« ブログのトップページに戻る

越境ECで英語のメールマガジンを書くコツ

   投稿者 : 2017年8月28日 By

越境ECマーケティングでは、自社サイトへの誘致にメールマガジンを活用することになりますが、越境EC向けとなると、やはり英語で書かなくてはなりません。さすがに英語が得意な人でも、英語でメールマガジンを定期的に配信するのはかなりのストレスですよね。

一方で、英語圏向けのメールマガジンをいくつか購読してみてどんな風に海外からはメールマガジン内容を構成されているのか比較し、どの程度の内容を書くべきなのかベンチマークしてしみました。

個人的に購読しているメールマガジンとして、OpticsPlanet.comという米国にあるアウトドア系のECサイトがありまして、このサイトは毎日送られてきます。


文字といったら、「Ending Soon: 15% Off Knives」の5単語です。こんにちは的な挨拶はありませんね。この5単語に、本日の1品が写真付きで掲載のみです。他に写真はありません。

もう一つ、jomashopというこちらは高級時計を取り扱うECサイトですが、

日本でいう、こんにちは、店長の〇〇です、、という始まりはなく、いきなり 「Just Your Style」ということであなたへのおすすめ的なアプローチです。こちらは1品ではなく、数点の商品が掲載されていますが、これはマイアカウントから性別や年齢を考慮して、システムが機械的に商品をセレクトして、ユーザー毎にカスタマイズしているようなメールマガジンである感じが漂います。

Amazon.comは訪問した商品のページに基づいて、関連する商品をこちらも機械的に並べたようなメールマガジンです。これはメールマガジンではなく、完全にAIによってユーザーの好みを機械学習させ、自動送信をしているかと思われます。

3点だけなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、どれもメールマガジンにユーザーとの対話としてのコンテンツはなく、単純にユーザーが好みそうな商品が多少の文言を変えて送られてい来るだけという仕様です。

4点目はシンガポールにあるマリーナベイサンズのニュースレター、きれいな写真に、Triple Your REwardsの3単語が書かれただけで、それ以外の文字は事務的なものです。つまり、ユーザーとのコミュニケーションに使っている単語はTriple Your REwardsの3単語だけで、これも、上記3つと似ている感じがします。

欧米系のニュースレターの共通項をまとめると、

  • HTMLメールで配信されている。
  • ニューザーとのコミュニケーションメッセージはほぼなしに等しいが。数語だけ。
  • 1品紹介か、複数商品のリストをユーザー好みに応じて自動送信している。

私の好みのサイトを見ただけなので、かなり偏っているといえますが、それでも共通項みたいなものは把握できた感じがします。

ということで、Discovery Japan Mallでも作ってみたぞ!

海外のメールマガジンの特徴がだいたい上記3点なので、これなら英語の得意不得意に関係なしにメールマガジンを定期的に送るシステムさえ開発してしまえば、できそうです。

ということで、開発してみました。出来上がりイメージはこちらで確認できます。

コンセプトはこんな感じ。

  • 基本、英語を1文字も書かないでできることが前提。
  • 商品IDを1つ指定すれば、このレベルのメールマガジンができあがる。
  • 商品IDを1つ指定すれば、関連商品のアイテムを自動割当してくれる。
  • カートに入れたがチェックアウトし忘れる(カート放棄)のの場合は、自動で通知してくれる。

メールマガジン作成画面はこんな感じで、基本的にはメイン商品のIDを入力して、あとは何か書きたい時だけ、ユーザー向けのコメントを入れることができるというもの。もちろん、空でもOKなので、手間としてはどの商品をメインにするか。作成後に画面にHTMLタグが表示されて、あとはこのタグを配信ソフトにコピペするだけということです。

配信は基本的に手動だけど、基本的に商品IDを1つ決めればメールマガジンが出来上がってしまうので、手間ではない。

さっそく配信してみました。結果は開封率17%といことで、そこそこいいのではないかと思います。このメールマガジン作成システムについては個別に対応します。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ – 東京

越境EC関連の事業者が一同に集まり、いろいろなセミナーが開催される越境ECに特化した展示会です。当社も出店しますので、参加される方はぜひ当社ブースへもお立ち寄りください。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ - 東京

関連する記事

SEO対策について調べてみました 先日、クライアント先でのインタビューで「SEO対策」を指摘されました。 「PPC広告のような出稿し続けないと成果を出せないものではなく、自然検索の方を積極的に強化したい。 」 この報告を受けてSEO対策について業界動向を久しぶりに調べてみました。 基本は変わってない 10年前に比べて...
越境ECに挑戦したのに成果がでない!?... 当社がDiscovery Japan Mallを開始したのが2016年6月で早1年ちょっとが経過しました。 その間、越境EC市場では参入が相次ぎ、越境EC関連株も上昇しました。ただ、その多くはeBayやTmallという大手モールへの出店であり、独自型越境ECサイトでやっているのはまだケース...
コンテンツマーケティングにがっちり取り組む6つの企業... コンテンツマーケティングを簡潔に言うと、顧客の求める情報を、適切な形でコンテンツとして提供し、購買などにつながる行動を顧客に促す手法ということになります。とはいえ、「言うは易し、行うは難し」とコンテンツマーケティングに悪戦苦闘している方も多いかもしれません。 そこで、実際にコンテンツマーケティ...
Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選... 近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップやSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。 そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。 ...
海外に日本の商品を売りたい!海外向けアフィリエイト広告 “Discovery Japan... 海外に日本の商品を販売したい企業を対象にした、商品発見ソーシャルメディアサイトDiscovery Japan の海外向けアフィリエイト広告の導入用セミナー動画を公開しました。 こちらからお申込いただき、オンデマンドで視聴していただけます。 Discovery Japan について簡単に説明...
なぜ社長はウェブサイトの数字を把握しなくてはならないのか?... 今日、ここに書いた事は常識的な見方に関するものである。 社長(もしくは経営幹部の人であれば)が、営業を構築し、マーケティングの質を向上し、会社のインフラを強化するためにシステム開発・システム採択の決定をする際に考えなくてはいけないことがある。それはデータによって意思決定をしている。世の中はデータ、...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。