« ブログのトップページに戻る

越境ECモールDiscovery Japanモール開設にあたってのセミナー

   投稿者 : 2016年4月19日 By

 

Live Commerce では利用者様の商品を総合的に集めた新サービス「越境ECモール」を 5月初旬に開店いたします。
http://www.live-commerce.com/mall/

越境ECモール(Discovery Japanモール)では、無料で出店できるプランから、本格的なブランド構築プランまで用意しております。
Youtuberによる商品レビューと連動させて商品販売、マーケティングリサーチが可能であり、お問い合わせ対応や翻訳も当社が代行するため、メーカー企業様にとっては商品の提供が可能であればほとんど新たな人材コストを投資することなく、最小コストで越境ECのテストマーケティングが可能となっているため、今まで海外販売をためらっていた企業様でも積極的にチャレンジしやすくなっています。

越境ECモール開店に伴い、ペイジェント様と本モール出店を兼ねた越境EC最新 セミナーを開催します。主な参加対象者はLive Commerce利用者様、及び海外販売を検討されている 企業様になります。

■セミナー概要
http://www.paygent.co.jp/seminar_event/2016_0513/index.html

日時 : 5/13(金) 14:00~16:00 ※開場:13:30
会場 : 株式会社ディー・エヌ・エー 21Fヒカリエ セミナールーム
住所 : 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ(アクセス)
参加費用 : 無料 ※お気軽にお越し下さい。
定員 : 50名 ※定員になり次第〆切とさせていただきます。
申込み期限 : 5月12日(木) 24:00

皆様からのお申込みをお待ちしております。
 

関連する記事

越境EC 台湾のポテンシャルは? 越境ECと言うと、まず、その市場としてイメージされるのはアメリカ、中国だが、中国の南、台湾もなかなか魅力的な市場であることはあまり、知られていない。 今年、5月9日にナビプラス株式会社が発表した越境ECで買い物をした、相手国で売上トップは台湾となって、2位はアメリカ、3位は中国であったと報...
中国の「インターネット安全法」は越境ECにどう影響する?... 越境EC事業者ならご承知のことと思うが、中国ではGoogle検索はもちろん、Facebook, YouTube,Twitter,LINEも使えない厳しい情報規制が敷かれている。そして、新たに2017年6月1日より、ネットに関する新しい法律「インターネット安全法」が施行された。 この法律は中...
多言語、多通貨対応ECサイトの構築、その留意点は?... 最近のECサイトは越境ECであることが求められる時代だ。越境ECサイトを構築するは多言語対応、多通貨対応にする必要がある。 今回はひとつのECサイトで多言語、多通貨切り替え対応しているECサイトで、日本から海外に発信している越境ECサイトと海外から日本などに発信している越境ECサイトに別けて...
海外展開を支援する補助金・助成金制度を知ってますか?... 海外展開や販売を行うときに利用できる「補助金・助成金」についてご存知だろうか? 最近、よく耳にする言葉だ。しかし、その仕組みや内容については、意外と知られていないようだ。簡単に言うと「補助金、助成金」とは国や地方公共団体から支払われるお金のことで、返済の必要が無いものが多く、中小企業経営者に...
越境ECモールにはどんなものがあるの?... 越境ECを構築すれば、これまでのマーケットを世界に広げることができる。越境ECは、海外に販路を広げるためにはもっともリスクの少ない方法である。海外を視野に入れると、日本では注目されないものや、思いがけないものが高額で売れることもある。 そこで、今回は海外に販路を広げるための一つの方法として、...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。