eBayで40億売った男

amazon輸出やeBay輸出で日本のものを海外に売るという副業が流行ってますが、これもこの1年で終わり、もしかしたらすでに限界なのでは、、、と言うのが私の直感。
どの業界でもそうだけど、うまくやっているのは1%ぐらいでしょう。

最近、法人からeBay海外販売の相談が増えまして、eBay周辺情報を最近特に調べ始めた私ですが、いい本を見つけました。
eBayで14年間で40億を売った男(Nick Vulich)が書いたeBay 2014: Why You're Not Selling Anything on eBay, and What You Can Do About ItをKindleで拝見しました。成功者はどんなものなのかと。

送料無料はぜんぜん効果ないとか、、、商品画像はeBayだとこう撮らないといけない、、、かいろいろ参考になる情報がありますね。
英語ですが、とても参考になると思うので、eBayやっている人なら一度読んでみるといいと思います。

さて、フィリピンでの元eBay担当者を採用した記事を書きましたが、今彼女と一緒に煮詰めているのが、独自に開発したリサーチツールです。
日本語ができない外国人でも価格リサーチとebay出品ができるツールが欲しくて、勝手に開発したって感じ。まだ実験検証段階で、100%とは言い切れないですが、
正直うまく行きすぎたかも。。

ああ、これなら2人、3人と人を単純に増やすだけでビジネスが簡単にスケールしてしまう、、、

どういうものかというと、ヤフオクで海外に売れる商品を探せるツールです。

オートメーション化を最初から念頭に入れているので、彼女達が出品価格設定、利益設定、eBayとヤフオクの終了時間の自動監視設定、を全部できる様になっています。商品を決めたら彼女達が出品ツールを使って勝手に出品してくれる訳です。
出品後に、ヤフオク仕入れアイテムの終了時間とeBay出品アイテムの終了時間をシステムが自動監視してどちらも在庫切れがない状態に保てるので、まじ便利。

 

日本側は売れたのを仕入れて送るだけという極限まで日本側の負担を減らしたツールです。

PS、

この記事は、ブログで公開できる一部の情報です。

こうしたウェブサイト担当者にとって役に立つ記事を本ブログでは定期的に発行しています。
メールマガジンに購読していただきますと、ブログでは投稿できない情報も流しています。

関連する記事

Live Commerce は越境ECカートから 海外販売プラットフォームに変わります! Amazo... 10月1日よりウェブサイトを約6年ぶりにリニューアルしました。 リニューアルと同時に、ファーストクラスという上位プランのサービス名称をカスタマーサクセスプランという名称に変更をしています。 また、今月よりDHL国際配送プラグインのリリースや今まで保留となっていたソーシャルログインプラ...
eBayを個人事業レベルからビジネスにするには?... 7日から15日までの夏休みの間、タイのバンコクとフィリピンのマニラの2カ国に行ってきました。 夏休みの休暇を兼ねてeBay海外販売の本格的な現地での作業人員の確保や、オフィス相場の調査のためです。 タイは初めて行ったのですが、ネット回線速度が速く、ネットビジネス環境には最適に感じたね。 ...
アメリカの代表的なECサイトから学ぶ 今週1月20日には、アメリカの新大統領にオバマ大統領が8年の任期を終え、トランプ新大統領が正式に就任する。 就任後は、日本とアメリカとの貿易、経済や軍事など、多方面において大きな変化が起こることは間違いないだろう。この変化の度合いによっては越境ECにも変化を強いられることだろう。 そこで...
eBay 出品代行サービス eBayは既に米国外からの売上が60%を超える... eBay出品代行サービスリリース PayPalアカウント、eBayアカウント、英語スキルの3つが不要でも、米eBayで出品できるサービス ネット通販を行っている事業者、もしくは個人でネットビジネスをやっている人なら、eBayというキーワードは片隅に有るだろう。 1998年の上場から約2...
【2019年版】越境EC最前線 越境ECでの海外販売は10年前に比べ、ずいぶん始めやすい環境になった。 越境ECプラットフォームを活用することによる自社サイトの構築、越境ECモールでの海外販売、越境EC代行サービスに海外販売を委託するなど、海外の人たちに未だ知られていない日本の商品やサービスを日本から販売できる時代になっ...
アメリカで人気の日本食品はなんだ?... アメリカのEコマース市場規模は、世界第2位である。2018年のEC市場アメリカEC市場売上額は、5,231億米ドル(約57兆円)、前年比15.5%増で右肩上がりの上昇率を示している。EC化率も年々上昇し、2018年は9.8%と年々1%の上昇である。 アメリカではJapanブランド商品の人気...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント / トラックバック2件

  1. takahiro sugimoto より:

    なんとなく貴殿のサイトに漂着いたしました。
    ぜひ、メルマガ登録希望です。
    宜しくお願いします。

  2. 大塚孝二 より:

    メルマガの登録はこちらから行えます。
    http://www.live-commerce.com/newsletter/

コメントをどうぞ