« ブログのトップページに戻る

越境ECセミナー開催 『衰退か、成長か?』

   投稿者 : 2018年6月27日 By

イメージ画像

日本に居ながらにして、全世界の人々を相手に商売ができる「越境EC」に大きな注目が集まっている。
今回は、その越境EC事業で2017年後半から毎月150%の売上を記録している”Dicovery Japan Mall”。
その現場でマーケティングに注力し、様々な施策を試みているデジタルスタジオの代表、板橋とさらにデジタルスタジオ営業部、福永による、「最新の越境EC情報」と「新たなITシステムで変革するビジネスモデル」について参加費無料のセミナーを開催する。

●セミナーは7月27日(金)
内容は最新の越境EC情報と新たなビジネスモデル

 

●【第1部 14:30~15:10】衰退か、成長か? 『独自型サイトの逆襲 儲かる越境EC最前線2018年』

講師:株式会社デジタルスタジオ 代表取締役 板橋憲生

越境EC事業の最前線でマーケティングの舵取りを行っているデジタルスタジオの代表である板橋より、最新の越境EC情報について講演する。

●講演者プロフィール

越境EC利用者No1プラットフォーム「Live Commerce」の開発と運用を手がけ、現在は海外向け商品発見メディア「Discovery Japan」にて海外100万人ユーザーとのネットワークを構築。海外向けにビジネスをしたい企業をインフラとマーケティングメディアの両方から支援する。

 

●【第2部 15:20~16:00】2025年に向けた変革ビジネスモデル 『海外販売BtoBとは』

講師:株式会社デジタルスタジオ 営業部BtoB担当 福永貴祐

メーカーにとっての問屋、問屋にとっての小売店、流通の過程にITを導入したメーカーや問屋はビジネスモデルの変革に成功し、新たなビジネス再構築に成功した。
いったいどうやって? 旧態依然としたビジネスモデルの変革を行う場合、ITシステム導入の秘訣とは?

 

●今回の越境ECセミナーはこんな方にオススメしたい!

  • 越境ECの最新情報を知りたい方
  • 海外販路拡大、新規越境ECプラットフォームをご検討中の方
  • 独自型越境ECサイトで売上をもっと拡大したい方
  • Googleショッピング広告の活用法を知りたい方
  • ITシステムでビジネスモデルを変革したいメーカーや問屋の方

 

●開催概要

  • 日 程:2018年7月27日(金)
  • 時 間:14:30-16:00 ※開場:14:00
  • 会 場:貸会議室6F
  • 住 所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル6階 (最寄駅 JR大宮駅)

 

  • 参加費:無料
  • 定員:50名
  • 申し込み期限:7月25日 24時まで

 

●お申し込み

参加は50名に達した段階で締め切りとなり、次回開催も未定なので、
気になった方は今すぐお申し込みいただきたい。

・申し込みフォームはこちら⇒ https://www.live-commerce.com/seminar/

関連する記事

東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
中国最大の検索エンジン「百度」を知ってますか?... 今年1月9日、中国大手IT企業、百度(Baidu)はアメリカはロスアンゼルス、コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)にて、自動運転のオープンソフトウェアプラットフォーム「阿波羅(アポロ)2.0」を発表した。 アポロは「百度」のAI戦略の一つで、自動運転の為のプラットフォームであ...
海外のECサイトマーケット情報 海外のECサイトを運営している会社、そしてそのマーケットシェアはどうなのか最新の情報をまとめてみた。 まず、昨年度2015年10月の結果は次の図の通りで、1位がWooCommerce、Magnentoが2位であった。結果的に両社のマーケットシェアで約半数となり、この2社が独占していると思われ...
インバウンド集客には何が重要か 2018年9月12日、日本政策金融公庫総合研究所が融資先の中小企業3,290社(小売業や飲食店・宿泊業・運輸業など)を対象に行った「外国人観光客の受け入れに関するアンケート」の結果を発表した。 その調査結果によると、中小企業の外国人観光客受け入れについては過半数以上が前向きで、積極的な受け...
越境ECサイト・国内ECサイトのCMSを比べてみた... 経済産業省が発表した2017年の日本の国内BtoC市場は、16兆5,054億円と前年より9.1%上昇し、さらにEC化率も5.79%(物販分野)と伸長している。 しかし、EC化率(ECの売上が小売全体の売上に占める割合)は世界に比べるとまだまだ低いという現況がある。 ちなみに、EC化率の高...
越境EC “言語”のハードルを超えるには... 越境ECの第一のハードルは言語である。国内ECサイトから仕様を海外販売のサイトにチェンジしサイトを構築するには、まずサイトを日本語で作成し、そのあとに、英語、中国語などにテキストを翻訳していく必要がある。 日常会話ならなんとか訳すことはできても、越境ECの場合、商品情報や専門用語などユーザー...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。