« ブログのトップページに戻る

第22回 越境ECセミナー 3/1

   投稿者 : 2017年1月26日 By

イメージ画像

日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。
セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績」「Live commerceで構築する越境EC」「台湾展開と越境EC成功の秘訣」について、具体的な事例を交えて紹介する。
参加は無料で定員は40人、参加希望者はFaxにて2月24日までに越境EC事務局まで申し込む。詳細は次の通り。

 

●開催概要

セミナー名 :第22回越境ECセミナー
開催日時 : 2017年3月1日(水)14時から17時30分
会場 : 福岡市博多区博多駅中央街1番1号(博多駅直結)JR博多シティ会議室
定員 : 40人
費用 : 無料
主催 : 日本郵便株式会社
申込FAX:092-713-2524
E-mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp

 

●プログラム

1部「Discovery Japanモールで売れた!」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Discovery Japan 事業統括長 板橋 憲生 氏

2部「成功企業事例続出! Live Commerceで実現できる越境EC」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Live Commerce 法人営業部 関口 朋宏 氏

3部「アジアマーケット開拓のための台湾展開と越境EC成功の秘訣」
(講師) 株式会社ペンシル 代表取締役社長 COO 倉橋 美佳 氏

 

●問い合わせ先

日本郵便株式会社 九州支社 越境ECセミナー事務局
担当:浅野・坂本
TEL:092-713-2103 FAX:092−713−2524
受付時間:月~金(平日)10:00~17:30
mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp
住所:〒810-8799 福岡市中央区天神4丁目3番1号6F

関連する記事

押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
越境EC オーストラリアのポテンシャルは?... アメリカ、トランプ新大統領の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱宣言に対し、オーストラリア、マルコム・タンブル首相は「わが国はアメリカ抜きでもTPPを推進する。中国の参加を呼びかける。」などと語っている。 日本は、アメリカ抜きでもTPPを推進するのかが、注目されるところだが、今回はこの...
オランダでEcommerceWikiがスタート EcommerceWikiをご存じでしょうか? オランダでは数社の企業がこのEcommerceWikiをスタート。これは、専門家が世界中で集めたEコマースに関する話題や情報が満載。Eコマースのプラットフォームやソーシャルメディアの使い方、宣伝広告、販売など注目のサイトである。 Ecomme...
越境ECで海外発送する際のポイント 海外に商品を発送するには日本郵便のEMSや、ヤマト国際宅急便、FedEx、DHL、UPSなどを利用するのが一般的である。その他にも、海外に商品発送する代行サービスを利用すれば、配送に関する不安を軽減されるだろう。 今回はこの海外に商品を発送する際のポイントについて見ていこう。  ...
イギリスのトップEコマース500社 Internet Retailing社は最新のイギリスのトップEコマース500社を発表、イギリスでは、AO, Argos, Holland & Barrett, Topshop やNext などが最大手となる。 この毎年実施されるランキングは今年で3回目で、特にクロスボーダーや様々な...
越境ECで成功するためには 日本ではインバウンド需要の増加とともに越境ECムーブメントとも言える現象が起きている。 越境EC事業者向けのセミナーが多く開催されたり、越境ECサイト構築のための新しいサービスが登場したり、日々様々な独自サービスが開発され提供されている。 今や、これらサービスを使えば、誰でも簡単に越境E...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。