« ブログのトップページに戻る

第22回 越境ECセミナー 3/1

   投稿者 : 2017年1月26日 By

イメージ画像

日本郵便株式会社 九州支社では3月1日、JR博多シティ会議室にて「越境ECセミナー」を開催する。
セミナーではデジタルスタジオの板橋憲生氏(Discovery japan事業統括長)、関口朋宏氏とペンシルの板倉美佳氏(代表取締役社長)を講師に招き「Discovery japanモールの実績」「Live commerceで構築する越境EC」「台湾展開と越境EC成功の秘訣」について、具体的な事例を交えて紹介する。
参加は無料で定員は40人、参加希望者はFaxにて2月24日までに越境EC事務局まで申し込む。詳細は次の通り。

 

●開催概要

セミナー名 :第22回越境ECセミナー
開催日時 : 2017年3月1日(水)14時から17時30分
会場 : 福岡市博多区博多駅中央街1番1号(博多駅直結)JR博多シティ会議室
定員 : 40人
費用 : 無料
主催 : 日本郵便株式会社
申込FAX:092-713-2524
E-mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp

 

●プログラム

1部「Discovery Japanモールで売れた!」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Discovery Japan 事業統括長 板橋 憲生 氏

2部「成功企業事例続出! Live Commerceで実現できる越境EC」
(講師)株式会社デジタルスタジオ Live Commerce 法人営業部 関口 朋宏 氏

3部「アジアマーケット開拓のための台湾展開と越境EC成功の秘訣」
(講師) 株式会社ペンシル 代表取締役社長 COO 倉橋 美佳 氏

 

●問い合わせ先

日本郵便株式会社 九州支社 越境ECセミナー事務局
担当:浅野・坂本
TEL:092-713-2103 FAX:092−713−2524
受付時間:月~金(平日)10:00~17:30
mail:kyushu-eigyou-kokusaieigyou.ii@jp-post.jp
住所:〒810-8799 福岡市中央区天神4丁目3番1号6F

関連する記事

「製造業の海外展開」:海外販売を新規スタートする意義... 皆さん こんにちは。 数回にわたって、海外販売第一歩の経緯をお話しました。 皆さんは、このチャレンジをどう感じられたでしょうか? さて、日本人口の減少・新興国の台頭などの社会構造の変化を受け、製造業での海外市場への参入、海外販売が今後の発展には欠かせないとお考えの方も多いと思います。 ...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
アメリカ向けSEO対策はどうするの? 越境ECを構築し、まず行わなければならいのが集客である。集客ができなければ、海外向けてECサイトを作ってもすぐに注文が入るわけではない。 欧米ではGoogleの利用が65.7%と圧倒的なシェアで、さらにビジネスマンの90%は1日に3回以上はパソコンまたはスマートフォンで”検索&r...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...
海外展開に関する補助金・助成金情報(2016.November)... 補助金・助成金の11月の募集状況を紹介する。補助金・助成金は国や地方自治体から支援される「返済不要なお金」である。助成金は要件が合えば基本的には受給でき、補助金は予算があるため、要件が合っても受給出来ない可能性がある。 今回は11月の募集内容や補助金、助成金の違いやメリット・デメリットについ...
越境EC 韓国のポテンシャルは? 連日のニュースでは韓国パク・クネ(朴槿恵)大統領の知人や側近らをめぐる一連の事件で話題となっている韓国情勢であるが、知っているようで、あまり知られていない日本の隣国である韓国。 statista.comの調べによると、韓国のEC市場規模は2015年時点で388億ドル、2016年には427億ド...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。