フリマアプリはどこまで伸びるのか?

イメージ画像

ここ数年、急激な成長を見せているフリマアプリ。「フリマアプリ」とはリアルフリーマーケットをスマートフォンで実現できるアプリである。スマートフォンで商品の写真を撮って出品できる手軽さ、初心者でも売買ができるシンプルさが受け、急激に市場を拡大している。今回はEC業界に大きな影響を与えている「フリマアプリ」について見ていこう。

 

フリマアプリの市場規模

フリマアプリとは個人と個人の間でモノを売買する(CtoC)スマホアプリのことだが、このフリマアプリはスマホユーザーの47%にあたる2,656万人が使用している。市場規模は2015年度では3.4兆円になったとも言われ、EC市場規模予想13.8兆円と比較しても、かなりの割合で浸透していたのがわかる。
利用者の多くは女性の利用率が高く、特に20代の女性が多い。フリマアプリの代表格としては、メルカリが88.6%、Frilが30%、LINE MALLが18.9%、ラクマが17.9%の順となっているが、LINE MALLは2016年、5月31日に完全撤退することを発表した。そして、2015年末の12月15日には、業界最後の大物と言えるZOZOフリマがフリマアプリ市場に登場した。

 

代表的なフリマアプリは何ですか?

 

フリル

フリル画像

2012年7月リリースされた「Fril(フリル)」。今あるCtoCを牽引したと言っても良い。初期のフリルは女性のみであったが、男性も利用できるようになった。250万以上ダウンロードがあり、商品群は衣料を中心にしたものある。

 

ショッピーズ

shoppies画像

「ショッピーズ」フリマアプリは2013年03月にリリースを開始している。特徴は109系のギャルアイテムのブランド品が多いということ、さらに低価格商品が多く、根強い人気があるアプリである。運営やサポートに関しても満足度、評価が高いようだ。

 

オタマート

オタマート画像

おたくグッズ専門アプリで、アニメ漫画のグッズなど出品されているが、女性の利用が多い。カテゴリーも「カード」「コスプレグッズ」「フィギュア」など細かく分類されており、選びやすい。

 

ラクマ

ラクマ画像

2014年11月25日より楽天の新サービス「ラクマ」がリリース。出店手数料無料、料金の振込みが早く、クーポンもあり、楽天スーパーポイント使えるなどが特徴だ。

 

ZOZOフリマ

zozoフリマ

後発のフリマアプリ「ZOZOフリマ」は、ZOZOTOWNが運営するファッションに特化したフリマアプリだ。現在のところ手数料は無料。運営がZOZOタウンなので信頼性が高い。またZozoIDやWearIDを使ええたり、ZOZOTOWNで購入したものを簡単に出品できたりなど、データベースを共有できるメリットがある。

 

メルカリ

メルカリ画像

2013年7月にリリースされ、ユーザー数2,500万人を誇るメルカリ。衣料、雑貨、家電など幅広く出品されており、1日一万件以上の出品されている国内最大級のフリマアプリである。メルカリは3年連続で「Google Play ベストアプリ」に選出されるなど、個人で出品したい、安くていいものを買いたい人にはお薦めのアプリである。

 

幅広く利用されているメルカリはどこが優れているのか?

国内のフリマアプリ市場はメルカリの寡占状態となっている。2014年8月からはアメリカにも進出しており、わずか2年で国内ダウンロード2000万、国内累計出品数1.6億品、フリマアプリ市場では9割の人がメルカリ経験者であり、その存在感は圧倒的である。
出品はスマホで写真を撮り、タイトルや商品説明を記入し、出品するだけの簡単、手間いらずだ。また、ユーザーが沢山いるということは、商品が売れる可能性が高く、売れやすいということがメルカリを選ぶ理由のようだ。また、カスタマーサポートも充実している点や各種キャンペーンでのポイント獲得なども多い。
メルカリの月間の流通総額は50億円程度らしく、CtoCの最大手オークションの「ヤフオク」の利用流通総額は700億円もあることから、この差はまだまだ大きいといえる。ただ、この差はメルカリが、まだまだ伸び代があるということに他ならない。

 

テーマ型フリマアプリも登場

衣料品などが中心だったフリマアプリも、一見変わったアプリで独自のポジションを築いていこうとするものが現れている。ゴルフを専門とするフリマアプリ「golfpot(ゴルフポット)」やハンドメイド作品やいらなくなったモノを売買できる「MOTTAINAIマーケット」。2015年7月から大日本印刷株式会社がサービスを開始した「KURURi(クルリ)」は、スポーツやアウトドアを中心にしたアプリである。
2015年のフリマアプリ市場はkiteco、STULIOなどはサービス終了となり、アプリ運営はメルカリの躍進とは明暗を分けたかたちとなった。このフリマアプリ市場で、独自のテーマ、サービスに限定したテーマ型フリマアプリはニッチな分野でどこまで成長できるか、今後はその動向に注目である。

 

まとめ

スマホで誰でも簡単にモノを販売、購入できるフリマアプリは、今後もさらに伸長してゆくだろう。しかし、個人間での売買となるCtoCはトラブルも多いのが現状である。偽物だった、傷がついていた、取引相手が分らないなどである。このようなトラブルに対して、フリマアプリ運営会社が返品、返金にどこまで対応できるかがポイントとなる。カスタマーサービスを充実し、ユーザーに簡単で安心・安全なスマホフリーマーケット体験を提供していただきたい。

関連する記事

ユーザーを呼び込む、インバウンドマーケティングとは?... 情報化社会、IT化の現代では、興味のあることや欲しいものは、インターネットで何でも調べることができ、自分の欲しいものは自分で調べたり、探す人たちが増えてきた。そのような中では従来型のユーザーを追いかけるマーケティング手法だけでは、ユーザーを掴むことが難しい時代となってきている。 2015年調...
ここが違うぞ! 大阪のインバウンドが活況 ...   5月17日、2018年1月から3月期の訪日外国人数、旅行消費額など公表された。 1月から3月の訪日外国人数は762万人は前年比11.6%の増加。 訪日外国人全体の旅行消費額は1兆1,343億円と推計され、前年比は17.2%増加の増加であった。 このままのペースでいけば、...
2017年の日本のEC市場、越境EC市場はどのくらい成長した?... 経済産業省は4月25日、「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)を発表した。この内容は2017年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査内容をまとめたものである。 今回はこの内容をベースに201...
競合他社を攻撃し、すべてを暴くオンラインマーケティングツール... インターネットは本当に便利だ。あなたの業界には競合他社をインターネットをフル活用する事で無料でかなり詳細に追跡することができてしまう。 今日は、競合他社の動向を追跡する為の無料ツールを紹介しよう。 1.Google Alert 定番中の定番と言っていいだろう。指定したキーワードに対するニュ...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ