« ブログのトップページに戻る

第22回 越境ECセミナー 3/1

   投稿者 : 2017年1月26日 By

イメージ画像

日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。
セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績」「Live commerceで構築する越境EC」「台湾展開と越境EC成功の秘訣」について、具体的な事例を交えて紹介する。
参加は無料で定員は40人、参加希望者はFaxにて2月24日までに越境EC事務局まで申し込む。詳細は次の通り。

 

●開催概要

セミナー名 :第22回越境ECセミナー
開催日時 : 2017年3月1日(水)14時から17時30分
会場 : 福岡市博多区博多駅中央街1番1号(博多駅直結)JR博多シティ会議室
定員 : 40人
費用 : 無料
主催 : 日本郵便株式会社
申込FAX:092-713-2524
E-mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp

 

●プログラム

1部「Discovery Japanモールで売れた!」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Discovery Japan 事業統括長 板橋 憲生 氏

2部「成功企業事例続出! Live Commerceで実現できる越境EC」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Live Commerce 法人営業部 関口 朋宏 氏

3部「アジアマーケット開拓のための台湾展開と越境EC成功の秘訣」
(講師) 株式会社ペンシル 代表取締役社長 COO 倉橋 美佳 氏

 

●問い合わせ先

日本郵便株式会社 九州支社 越境ECセミナー事務局
担当:浅野・坂本
TEL:092-713-2103 FAX:092−713−2524
受付時間:月~金(平日)10:00~17:30
mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp
住所:〒810-8799 福岡市中央区天神4丁目3番1号6F

関連する記事

活用したい!越境EC代行サービス 越境EC市場は、2021年には2017年の2倍に拡大すると予測されている。 2017年の越境EC統計では、日本から対中国・アメリカへ越境ECで販売金額は2兆106億であった。これが、2021年には2倍の約4兆円規模に拡大するとの予測だ。 このように越境ECは今後、インバウンド需要の拡大と...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
越境ECに大きな影響 中国のEC法が可決!...   近年、中国のEC市場、越境ECは、ますます拡大しているようだ。 そのような中、8月31日に開催された全国人民代表大会(中国の国会)では「中華人民共和国電子商務法」が可決され、2019年1月1日より実施されることとなった。 この法律により、来年1月1日より中国向け越境E...
ヨーロッパの関税、税金について 今やスマートフォンで海外サイトのショッピングを楽しめる時代だ。下記の図はヨーロッパEU国内と国外との取引を比較したものだが、確実にクロスボーダー(海外オンラインショッピング)の割合が増加している。 ヨーロッパ国外及び国内においてはヨーロッパ国外の商品を確実に購入する消費者が増加している。 ...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.July)... 今年も6ヶ月が過ぎ、7月、1年の後半に入る。すでに関東・甲信越地方では梅雨が明けた。7月の前半は雨の日が続くが、徐々に安定し猛暑日が続くと予想されている。 今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。