« ブログのトップページに戻る

越境ECで英語のメールマガジンを書くコツ

   投稿者 : 2017年8月28日 By

越境ECマーケティングでは、自社サイトへの誘致にメールマガジンを活用することになりますが、越境EC向けとなると、やはり英語で書かなくてはなりません。さすがに英語が得意な人でも、英語でメールマガジンを定期的に配信するのはかなりのストレスですよね。

一方で、英語圏向けのメールマガジンをいくつか購読してみてどんな風に海外からはメールマガジン内容を構成されているのか比較し、どの程度の内容を書くべきなのかベンチマークしてしみました。

個人的に購読しているメールマガジンとして、OpticsPlanet.comという米国にあるアウトドア系のECサイトがありまして、このサイトは毎日送られてきます。


文字といったら、「Ending Soon: 15% Off Knives」の5単語です。こんにちは的な挨拶はありませんね。この5単語に、本日の1品が写真付きで掲載のみです。他に写真はありません。

もう一つ、jomashopというこちらは高級時計を取り扱うECサイトですが、

日本でいう、こんにちは、店長の〇〇です、、という始まりはなく、いきなり 「Just Your Style」ということであなたへのおすすめ的なアプローチです。こちらは1品ではなく、数点の商品が掲載されていますが、これはマイアカウントから性別や年齢を考慮して、システムが機械的に商品をセレクトして、ユーザー毎にカスタマイズしているようなメールマガジンである感じが漂います。

Amazon.comは訪問した商品のページに基づいて、関連する商品をこちらも機械的に並べたようなメールマガジンです。これはメールマガジンではなく、完全にAIによってユーザーの好みを機械学習させ、自動送信をしているかと思われます。

3点だけなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、どれもメールマガジンにユーザーとの対話としてのコンテンツはなく、単純にユーザーが好みそうな商品が多少の文言を変えて送られてい来るだけという仕様です。

4点目はシンガポールにあるマリーナベイサンズのニュースレター、きれいな写真に、Triple Your REwardsの3単語が書かれただけで、それ以外の文字は事務的なものです。つまり、ユーザーとのコミュニケーションに使っている単語はTriple Your REwardsの3単語だけで、これも、上記3つと似ている感じがします。

欧米系のニュースレターの共通項をまとめると、

  • HTMLメールで配信されている。
  • ニューザーとのコミュニケーションメッセージはほぼなしに等しいが。数語だけ。
  • 1品紹介か、複数商品のリストをユーザー好みに応じて自動送信している。

私の好みのサイトを見ただけなので、かなり偏っているといえますが、それでも共通項みたいなものは把握できた感じがします。

ということで、Discovery Japan Mallでも作ってみたぞ!

海外のメールマガジンの特徴がだいたい上記3点なので、これなら英語の得意不得意に関係なしにメールマガジンを定期的に送るシステムさえ開発してしまえば、できそうです。

ということで、開発してみました。出来上がりイメージはこちらで確認できます。

コンセプトはこんな感じ。

  • 基本、英語を1文字も書かないでできることが前提。
  • 商品IDを1つ指定すれば、このレベルのメールマガジンができあがる。
  • 商品IDを1つ指定すれば、関連商品のアイテムを自動割当してくれる。
  • カートに入れたがチェックアウトし忘れる(カート放棄)のの場合は、自動で通知してくれる。

メールマガジン作成画面はこんな感じで、基本的にはメイン商品のIDを入力して、あとは何か書きたい時だけ、ユーザー向けのコメントを入れることができるというもの。もちろん、空でもOKなので、手間としてはどの商品をメインにするか。作成後に画面にHTMLタグが表示されて、あとはこのタグを配信ソフトにコピペするだけということです。

配信は基本的に手動だけど、基本的に商品IDを1つ決めればメールマガジンが出来上がってしまうので、手間ではない。

さっそく配信してみました。結果は開封率17%といことで、そこそこいいのではないかと思います。このメールマガジン作成システムについては個別に対応します。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ – 東京

越境EC関連の事業者が一同に集まり、いろいろなセミナーが開催される越境ECに特化した展示会です。当社も出店しますので、参加される方はぜひ当社ブースへもお立ち寄りください。

9月8日(金) EC CAMP2017秋 虎ノ門ヒルズ - 東京

関連する記事

マレーシアのネット通販 2021年までに利用者数2000万人へ... この記事ではマレーシアのネット通販事情について見ていきましょう。 経済 マレーシアの人口は約3000万人、GDPは2,960億ドルである。1人当たりGDPは10,757ドルで、2021年には15,492ドルに達すると予想されている。2015年から2021年にかけて8.4%以上の高いCAG...
冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?... 日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。 これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けか...
モバイルECプラットフォームの特徴でみる、今後のモバイルEC像について... MM総研の調べによると、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超え、スマートフォン契約数がフューチャーフォン契約数を超えます。モバイルECに影響を与えるのは確実となりそうです。これまでEコマースサイトを起ち上げるにはPCサイトからというのが普通でしたが、今後はむしろモバイルサイトしか持た...
英語でブログを書いてくれるサービス... 海外向けのECサイト立ち上げ後に課題となるのが、海外からの集客である。 しかし、現在は英語圏向けにブログで情報発信をすることが実はとても簡単にできる様になっている。英語のブログを書いてくれるサービスが存在する為だ。 今日は、英語のブログをあなたに代わって書いてくれる英語ブログ作成サービスを紹介...
越境ECの落とし穴 人口減少社会に突入した今、新たな見込み消費者の開拓に企業・個人が「越境EC」という日本の商品を海外に販売するネットビジネスが今賑わっています。 よく目につくニュースといえば、海外向けの配送に関する利便性などのニュースリリースや、海外モールへの出店に関する業者のサービスリリースや企業間の提携など...
日本の商品を海外に売るおもしろさ – 海外販売をビジネスにする方法とは... 国内で起業をするにしても、今の時代は国内で起業しながら顧客を海外に持つという今までとは全く違うやり方でビジネスを成長させる事が可能な時代だ。1990年代のインターネットがまだなかった時代に大企業しか海外企業と貿易をやっていたのとは今は全く違う。 それが今日紹介するインターネットを利用して海外に...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。