« ブログのトップページに戻る

越境ECのドメイン 7つの基本ルール

   投稿者 : 2018年4月26日 By

イメージ画像

越境ECをはじめるときに重要なポイントなるのが、どのようなドメインが良いか?ということだ。ドメインは希望したものが取得できないケースもあるので、早めに行うのが賢明だ。
越境ECの場合、ドメインは国、地域ごとに分けたほうがいいのか?また、言語ごとのURLをどう設定するか?など、取得する前に迷っている方が多い。
独自ドメインを取得すれば、お客様や取引先の信頼感を増すことができる。今回は、このドメインを決めるときの注意点、ポイントなどを説明したい。

 

●世界に一つだけの独自ドメインのルールとは?

ドメインとは「インターネット上の住所」のようなものであり、先着順で同じ名前で重複することはできない。
この世界に一つだけの住所を取得することで、越境ECでは、オンラインショップをオープンすることができる。 たくさんのお客様に来ていただくためには、シンプルでわかりやすい名前が良いだろう。
通常、ECショップの場合のドメインは、ショップ名をベースに”.com”などとする場合が多い。 ドメイン名に使える文字には下記のルールがある。

  • 3文字以上63文字以内
  • 半角英数字(A~Z、0~9、-[ハイフン])
  • -[ハイフン]は先頭と末尾には使用できない
  • 大文字小文字の区別はなく、同じ扱いになる

また、日本語のドメインも取得できるが、越境ECのドメインとしては相応しくないので、説明は割愛する。

 

●越境ECでドメインは何が良いのか?

ドメインで人気なのは、「.com(ドットコム)」である。
「.com」は商用業種が主で「.net」はネットワーク用「.biz」もビジネス向けには良いだろう。 また、「.jp」は信頼性が高くなるというメリットはあるが、維持費が高くなる。 独自ドメインの維持費は、「.com」なら毎年、950円、「.jp」なら2980円のコストがかかる。

越境ECの場合、基本は「.com」が良いだろう。
「.com」に慣れているユーザーが多いので、覚えてもらえるメリットがある。 越境ECの場合は、その他に属性型・地域型ドメインにすることもある。
例えば、タイなら「.co.th」、インドネシアなら、「.co.id」などは、現地を拠点に越境ECを展開している場合のみで、1つのドメインで、いくつかの国を対象に展開する場合はやめた方が良い。

 

●ドメインの決めるときの7つの注意点

越境ECの場合のドメインの悩みどころは、外国語表示のためのドメイン、URLをどうするかというところだろう。設定には3つの方法があり、それぞれにおいて、検索エンジンやユーザーに伝わることがある。

3種のドメイン

下記にドメイン、URLの設定についての7つの注意点をまとめた。

 

(1)各言語ページが’簡単に見つけられるようにする

各言語ページには別々のURLにして各言語ページ間で相互リンクし、言語選択を間違ってしまったユーザーもワンクリックで、適切な言語ページに移動できるようにするのがベスト。
また、翻訳を自動的に行われないようにすることも重要である。リダイレクトを行うとユーザーや検索エンジンがサイトの言語ページを見ることができなくなるからだ。

 

(2)URLからページコンテンツの言語が何であるかわかるようにする

Google ではページのコンテンツから言語を判断するが、ユーザーもURLからページコンテンツの言語の手がかりを得ることができるようにする。
例えば、サブディレクトリにfrをしようすれば、そのページがフランス語のページだと示すことができる。

 

(3)サブドメインとサブディレクトリはどちらが良いか?

多言語で表示が必要な越境ECサイトの場合、言語表示ページにサブディレクトリ(example.com/en)か、サブドメイン(en.example.com)のどちらが良いのだろう。また、どちらがSEOに効果的かなど、聞かれることが多いが、どちらが必ず良いという正解はない。
言えるのは、大規模なサイトになることを前提であれば、サブドメインで設定するのが良く、それ以外はサブディレクトリの方がSEO的にはオススメである。
なぜなら、Googleはユーザーの使いやすさを前提にサイト評価している。英語であれば、“en”、中国語であれば、“cn”のように対応する言語を使用すれば、ユーザーが言語を間違えた場合、この“en”、“cn”を直接変更するだけで良いからだ。

 

(4)wwwは統一する

https://www.example.com/ja
https://example.com/ja
の両方でアクセスするのは良くない。 ポイントはhttps://example.com/ja としたら、https://www.example.com/jaでアクセスしてきたユーザーも自動でhttps://example.com/ja へ転送されるようにすべきである。

 

(5)越境ECはSSL対応にする

これからのサイトは、SSL対応(サーバー間の通信暗号化)することは、SEO対策としても必須である。Chromeなどのブラウザでは、SSLに対応していないサイトの場合、なんらかの警告表示を行う予定がある。すでにサイトを作ってしまっていて、未だ、対応されていない場合は、早めに対応すべきである。

 

(6)ドメインにアルファベット以外は入れない

お店の名前が日本のお店だからといって、ドメインを日本語の文字列や、アルファベット以外の数字やハイフォンなどは使わない方が良い。

 

(7)検索エンジンに正しい評価を受ける

現在のページに、多言語に対応した別ページあるとき、そのページ存在を検索エンジンに伝えるためのタグがあるので、ページソースに記述することをオススメする。
<link rel=”alternate” hreflang=”国別コード” href=”他言語サイト対象ページURL” />
rel=”alternate” とは現在のページの代わりになるページが存在することを示す属性値である。
検索エンジン対策では、同じ内容のページを掲載した別ページが存在するとマイナス評価になる。同じ内容のページが存在するページ理由を検索エンジンに伝え、正しく評価を受けるようにすることが、順位をあげることに繋がるだろう。

 

●まとめ

ドメインはサイトの顔である。慎重に決める必要があるだろう。
ドメインは後から、変更しようとすると大きな工数が発生し、膨大な機会損失になる。ドメイン取得のポイントしては、サイトの規模、運用状況により、URLの構造を決めること。
さらに、サイト上でユーザーが簡単に言語選択ができるようにすることだろう。 また、Live Commerceでは独自ドメインを利用できるのは、シルバープラン以上になるので、ご注意いただきたい。起業家プランでは共有ドメインとなる。

関連する記事

ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...
越境ECサイトをスタートする前に考えるべき10のこと... 著者: Practiclogy社 シニアコンサルタント Bianca Mercer イギリス、オーストラリアのEコマースコンサルタント会社”Practiclogy”のシニアコンサルタントのBianca Mercerは、販売業者やブランド会社が海外販売に踏み切るときのチ...
海外進出が進む日本企業 越境ECの可能性は?... 外務省のが昨年2017年9月28日に発表した、「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在留邦人数では米国が約42万人と最も多く、次いで中国の約12万人、3位はオーストラリアの9万人と中国以外は前年比増という結果であった。 海外に住む日本人の数は、年々増加の一途であり、2016年は約133万...
越境ECモールにはどんなものがあるの?... 越境ECを構築すれば、これまでのマーケットを世界に広げることができる。越境ECは、海外に販路を広げるためにはもっともリスクの少ない方法である。海外を視野に入れると、日本では注目されないものや、思いがけないものが高額で売れることもある。 そこで、今回は海外に販路を広げるための一つの方法として、...
ECサイトに必須のリッチスニペットでSEO対策... Googleの検索結果のページでタイトル+説明文のほかに、写真やパンくずリスト、商品の星付きレビューなどが表示されてるのを見たことがあると思う。 これはサイトページの情報をユーザーに表示するGoogleの検索機能「リッチスニペット」と呼ばれるものだ。 この「リッチスニペット」は検索エンジ...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。