« ブログのトップページに戻る

越境ECで英語のメールマガジンを書くコツ

   投稿者 : 2017年8月28日 By

越境ECマーケティングでは、自社サイトへの誘致にメールマガジンを活用することになりますが、越境EC向けとなると、やはり英語で書かなくてはなりません。さすがに英語が得意な人でも、英語でメールマガジンを定期的に配信するのはかなりのストレスですよね。

一方で、英語圏向けのメールマガジンをいくつか購読してみてどんな風に海外からはメールマガジン内容を構成されているのか比較し、どの程度の内容を書くべきなのかベンチマークしてしみました。

個人的に購読しているメールマガジンとして、OpticsPlanet.comという米国にあるアウトドア系のECサイトがありまして、このサイトは毎日送られてきます。


文字といったら、「Ending Soon: 15% Off Knives」の5単語です。こんにちは的な挨拶はありませんね。この5単語に、本日の1品が写真付きで掲載のみです。他に写真はありません。

もう一つ、jomashopというこちらは高級時計を取り扱うECサイトですが、

日本でいう、こんにちは、店長の〇〇です、、という始まりはなく、いきなり 「Just Your Style」ということであなたへのおすすめ的なアプローチです。こちらは1品ではなく、数点の商品が掲載されていますが、これはマイアカウントから性別や年齢を考慮して、システムが機械的に商品をセレクトして、ユーザー毎にカスタマイズしているようなメールマガジンである感じが漂います。

Amazon.comは訪問した商品のページに基づいて、関連する商品をこちらも機械的に並べたようなメールマガジンです。これはメールマガジンではなく、完全にAIによってユーザーの好みを機械学習させ、自動送信をしているかと思われます。

3点だけなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、どれもメールマガジンにユーザーとの対話としてのコンテンツはなく、単純にユーザーが好みそうな商品が多少の文言を変えて送られてい来るだけという仕様です。

4点目はシンガポールにあるマリーナベイサンズのニュースレター、きれいな写真に、Triple Your REwardsの3単語が書かれただけで、それ以外の文字は事務的なものです。つまり、ユーザーとのコミュニケーションに使っている単語はTriple Your REwardsの3単語だけで、これも、上記3つと似ている感じがします。

欧米系のニュースレターの共通項をまとめると、

  • HTMLメールで配信されている。
  • ニューザーとのコミュニケーションメッセージはほぼなしに等しいが。数語だけ。
  • 1品紹介か、複数商品のリストをユーザー好みに応じて自動送信している。

私の好みのサイトを見ただけなので、かなり偏っているといえますが、それでも共通項みたいなものは把握できた感じがします。

ということで、Discovery Japan Mallでも作ってみたぞ!

海外のメールマガジンの特徴がだいたい上記3点なので、これなら英語の得意不得意に関係なしにメールマガジンを定期的に送るシステムさえ開発してしまえば、できそうです。

ということで、開発してみました。出来上がりイメージはこちらで確認できます。

コンセプトはこんな感じ。

  • 基本、英語を1文字も書かないでできることが前提。
  • 商品IDを1つ指定すれば、このレベルのメールマガジンができあがる。
  • 商品IDを1つ指定すれば、関連商品のアイテムを自動割当してくれる。
  • カートに入れたがチェックアウトし忘れる(カート放棄)のの場合は、自動で通知してくれる。

メールマガジン作成画面はこんな感じで、基本的にはメイン商品のIDを入力して、あとは何か書きたい時だけ、ユーザー向けのコメントを入れることができるというもの。もちろん、空でもOKなので、手間としてはどの商品をメインにするか。作成後に画面にHTMLタグが表示されて、あとはこのタグを配信ソフトにコピペするだけということです。

配信は基本的に手動だけど、基本的に商品IDを1つ決めればメールマガジンが出来上がってしまうので、手間ではない。

さっそく配信してみました。結果は開封率17%といことで、そこそこいいのではないかと思います。このメールマガジン作成システムについては個別に対応します。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ – 東京

越境EC関連の事業者が一同に集まり、いろいろなセミナーが開催される越境ECに特化した展示会です。当社も出店しますので、参加される方はぜひ当社ブースへもお立ち寄りください。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ - 東京

関連する記事

海外販売の返品リスクを最小化する方法... Amazon.comで特定商品カテゴリにて大量出品をした結果、想定外に注文が来てしまい、その受注処理に追われておりました。受注量が増えた分、返品リクエストやら質問諸々もあり、amazon.comからインターナルショナル受注の場合に関する返品対応のノウハウ、解決方法、今後の返品防御策などを毎日夜通...
コンテンツマーケティングに向けて!ペルソナを把握する方法... 新たな年度に入り、コンテンツマーケティング戦略を改善したい経営者の方も多いのではないでしょうか。そこで、そのための有効な手法のひとつとして、購買層のペルソナ(=商品・サービスにとって、最も重要で象徴的なユーザーモデル)を作成してみる、という方法を試してみましょう。 なぜペルソナ把握は大切なのか...
コンテンツマーケティングに欠かせない!ブログの効用... 良質なブログをサイトで更新し続ければ、サイトへのトラフィックが徐々に増加し、コンバージョンや売上のアップにつながるという点で、ブログの活用はコンテンツマーケティングの戦略上とても効果的なものです。 今回は、トラフィックが増える要因を詳しく説明し、ブログの有効性を再確認したいと思います。 なぜ...
海外販売とGoogleの関係 こんにちは、今日は私(板橋)がブログを書いております。 Adwordsについてです。   Googleは普段は検索エンジンとして使っていると思いますが、ネットで海外販売をしようと思ったら、Googleはあなたのビジネスパートナーになるという点です。 世界中の検索エンジンに自社商品...
日本ブランドメーカーの海外ネット販売入門 – B2BからB2Cへの商流転換せずに海外売上... 国内ネット通販と海外ネット通販のデファクト 国内ネット通販を今から新規で立ち上げるとなると、日本中のどのITコンサルに相談しても「楽天・ヤフーショッピング・Amazon・自社サイトの複数店舗で展開する」ことを薦めるのが一般的だ。規模の大小に関わらず自社サイトと併用してモールへの出店はコストが安い...
中国版クレイグズリスト:58.comの大躍進... クレイグズリストをご存じでしょうか?元々、アメリカが発祥ですが、世界中でおよそ50か国、570都市向けのウェブサイトを持ち、毎月20億ページレビューを超えるアクセスがある、世界最大のクラシファイド・コミュニティサイトです。 クラシファイドとは、目的や地域によって分類された募集広告や告知を、一覧形...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。