し続けることが重要である。インスタグラムのニュースフィードでの表示順は逆時系列なので、最低でも1日に1回、できれば、1日に5回以上露出し継続し続けることで、確実に集客につなげることは可能だろう。

 

●まとめ

昨年12月19日、安倍首相は内外情勢調査会で「インスタ映えが鍵となる」とコメントしている。このコメントから、これまでSNSなど若者のものと敬遠していた自治体もやってみようとインスタグラムの活用に乗り出したところもあると聞く。
だが、SNSは「ただやれば良い」「すぐに結果が出る」というものではない。インスタグラムで何をするのか。集客したいのは誰か。ターゲットとなるユーザー層をしっかりとイメージし、ユーザーに届くメッセージ、写真を投稿し続けてことで、じわりじわりと効果がでてくるものである。
運用者が適当に選んだ写真や適当な日本語ハッシュタグでは、イメージする結果にはならないことを心得ておく方が良い。

 

出典:MMD研究所の『現在利用しているSNS「Instagram」が29.7%、2016年12月より6.5ポイント増 20代の半数が利用』より

関連する記事

観光庁がインバウンドで推進する「日本版DMO」って何?... 2017年はインバウンド旅行者数は2,869万人となった。日本政府は2020年、オリンピックイヤーでは、4000万人を目標としている。 充分に目標達成はされる数値であるが、政府は数値目標として、三大都市圏(埼玉、東京、千葉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫の8都府県)以外の地方部へのインバウ...
インバウンド対策の鍵と言われる「MICE」とは?... 日本政府観光局によると、2019年6月の訪日外国人(インバウンド)の数は前年比の6.5%増の288万人で、6月では過去最高を更新した。今年はラクビーワールドカップの開催、来年は東京オリンピックを控え、インバウンドの訪日客数は好調に増加している。 2018年には3,000万人を突破したインバ...
新型コロナ後のインバウンド 今すべきこととは?...   新型コロナの感染拡大は、緊急事態宣言からの休業要請、外出自粛など企業収益を直撃している。4月の単月をみても、83.9%の企業が2019年4月の売り上げ減少という結果となっている。 2月では67.7%の企業が減少し、3月では74.9%が減少、そして4月ではさらに83.9%...
インバウンドECサイトから越境ECサイトへ... 4月27日、電通は2018年1~2月に実施した「ジャパンブランド調査2018」の結果を発表した。 この調査は世界20か国・地域を対象に、日本に対する好感度や訪日旅行意向などをアンケート調査したものだ。 それによると、「日本のことが好きな国・地域」のとトップは同率で台湾、タイ、フィリピン、...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2019.February)... 暦のうえでは春を迎える2月、全国的にはまだまだ、寒い毎日が続いている。 本日、2月7日には平成30年度第2次補正予算が成立する見込みだ。 補正予算が成立すると、ものづくり補助金、小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金などの本年度の予算が確定されることとなる。 補助金・助成金とは国や地方自...
今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?... JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。 だが、ここから...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ