Elasticsearchの費用対効果

この記事は以下のような方を対象に書いています。

  • 自社サイトを独自ドメインで運営している (www.〇〇〇〇.com )
  • 自社サイトのHTMLソースを自由に編集できる状態にある
  • 新しいマーケティング施策を探している

ブログのタイトルに書いたElasticsearch (エラスティックサーチ)とはElastic社が提供する有料のサイト内検索機能のことです。
当社が運営するDiscovery Japan Mallでは標準機能としてあるLive Commerceのサイト内検索から、一昨年よりElasticsearchに切り替えました。

いくつかの最適化フェーズに時間がかかったのですが、昨年より本格的に運用を開始し、約1年間経過して安定して運用ができています。
そして、さっそくその効果のほどを分析してみると、費用対効果4400%という数値がはじき出されました。

費用対効果 4,400% の衝撃

まず、下のGoogle Analytics を見てください。これは当社が運営するDiscovery Japan Mallのサイト内別のイベントの解析結果です。
当社は、ページ内に新しいUIを追加したときに、必ずそのUIがどのくらい役に立ったのかを分析するために、イベント単位で必ず分析をするようにしています。

elasticsearch

Elasticというイベント、つまりElasticsearchを利用してサイト内検索をしたユーザーの内、実際に購入した人の割合を示しています。
計測期間30日で、このイベントを利用した人が3,493人、成約率は1.37%、売上は約220万円発生しています。

Elasticの月額費用は3万円~10万円前後(従量課金制)なので間をとってElasticの費用を月額5万円と仮定します。

費用対効果 4,400%  = 220万 ÷ 5万 * 100(%に変換するため)

費用対効果は4,400%となり、ビジネスソリューションとしては、十分な効果を出していることが証明できたと思います。

ちなみに、ZOZO Town 公式サイトもElasticで検索が動いています。

ここからが今日、お伝えしたい本丸になります。

ECサイトをElastiacsearch仕様にすることで、さらに検索体験が向上するという仮説

今日のブログでお伝えしたいことは、以下の図です。
商品のデータ量を意図的に増やせば、検索体験がさらに向上し、検索経由での成約率や売上がさらにアップするということを意味している図です。

 

作成 : デジタルスタジオ

作成 : デジタルスタジオ

商品のデータとは、商品に関する顧客レビュー、商品画像に含まれる文字情報、FAQに含まれる付帯情報、これらのデータから活用できる文字情報を自然言語処理を行い、非構造データから重要な語句を割り出します。

結果、商品名と商品説明文だけのデータには含まれない、感情データなども検索の対象にすることができ、検索体験がさらに改善するということを狙っています。

 

分かりやすく説明するために、仮にカラーコンタクトレンズを販売しているサイトを例にします。
以下の商品を、Elasticsearchによる検索体験を最大まで高めるために、上の図の通りに最適化してみます。

商品名 : ReVIA  カラーコンタクトレンズ 1ヶ月分 ブラウン

商品画像 :

商品画像は revia-cl.jp に掲載のものを使用

商品説明文 :
商品名 レヴィア ワンマンス
販売名 レヴィア アイ
使用期限 開封後1ヶ月
カラー Haileyヘイリー(ブラウン)
販売度数 ±0.00(度なし)
-0.50~-5.00(0.25単位)
-5.50~-10.00(0.50単位)
DIA(直径) 14.1mm
着色直径 13.2mm
BC(ベースカーブ) 8.6mm
含水率 38.5%
数量 度なし/1箱2枚入り
度あり/1箱1枚入り
製造販売元 株式会社ElDorado
区分 高度管理医療機器
製造国 韓国製
・再使用可能な視力補正用色付コンタクトレンズ
・医療機器承認番号:XXXXXXXXX
・高度管理医療機器販売業許可番号:第 XXXXXXXXXX 号

商品レビュー :

ワンデーで使っていたヘイリー購入しました。
今のところゴロゴロ感はなく、視力もちゃんと出てますが、
酸素透過率が10もないので、目薬をさしても、やはり目の疲れ、充血が避けられません…
自分は5,6時間が目の健康考えると限界かなと思います。長時間はワンデーの方がまだよさそう。(普段はクリアのシリコンハイドロゲル素材のコンタクトです)
おまけで付いてくるピンセットは装着前のすすぎの時に重宝してます。ありがたいです。

 

商品画像をVision AI で解析し、文字情報を収取する

 

最初の処理として、商品画像からGoogle Vision AI により、以下の単語を抽出することができました。

  • ReVIA
  • 1MONTH
  • DIA
  • BC低含水率
  • NEW
  • ROLA 着用
  • X:PaleMirage
  • リ ア ル
  • 茶 目
  • 大本命
  • 裸眼風

商品説明と商品名と顧客レビューから文字情報を収集する

次に、商品説明と商品名をGoogleの自然言語APIで処理し、非構造化テキストからさらに情報を引き出します。

商品説明・レビュー・商品名から以下の単語を抽出することができました。
商品FAQやレビューの数がさらに多いほど、単語を引き出すことができます。

  • カラーコンタクトレンズ
  • 販売名
  • レヴィア アイ 使用期限 開封
  • カラー Haileyヘイリー
  • 再使用
  • コンタクトレンズ
  • 韓国
  • ゴロゴロ感
  • 目薬
  • 充血
  • 視力
  • 長時間
  • ワンデー
  • 酸素透過率
  • シリコンハイドロゲル

これらの単語をElasticsearch の検索に含めると、ユーザーはカラコンとは直接的に関係のない、「充血」や「長時間」ユーザーが口語で利用する語も検索の対象に含めることができます。

解析単語をGoogle サイトマップでさらに最適化する

これらの単語は、 https://www.xxxxx.com/tag/視力 のようなURL形式で単語の全文検索結果のURLをGoogleのサイトマップとして登録しておくと、さらに自然検索からも周辺ワードによる自然検索経由の訪問が増えます。

Google Search Console から収集した個別の単語をサイトマップとして登録する。数万単語を登録することができるので、自然検索からのトラフィック増が期待できる。

 

サイトマップ登録後、Google自然検索経由の訪問者数が増え、SEO対策として効果を発揮していることが明確に表れた。

まとめ

Elasticsearch を導入する場合、単純に商品名と説明文を検索の対象にするだけのパターンと、今回の事例で説明したように、顧客レビューやFAQも含めて、顧客の感情表現まで含めて検索の対象にするかどうかで、費用対効果は大きく異なるということです。

費用対効果 4400% の結果を出したのは、もちろん顧客レビューやFAQも含めて、顧客の感情表現も検索の対象にしたケースになります。

Live Commerceを利用中の方は、Elasticsearchのオプションページからお問い合わせください。

 

 

関連する記事

コンテンツマーケティングを診断!5つの指標... コンテンツマーケティングは、Eコマースサイトでの売上アップを目標に、長期的な視点から行うものです。そのため、取り組んでいるコンテンツが売上につながるまでには、どうしてもタイムラグが生じてしまいます。 そこで、今やっているコンテンツマーケリングの方向性が正しいのかどうか、すぐに判断できる5つの...
なぜ社長はウェブサイトの数字を把握しなくてはならないのか?... 今日、ここに書いた事は常識的な見方に関するものである。 社長(もしくは経営幹部の人であれば)が、営業を構築し、マーケティングの質を向上し、会社のインフラを強化するためにシステム開発・システム採択の決定をする際に考えなくてはいけないことがある。それはデータによって意思決定をしている。世の中はデータ、...
Google Analytics 、もしかして目標設定とeコマース設定をしていないのではないか?... 世の中にありふれているGoogle Analyticsのセミナーや書籍、、、 でも、あなたにとって大事なこと。それはこんなツールに惑わされることでない。 すべての数字をシンプルに把握することができる唯一の目安が、銀行の預金残高を増やす、これだけだ。 それを増やすために、Google A...
ウェブ担当者よ、あなたはアクセスを失っているかもしれない... あなたがウェブサイトの管理者として10年選手のベテランなら、ウェブマスターツールやGoogle Analyticsは日常茶飯事として日々チェックしている事だろう。 もちろんネットメディアも毎日仕事前にはチェックしているし、facebookでは最新情報をフィードしているに違いない。 しかし、...
海外ECにとって避けるべきSEOに関する3つのミス... 海外へEC進出の際の大きな壁の1つは、「自社のECサイトへの集客」です。もちろん、長期的な集客に効くSEOを海外ECでも重要視されている方も多いと思いますが、海外ECに適したSEO戦略が求められます。今回はそんな海外SEO戦略で迷わないためにも、よくある3つのミスをご紹介します! 1.Goo...
自社サイトで新規流入を増やす為にキーワード調査をどうやってやる? Google で利用できる無料ツー... Eコマースに欠かせないSEO(検索エンジン最適化)を、皆さんは意識しているはずです。実は、自社の商品が、どういった検索ワードを入力されて買い手の目に留まったか!? それを知らせてくれる便利なツールを、Googleは既に提供しています。今回は、その“Google Keyword Planner To...

タグ: , , , , , , ,

コメントをどうぞ