2020年 国内BtoC-EC市場は初の減少も EC化率は8%と大きく上昇

タイトルイメージ画像

7月30日、経済産業省は「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」を公表した。
これは2020年の国内BtoC-EC市場、BtoB-EC市場、CtoC-EC市場、越境EC市場の市場規模、さらに2020年のEC市場の特徴などをまとめたものである。
その内容によると、2020年はコロナ禍の影響で国内のBtoC‐EC市場規模は、19兆2,779億円と前年比で830億円の減少となった。
特徴的と言えるのは、物販系分野のEC市場規模の大幅拡大であり、EC化率も2019年から1.32ポイントアップし、8.08%と大きく増加した点である。
今回は、2019年のBtoC-EC市場と比べ、2020年コロナ禍ではどのようなカテゴリーが増加し、また、コロナ禍で大きく減少したカテゴリーは何なのか、各分野別にまとめた。

2020年の国内BtoC-ECの市場概況

下のグラフは、2010年から2020年までの国内BtoC-EC市場規模の推移と物販系分野のEC化率である。
2020年は国内BtoC-EC市場規模は19兆2,779億円と前年比で830億円の減少となった。
BtoC-EC市場規模が減少となったのは、今回で23回目となるEC市場計測開始以来、初めてのことである。

2020年国内EC市場

2020年は、今も続く新型コロナの影響で、外出自粛による「旅行サービス」などのサービス系分野の落ち込みが大きかった。
逆に大きく拡大したのが、新型コロナ感染症拡大によるステイホーム、巣ごもり消費が追い風となった、物販系分野のECである。
物販系ECの伸びは、当然EC化率にも現れ、8.08%と大きく上昇した。
結果として、物販系分野の大幅な拡大とデジタル分野の増加も、サービス系分野の減少をカバーすることは出来なかった。

2020年国内ECの分野別市場

それでは、各分野別に2019年と比較しながら、コロナ禍で最も拡大したカテゴリー、減少したしたカテゴリーなどを見ていこう。

物販系分野のBtoC-EC市場規模

2020年は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う巣ごもり消費の影響で物販系分野は大きく拡大成長した。
物販系分野のBtoC-EC市場規模は、2019年の10兆515億円から2兆1,818億円増加し、12兆2,333億円となった。伸長率は21.71%であった。
EC化率は8.08%と前年より1.32ポイント上昇した。

市場の大きい順から、「生活家電、AV 機器、PC・周辺機器等」では、2兆3,489億円で前年比28.79%の増であった。
次いで「衣類、服装雑貨等」の2兆2,203億円で前年比16.25%の増。
「食品、飲料、酒類」の2兆2,086億円で前年比21.13%の増。
「生活雑貨、家具、インテリア」の2兆1,322億円で前年比22.35%の増。
などとなっている。
この上位4カテゴリーは、すべて2兆円を突破し前年増加率も高く、この4カテゴリーだけで73%を占めている。

物販系分野の2020年EC市場

サービス系分野BtoC-EC市場規模

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、サービス系分野では「旅行サービス」、「飲食サービス」、「チケット販売」が大きな影響を受けた。
サービス系分野のBtoC-EC市場規模は、2019年の7兆1,672億円から2兆5,840億円も減少し、4兆5,832億円となった。
伸長率はマイナス36.05%と大幅なマイナスとなっている。

最も新型コロナの影響を受けたのが「旅行サービス」で、2019年の3兆8,971億円から、2兆3,477億円減少し、1兆5,494億円(前年比マイナス60.24%)となった。
ただ、「旅行サービス」カテゴリーは大きく下落したが、サービス系分野においては、市場規模が最も大きいことに変わりはない。
次いで「飲食サービス」は、5,975億円で前年比はマイナス18.03%。
さらに、イベントなどの「チケット販売」は、1,922億円で前年比はマイナス65.58%。
前年比の減少率で見ると、このチケット販売のマイナス幅が最も大きく、特にコンサートなどライブエンターテイメントは新型コロナで危機的状況となった。
また、今回2020年の調査より、フードデリバリーの市場規模推計を新設している。
2020年、フードデリバリーは新型コロナウイルス感染症拡大下で、市場規模3,487億円と大きな存在感を発揮している。

2020年サービス系EC市場

デジタル系分野BtoC-EC市場規模

新型コロナウイルスの感染症拡大による巣ごもり消費は、デジタル分野も大きく拡大させた。
デジタル系分野のBtoC-EC市場規模は、2019年の2兆1,422億円から3,192億円増加し、2兆4,614億円となった。伸長率は14.90%となっている。
デジタル系分野で最もBtoC-ECの市場規模が大きいのは、「オンラインゲーム」の1兆4,957億円で前年比7.5%の増。
次いで「電子出版」の4,569億円で前年比36.18%の増加。
さらに「有料動画配信」の3,200億円で前年比33.1%の増加と続いている。

対前年比で36.18%と大きく増加した「電子出版」は、紙媒体のデジタル化の拡大やデジタルコンテンツのみの電子出版の増加、さらにスマートフォンやタブレットの普及を背景に、近年、この市場は拡大傾向にあった。
この近年の拡大傾向と新型コロナの巣ごもり需要が重なり、大きく市場が拡大したと見るべきだろう。
増加率36.18%は、BtoC-EC市場の中では、最も大きい拡大数値である。
紙媒体は出版不況が続いているが、出版のデジタルシフトを加速させ、広告との連携など施策し、新しい電子出版サービスを提供することでその危機を乗り越えていただきたい。

2020年デジタル系EC市場

まとめ

2020年、国内BtoC-EC市場は初めてマイナス成長となった。
これは、新型コロナ感染症拡大による外出自粛から、旅行サービス部門の6割マイナスが市場全体に大きく響いた結果である。
また、新型コロナで伸長率21.71%と最も拡大幅が大きかった物販系分野においては、これからの「ウィズコロナの時代」に見合った実店舗とECの販売チャネルの新たな位置づけ、役割の見直しを図らなければならない。

参考:「令和2年度電子商取引に関する市場調査」

関連する記事

コロナ禍で最も拡大したECカテゴリーは何?... 2020年は新型コロナ感染拡大以降、緊急事態宣言発令や外出自粛などの影響で、実店舗での買い物を控える人が増えた。 そして、この期間が長く続くことで、人々の消費活動が大きく変化した年となった。 それは、ECサイトで商品を購入する人の増加であり、これまで、ECを利用したことのない70歳以上の...
EC化率の低いフードECに未来はあるのか... 経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市...
もう そこまで来ているVRコマース 2018年5月9日(水)~11日(金)東京ビックサイトで開催された「Japan IT Week 春 2018」は1,666社、来場者数、102,441名と大盛況だった。 弊社のLive Commerceブースにも多くのお客様が足を運ばれ、接客、商談などさせていただいた。 この「Japan...
ECの巨人AmazonとZOZOTOWN 2018年も後半に入った。国内では、西日本を襲った記録的な豪雨による災害が相次いでいる。被害に遭われた方、避難を余儀なくされている方に心より、お見舞い申しあげる。 今回は昨年2017年のEコマースについてランキング資料をベースに振り返りつつ、昨年も他を大きく引き離し成長したECモール、「Am...
越境EC 香港のポテンシャルは? 2021年1月ジェトロが公表した、「2020年度 日本企業の海外事業展開に関するアンケート調査」によると、越境ECに取り組む日本企業の販売国・地域のトップは、中国、次いでアメリカ、台湾、香港、シンガポールとなっている。 この中で香港は、EC市場規模は小さいが、シンガポール同様、アジアのハブ...
コロナ禍で加速 東南アジアのEコマーストレンド...   今、日本では安倍氏から首相のバトンが菅氏に渡され、菅氏は現在、首相として初の外遊となるベトナム、インドネシアを訪問中である。 東南アジア諸国は、現在、新型コロナの封じ込めに成功している国として、経済は回復に向かっているとしているが、感染者数は減少しておらず、経済基盤の取...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ