越境ECセミナー『衰退か、成長か?』を博多で開催

イメージ画像

9月21日(金)、博多駅、JR博多シティ会議室 9階にて「越境ECセミナー」が開催される。
博多で行われるセミナーは2部構成で、第1部ではデジタルスタジオ代表取締役の板橋憲生が「衰退か、成長か? 『独自型サイトの逆襲 儲かる越境EC最前線2018年』」と題して講演する。
第2部では同社、営業部BtoB担当、福永貴祐が「2025年に向けた変革ビジネスモデル 『海外販売BtoBとは』」と題して講演する。
さらに、講演終了後、個別相談会が開かれる。 越境ECに加え、ビジネスモデルの変革に興味・関心が少しでもある方は、お見逃しなく。 参加は無料である。

 

●セミナーは「最新の越境EC情報」と「IT導入ビジネスモデル」

 

■【第1部 13:30~14:10】

衰退か、成長か? 『独自型サイトの逆襲 儲かる越境EC最前線2018年』

講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋憲生

”なぜ大手モール(LazadaやTmall、eBay、Amazon)よりも独自型サイトが儲かるのか?”
越境EC事業の最前線でマーケティングの舵取りを行っているデジタルスタジオの代表である板橋より、「最新の越境EC情報」について講演する。

【板橋憲生氏 プロフィール】

板橋氏は越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。
海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援している。

■【第2部 14:20~14:45】

2025年に向けた変革ビジネスモデル 『海外販売BtoBとは』

講師:株式会社デジタルスタジオ 営業部BtoB担当 福永貴祐

【講演概要】

メーカーにとっての問屋、問屋にとっての小売店、流通の過程にITを導入したメーカーや問屋はビジネスモデルの変革に成功し、新たなビジネス再構築に成功した。
いったいどうやって? 旧態依然としたビジネスモデルの変革を行う場合、ITシステム導入をどのように行えば良いのだろうか?その秘訣を具体例を交えて講演する。

■【講演終了後 15:00~17:00】 個別相談会

 

●今回の越境ECセミナーはこんな方にオススメしたい!

  • 越境ECの最新情報を知りたい方
  • JANコードで海外販売を行う方法について知りたい方
  • 海外販路拡大、新規越境ECプラットフォームをご検討中のメーカー、問屋、小売り業者の方々
  • 独自型越境ECサイトで売上をもっと拡大するためのノウハウを知りたい方
  • Googleショッピング広告の活用法を知りたい方
  • ITシステム導入でビジネスモデルを変革したいメーカーや問屋の方

【開催概要】

  • ・日 程:2018年9月21日(金)
  • ・時 間:13:30-17:00 ※開場:13:00
  • ・住 所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街 JR博多駅より直結
  • ・会 場:JR博多シティ会議室 9階
  • ・参加費:無料 ・定員:80名 ・申し込み期限:9月19日(水) 24時まで

【お申し込み】

申し込み期限は9月19日(水)までとなっているが、気になった方は、今すぐお申し込みいただきたい。
セミナーは限定80名となっており、参加は80名に達した段階で締め切りとなる。

越境ECセミナーの参加申し込みはこちらで:https://www.live-commerce.com/seminar/

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.August)... 2018年も8月。日本各地、梅雨明け以降、連日の猛暑日が続いている。台風も発生し、関東沿岸を通過するなど荒れ模様だ。今年の夏は立秋を過ぎてもまだまだ猛暑日が続くと予想されている。猛暑日は水分補給を充分行っていただきたい。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体...
2019年 国内BtoC-EC市場は7.65%増、越境EC市場も堅調に拡大... 7月22日、経済産業省より2019年(令和元年度)の「内外一体の経済成長戦略構築にかかる 国際経済調査事業」(電子商取引に関する市場調査)報告書が公表された。 この報告書は、毎年1回経済産業省が、前年度の日本のEコマースについてまとめたもので、今年も2019年の日本のBtoC、CtoC、B...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...
ヨーロッパのECビジネスの拠点は? EC越境サイトビジネスは、アジア、アメリカのブームに続いてヨーロッパでも急成長している。 ヨーロッパは世界でも有数の大規模市場、海外進出を考えている企業には見逃せないエリアである。 ヨーロッパ市場は新興国も含め、特にECビジネスにおいて急速に変化を遂げており、特にEU圏内での取引をスムーズに...
越境ECにかかせない海外配送 大手3社を比較してみた... 越境ECでは、海外への配送をどの会社から配送するか、海外配送するにはどんなサービスがあり、料金や日数はどれくらいかかるのかなど、データがあると便利だ。 越境ECでの海外配送を扱っている企業はいろいろあるが、国内の海外物流の主な企業は日本郵便、ヤマト運輸、佐川急便の3社である。 2年前にも...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ