2020年2月13日(木)越境ECセミナー『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』を開催

タイトルイメージ画像

越境EC市場は、世界規模で拡大している。
昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。
そして、日本の2018年越境EC市場は、対アメリカ、中国だけでも、前年度比17.3%増の2兆3583億円であった。
今回は、この拡大する越境EC市場で、海外販売を最短距離で事業化する方法をデジタルスタジオの代表、板橋氏とアジアンポータル代表、大谷氏による越境EC『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』セミナーを開催する。

セミナー内容は越境EC事業を成功に導く『ブランドの越境ECx海外展開のロードマップ』

セミナーは3部構成で「越境ECによる日本ブランドの展開」が主要なテーマ。
1部はデジタルスタジオの代表、板橋氏による、自社国内ブランドを海外に売り込むことの重要性と越境ECでのブランド発信方法を解説する。
2部では、国内釣具20万点強の製品を海外に販売する「アジアンポータル」の大谷氏が登壇。
世界で高い評価を得ている日本の釣具を越境EC「アジアンポータル」で海外販売し、初年度で月商2500万円の売り上げを達成している、成功の為の越境EC運営方法、プロモーション方法を解説する。
セミナー修了後、質疑応答、個別相談を行う。

■【第1部 13:30~14:10】越境ECセミナー2020 日本ブランドのリーダーへ贈るプレミアセミナー

講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋憲生
【講演者プロフィール】
越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan Mall」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

■【第2部 14:25~15:00】実践!越境EC

講師:株式会社アジアンポータル 代表取締役 大谷康平
【講演者プロフィール】
2017年、40歳を目前に越境EC事業で起業。デジタルスタジオの板橋氏と出会い、わずか半年で日本最大の釣具越境ECサイトを構築。
2ヶ月目から3桁売上、1年後には日本釣具メーカー各社より海外販売の支援を取り付けるなど、2020年までに海外売上単体で5億円を目標としている。

■【第3部 15:00~16:00】 個別相談

今回のセミナーはこのような方に最適な内容となっている

  • 日本でそれなりに認知されているブランドを海外にも広めたい方。
  • 越境ECを始めたいが、社内に人材がないので困っている方。
  • 海外から稼ぐ新規事業を立ち上げたい方。

 

■開催概要

  • 日 程:2019年2月13日(木)
  • 時 間:13:30〜 ※開場:13:20
  • 参加費:無料
  • 定員:30名(30名に達した時点で締め切り)
  • 会 場:ソシオ大宮 6F 貸会議室
  • 住 所:埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目71 ソシオ大宮6F 最寄駅 :JR大宮駅 徒歩7分
  • 申し込み期限:2月12日(水)23時まで
  • セミナーの詳細とお申込みはこちら

 

関連する記事

「GDPR対策」の為のGoogleアナリティクス設定はどうするの?... 今年5月25日、「Google Analyticsのユーザーデータとイベントデータが自動的に削除されるようになります。」というアナウンスがあった。 削除対象は、ユーザーやブラウザといった「プライバシーに関連するデータ」である。このGoogle内容は、EU域内で取得された個人情報に関する法律...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
海外進出が進む日本企業 越境ECの可能性は?... 外務省のが昨年2017年9月28日に発表した、「海外在留邦人数調査統計」によると、海外在留邦人数では米国が約42万人と最も多く、次いで中国の約12万人、3位はオーストラリアの9万人と中国以外は前年比増という結果であった。 海外に住む日本人の数は、年々増加の一途であり、2016年は約133万...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
越境EC マレーシアのポテンシャルは?... 9月3日、東京都は越境ECで中国向け販売、マレーシア向け販売を支援する事業を開始した。 これは中国とマレーシアの現地モールに特設サイトを開設し、販売するというものだ。中国では、「寺庫(スーク―)」モールサイトで、マレーシアは「11street(イレブンストリート)」での販売となる。 東京都...
中国越境ECの現況と輸入関税引き下げ 2017年の中国の越境 BtoC-EC(日本・米国)の総市場規模は 27,556億円(前年比26.8%増)となった。 この中で、日本からの市場規模は 12,978億円(前年比25.2%増)、米国からの市場規模は 14,578億円(前年比28.2%増)であった。 中国の越境ECを通じての消...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ