2019年 越境EC最前線『海外3モール+Google Facebook攻略セミナー』開催

イメージ画像

越境EC市場は世界規模で拡大している。
日本では少子高齢化が進み、内需が伸び悩むなか、越境ECサイトを介して海外販売を行う日本企業は増えつつある。障壁となるハードルも低くなり、事業拡大しやすくなっている。
また、昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。
今回は、この拡大する越境EC市場で、海外販売を最短距離で事業化する方法をデジタルスタジオの代表、板橋とアジアンポータル代表、大谷 康平氏による『海外3モール+Google Facebook攻略セミナー』を開催する。

セミナーは5月29日(水)
主な内容は商品データ構築のステップ

越境ECで海外販売を行うには、3大モール(Amazon・eBay・Lazad)への出店と、3大メディア(Googleショッピング・facebook・中国KOL)を介して海外へ直接販売する、6種の選択肢がある。 この6種のプラットフォームに共通している必要項目がある。 それは、各商品に紐づく、

  1. 国際取引商品番号(GTIN)
  2. 製品番号(MPN)
  3. ブランド名
  4. 白背景で正方形の商品画像
  5. Google指定カテゴリ情報
  6. 最後に英語の商品名と説明概要

である。 この商品データを揃えることができれば、越境ECの広告開始後、例外なく海外からの売上を1週間以内に獲得することができる。
今回のセミナーでは商品データベースを構築するためのLive Commerceの各プラン、Live Commerceを活用した具体的なマーケティング手順などを説明する。

■【第1部 13:30~14:10】2019年越境EC最前線『海外3モール+Google Facebook攻略セミナー』

講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋憲生

越境EC事業の最前線でマーケティングの舵取りを行っているデジタルスタジオの代表である板橋より、最新の越境EC情報について講演する。

【講演者プロフィール】
越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

■【第2部 14:15~14:30】実践!越境EC

講師:株式会社アジアンポータル 代表取締役 大谷 康平

Amazon、eBay、自社サイトとマルチチャンネルに越境ECを実践している現役越境ECプレイヤーとして、越境ECの実務運用について講演する。

【講演者プロフィール】
株式会社ワールホールディングス(東証一部上場)でM&A担当 2017年、40歳を目前に越境EC事業で起業。デジタルスタジオの板橋氏と出会い、わずか半年で日本最大の釣具越境ECサイトを構築。 2ヶ月目から3桁売上、1年後には日本釣具メーカー各社より海外販売の支援を取り付けるなど、2020年までに海外売上単体で5億円を目標としている。

■【個別相談 14:30~15:30】

 

■今回のセミナーはこのような方に最適な内容となっている

  • 既に越境EC事業を始めたが、思うように売上げが伸びないと悩んでいる方
  • メーカーとして越境ECを始めたいが、社内に人材がないので困っている方
  • 業界の将来が不安なので、新規事業として始めようとお考えの方
  • 短期で新規事業を立ち上げ軌道に載せたい方
  • 複数の事業を持っているが、どれも中途半端で二進も三進も行かなくなった方

 

■開催概要

  • 日 程:2019年5月29日(水)
  • 時 間:13:30〜 ※開場:13:20
  • 参加費:無料
  • 定員:30名
  • 会 場:ソシオ大宮 6F 貸会議室
  • 住 所:埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目71 ソシオ大宮6F 最寄駅 :JR大宮駅 徒歩7分
  • 申し込み期限:5月28日(火)24時まで

 

■お申し込み

参加は30名に達した段階で締め切りとなるので、気になった方は今すぐお申し込みいただきたい。
・セミナーの詳細と申込みはこちらから⇒ https://www.live-commerce.com/seminar/cross-border.html

関連する記事

越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.August)... 2018年も8月。日本各地、梅雨明け以降、連日の猛暑日が続いている。台風も発生し、関東沿岸を通過するなど荒れ模様だ。今年の夏は立秋を過ぎてもまだまだ猛暑日が続くと予想されている。猛暑日は水分補給を充分行っていただきたい。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体...
越境EC 韓国の集客ポイントは? 先週2月9日から、4年に一度の”冬の祭典”冬季オリンピックが、韓国、平昌で開幕した。 日本人選手のメダルラッシュが伝えられる中、今回の入場式では、選手団のスマートフォンでの撮影シーンが目立っていた。 これは、韓国Samsung Galaxyが、IOCと共同で出場選手や大会関係者全員に4,0...
越境ECは観光事業を拡大する有効なチャネルである... 日本を訪れる外国人観光客数は年々拡大し、観光庁の発表によると、2018年は過去最高の3,119万人(前年比8.7%増)となった。 昨年のトップは中国の838万人、次いで韓国753.9万人、さらに台湾の475.7万人、香港の220.8万人、アメリカの152.2万人と続いている。 そして、旅...
今さら聞けない?新マーケティング用語... Webマーケティングではその概念や用語が日々進化し、新しい用語であったり、マーケッティングの仕組みやニュアンスといったものが変化している。そのスピードは速く、その中身もさまざまに多義化し難しいものになっているようだ。 今回は、そのマーケッティング用語として昨今、新しい概念として定着した感のあ...
2020年ネット広告は動画広告が牽引 嫌悪感も多いネット広告のあるべき姿... 以前のブログ、「2020年の日本の広告費 広告メディアを牽引する運用型広告とは」で記したが、2020年の日本の広告費は6兆1,594億円(2019年は6兆9,381億円)と前年比88.8%となり、9年ぶりに減少となった。 広告費全体では減少する中にあって、インターネット広告費(インターネッ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ