« ブログのトップページに戻る

なぜインバウンド旅行者が増えてもビジネスにならないのか?

   投稿者 : 2018年6月13日 By

インバウンドとは、英語のinboundで内向きに入ってくるという、意味です。
今、インバウンドという言葉がビジネスでよく使われますが、要は外国人が日本に旅行する過程の動線上でビジネスを狙っている企業が多いため、インバウンド=ビジネス という考え方になっています。

では、日本に旅行に来た外国人相手にどんなビジネスができるかといえば、まずは必ずお金が落ちる場所が

・ホテル
・航空券
・各種交通機関
・飲食店

です。

滞在中に利用するインターネット接続を提供するWifi端末のレンタルなども最近では空港受け取りなどで
増えています。

次が観光名所ならびに、観光名所周辺施設のレストランや併設された小売店へ来客が期待できます。
特にこのホームページを読んでいるユーザー目線だと、サービス業や小売店を中心に考えて見たいと思います。

例えば、銀座の松屋をショピングで行った時に、婦人服や化粧品などを一緒に見ますので、松屋にある小売店はその恩恵を受けます。自分たちで集客しなくても、松屋というブランドが外国人を集客してくれるからですね。

観光名所周辺にあるお土産屋なら、外国人が立ち寄る率が極めて高いのでインバウド景気はありがたいでしょう。

で、これだけだと単に来店した時に消費していくれるというメリットしかありません。
できれば、帰国後もなんらかの関係を強化したいものです。

ホームページを営業ツールとして、商品を買ってもらうなど、もう1つ2つぐらい仕掛けがあると便利です。

いきなり英語のホームページを作る方もいますが、インバウドをビジネスとして結びつけるのであれば、まずは店舗への集客なりしはありえません。なぜかというと、ウェブからいきなり知らない商品を買うことは常識的にありません。

まずは、店舗でどんな商品が売っていて、どんなユニークな商品なのかを吟味する、それからウェブサイトを見て、他にも興味があれば買っていく、、というのが自然流れになります。

ちなみに、松屋1階の化粧品フロアの店舗が下記です。せっかくなのウェブサイトも調べて見ました。太字が日本語を含む英語と中国が対応されているサイトで、多言語化率は42%という結果でした。

日:日本語
中:中国語
英:英語

アクセーヌ 日・中
イヴ・サンローラン 日
イソップ 日
SK-II 日・中・英
エスティ ローダー 日・中・英
エスト 日
オブ・コスメティックス 日
カネボウ/ルナソル 日
カバーマーク 日
クラランス  日・中・英
クリスチャン ルブタン 日・中・英
クリニーク 日
クレ・ド・ポー ボーテ 日・中・英
ゲラン 日・中・英
コスメデコルテ/コーセー 日
シスレー  日・中・英
資生堂  日・中・英
シャネル  日・中・英
ジルスチュアート 日
ディオール  日・中・英
ドゥーオーガニック 日
ドゥ・ラ・メール  日・中・英
トム フォード ビューティ 日
フレグランス 日
ヘルシーワン 日
ヘレナ ルビンスタイン 日
ポーラ 日
M・A・C  日・中・英
ラトリエ デ パルファム  日
ラ・プレリー 日
ランコム 日
ロクシタン  日・中・英
ロジェ・ガレ  日・中・英

都心一等地にある大手デパートでこの結果なので、当然地方にある観光名所周辺のウェブサイトや店舗サイトはおそらくほとんどが日本語のウェブサイトだけかと推測できます。
2018年時点での結果なので、今後期待したいところですが、インバウンドで今後訪日外国人旅行者の増加に合わせてウェブサイトの多言語化やECサイトの多言語化は必須と言えるでしょう。

関連する記事

中国インバウンド接客を高め、越境ECへ... 2018年1月から6月までの訪日外国人数は過去最高の前年同期比15.6%増の1589万8900人と発表された。上半期として初めて、1500万人を越えた。 これは、格安航空会社の便数増加などの影響もあり、今後も、引き続きインバウンド客数は伸びると思われる。 1月から6月の国・地域別の訪日外...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
過去最多! 海外に出かける”中国の春節2018”... 先週2月16日から中国では春節の大型連休が始まっている。 春節というのは日本でいう旧暦の正月である。 オンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)などの発表によると、春節の大型連休を利用して海外に旅行する中国人が2017年より約6%も多く、その人数は650万人を上回る過去最多になると予測...
観光庁がインバウンドで推進する「日本版DMO」って何?... 2017年はインバウンド旅行者数は2,869万人となった。日本政府は2020年、オリンピックイヤーでは、4000万人を目標としている。 充分に目標達成はされる数値であるが、政府は数値目標として、三大都市圏(埼玉、東京、千葉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫の8都府県)以外の地方部へのインバウ...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
2017年の訪日外国人客数と図表で見るインバウンド対策の現況... 日本政府観光局(JNTO)が2017年の外国人観光客数の発表した。2017年の訪日外国人数は前年比19.3%増の2,869万人と好調をキープしているという結果であった。 結果を見ると、ここ数年は韓国から観光客数が急激に増加しており、前年比40%増の714万人と、韓国人観光客が訪日観光客数の...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。