新型コロナ禍 南米で急成長するメルカドリブレとは

タイトルイメージ画像

今、南米のECサイトで最も人気のあるEC企業はどこか?
それは、Amazonではなく、メルカドリブレというECモールサイトである。
このメルカドリブレは株価的にも注目されており、新型コロナ禍でのロックダウンによる巣ごもり消費の恩恵を受け、5月のEコマースの売り上げは70.5%(前年同月比)も上昇した。
南米のインターネット普及率は、まだまだ発展途上であるので、今後はさらに拡大成長すると思われる。
今回は、このAmazonをも凌駕する南米トップのメルカリドリブレのEコマースの強みなど調べてみた。

メルカドリブレ(mercadolibre)とは

「メルカドリブレ」とはスペイン語でフリーマーケットという意味を持っている。
メルカドリブレは1999年、アルゼンチンはブエノスアイレス出身のマルコス・ガルペリン(Marcos Galperin)氏によって設立された。
マルコス・ガルペリンは創業時はまだ、大学のビジネススクールに在学中だったようだ。大学はあのスティーブジョブスも籍をおいていたスタンフォード大学である。
メルカドリブレ社は、現在、アルゼンチンをはじめブラジル、メキシコ、コロンビア、チリ、ウルグアイなど世界18か国にEコマースを展開している。
そのうちの多くは、ブラジルからの売り上げで、全体の65%を占めている。
また、登録者は南米の人口6億4,400万人のうち、2億8,000万人のユーザーを持ち、2019年の自社EC決算高は、前年比16%増の131億ドル(約1兆4060億円)となっている。

メルカドリブレの決算

今年新型コロナ禍で、南米では厳しいロックダウンが実施された。
人々は外出できない中、これまでEコマースを利用していなかったユーザーがメルカドリブレの便利さに触れ、売り上げは拡大、2020年第1四半期の決算発表では、ブラジルでの売上は55%増加、アルゼンチンは123%増加、メキシコの売上は81%増加、さらにナスダックの株価は19.18%増加の740.02ドルを記録した。
南米トップのECモール「メルカドリブレ」の強みとは何か次にまとめた。

Amazonに負けないメルカドリブレの強みとは

メルカドリブレの商品は、Amazonと同様で新湯ジャンルの商品が揃っている。しかし、Amazonとメルカドリブレの「どちらがより便利か」とユーザーの回答は50人中48人がメルカドリブレと回答する。メルカドリブレの強みはどこにあるのかまとめた。

メルカドリブレ独自の決済システム

日本ではAmazonの存在は大きいが、南米ではメルカドリブレである。その理由の一つはECで商品を購入した際の決済方法にある。
南米では現金主義で、未だ銀行に口座を持たない人も多い。そのような南米市場に合わせて、クレジットカードや現金がない人でも、Eコマースを利用できる決済システムを作っている。
メルカドリブレ独自の決済サービスは「メルカドバゴ」とよばれ、この事業は今ではメルカドリブレの大きな収入源ともなっている。
「メルカドバゴ」の決済サービスはQRコードなどを用いたファンテックサービスとなっており、実店舗でも利用できるPayPalのようなサービスである。
一方、Amazonはアメリカのクレジットカード決済をそのまま持ち込んでいるため、南米ユーザーの支持を獲得していない。やはり「郷に入っては郷に従え」なのである。

楽天も参考にした、メルカドリブレの送料無料サービス

さらに、メルカドリブレは配送システムもしっかりしている。荷物追跡、紛失補償も提供しており、配送インフラが未成熟な中南米においても、配送スピードも早くほとんどの商品は2〜3日で到着する。これは、配送量の約半数を自社物流によって配達されているからである。
また、ユーザーは「メルカドエンビオス」を使用すると、30ドル(約3200円)を超える商品購入の場合、送料無料で配送される。
これは、メルカドリブレ会員向けサービスで、一定額以上の購入で送料を無料にするサービスである。
このサービスは、2017年にブラジル、メキシコに導入され、2018年にはアルゼンチンでも実施された。
一定金額以上を無料配送することで、59%のユーザーが利用頻度が増加したと答えている。
そして、日本の楽天が2020年より実施している3980円以上送料無料サービスは、このメルカドリブレの一定金額以上送料無料サービスを参考にしているようだ。
ただ、楽天との大きな違いはメルカドリブレの場合、売り上げが2,500ドル(約27万円)を超える店舗についは送料無料となっても、最大50%をメルカドリブレが補填してくれる点にある。
メルカドリブレでは出店する企業に対してもネット広告支援やファンテックや、ロジスティックス面で支援するなど、様々なサービスを用意している。

まとめ

今、南米では新型コロナ禍以降、経済活用を再開しているが、ブラジルでの1日の感染者は連日3~5万人ペースで感染拡大が続いている。
新型コロナウイルスの感染拡大は、南米におけるデジタル経済の主要なプラットフォームとしてのメルカドリブレの地位を強化する結果となった。
Amazonをも凌ぐ、その背景には、クレジットカードや、銀行口座がない人が多いという事情に対応する決済ファンテック、送料無料サービス、さらに自社配送による安定した物流ロジスティックスにあるようだ。
今後、新型コロナが収束しても、消費者はオンラインチャネルに止まると予測され、「メルカドリブレ」の南米での快進撃はさらに続くだろう。

参考:
南米Eコマースの覇者、メルカドリブレを徹底解説
〈南米ルポ〉楽天が参考にした「メルカドリブレ」のリアル 第1回 送料無料化で成長流通総額は1.3兆円

関連する記事

ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
Instagramの新しいEC機能「Shops」とは 昨年のジャストシステムの調査では、Instagramはファッション系の情報検索がGoogleの検索利用率を上回ると言う結果が公表された。あの世界の巨大検索プラットフォーム、GoogleがSNSの一つであるInstagramに抜かれたのだ。 これは、スマートフォンユーザーに対して調査を実施し...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
2019年 Webデザインの潮流 Webデザインはその年、その年で新しいものが生まれ、トレンドとなったり、ならなかったりする。 2018年のトレンドと言えば、グラデーション、スプリット(分割)レイアウト、タイポグラフィデザインなど見た目のデザインが多かったように感じられる。 今年はどうだろうか? デザインを行うには「見た...
盛り上がる中国のライブコマース  日本ではどこまで普及してる?... 中国では、今、「ライブコマース」が盛況である。ライブコマースとは、LIVE配信型Eコマースである。 よく、弊社のASPカートLive Commerceと勘違いし、お問い合わせいただくこともあるが、弊社のLive Commerceは越境ECサイト構築を支援するシステムである。お間違いないよう...
EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ