« ブログのトップページに戻る

越境ECモールにはどんなものがあるの?

   投稿者 : 2016年9月8日 By

イメージ画像

越境ECを構築すれば、これまでのマーケットを世界に広げることができる。越境ECは、海外に販路を広げるためにはもっともリスクの少ない方法である。海外を視野に入れると、日本では注目されないものや、思いがけないものが高額で売れることもある。
そこで、今回は海外に販路を広げるための一つの方法として、「海外向けのECモールに出店する」ために、「日本の越境ECモール=海外向けECモール」にはどのようなものがあるかを調べてみた。

 

●越境ECモール出店のメリット・デメリットを押さえておこう

 

海外向けECモールに出店する前に、まず、amazon.comなどのECモールに商品を出品するのが第一歩だ。出品し海外販売できれば、商品を揃え、モールに出店をするのが良い。
1から海外向けECサイト構築をするのではなく、海外向けECモール出店するメリットとしては、初期費用がほとんどかからないものが多いということ。低コストで低リスクであること。翻訳サービス、集客サービス、顧客対応サービス、決済サービスなど予め用意されている場合が多いということ。そして、何より出店、海外販売まで時間がかからないなどがある。
メリットが多い海外向けECモール出店だが、デメリットもある。日本のECモール同様、出店サービス料や販売手数料がかかること。また、デザインが画一化しページ内容やコンテンツ編集の自由度がない、掲載内容に制限がかかる場合がある、などがある。

次に「日本の海外向けECモール」にはどのようなものがあるのかを見てみよう。

 

●オークションだけではない、海外出店も出来る「eBay Store」

 

ebay画像

Webスキルなどなくても、簡単にeBayの中に海外に向けて自分のお店を持てるのが、このeBay Storeである。eBayアカウントの登録し、eBayストアの種類を選択し利用することができる。
ストアのデザインカスタマイズもでき、購入者拡大のためのクーポンやさまさまなマーケティングツールが用意されている。

料金プランは出品数により3種類あり、主な内容は下記のようになっている。

  • ベーシック(Basic):150点まで出品手数料無料($15.95/月額) 落札手数料4%〜9%
  • プレミアム(Premium):500点まで出品手数料無料($49.95/月額) 落札手数料4%〜9%
  • アンカー(Anchor):2,500点まで出品手数料無料($179.95/月額) 落札手数料4%〜9%

 

参考:https://www.ebay.co.jp/selling-support/store/ebay-stores-subscriptions-fees/

Live CommerceではeBay出品ツールで簡単にeBayに出店することがきる。https://www.live-commerce.com/eBay/

 

●モール出店するだけで海外販売できる「Ponparemall JAPAN」

 

ponparemall画像

今年、2016年1月27日よりリクルートライフスタイルが運営する「ポンパレモール」ではモールに出店している店舗は、手数料は無料で「Ponparemall JAPAN」に出品できるようになった。商品情報の翻訳や決済、配送、カスタマーサポートなどは「Ponparemall JAPAN」が代行し、「ポンパレモール」出店した店舗は、これまでの体制を変えることなく、海外販売も行うことが可能となった。
『Ponparemall JAPAN』に出品された商品は、 78万⼈以上の会員基盤を持つtenso社が運営する、海外転送・代理購⼊サービス『Buyee』の世界84カ国・地域の会員(2015年12⽉末時点)が購⼊することができるというものである。まずは、本家「ポンパレモール」に出店をするということが前提となる。

 

●楽天市場の海外ユーザー向け店舗=「Rakuten Global Market」

 

rukuten

「ポンパレモール」と同様、楽天市場にも同様のサービスがある。これは、楽天市場モールに出店し、さらに海外販売サービスに申し込むと、初期費用・固定費無料で海外向け楽天市場「Rakuten Global Market 」で海外展開ができるというものだ。
「Rakuten Global Market」は4ヶ国語(英語・簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語)で展開でき、アメリカ、中国、台湾、韓国など、世界に向けて販路を拡大できる。
外国語ページは自動翻訳され、外国語ページが自動で作成される。また、EMS自動印字サービスや国ごとのインボイスや配送伝票なども作成可能である。初期費用・月額利用料は無料だが、サービス利用料として売上げの4.0%(税別)の支払いがある。

参考:http://www.rakuten.co.jp/ec/environment/promo/kaigai/

 

●独自の海外配送センターを持っている「ジャパンショップス」

 

japanshops画像

モール開設、10年の経験とノウハウを持つ「ジャパンショップス」は世界の国々に対し、安価でインターネット販売を開始できるショッピングモールである。htmlやCSSなど専門知識がなくても、海外ECサイトを作ることが可能となっている。
また、「ジャパンショップス」では海外に独自の配送センターを設けているので、店主は商品が売れたら、配送センターに商品を発送するだけで良い。

料金プランは3種類あり、下記の内容になっている。

  • エコノミープラン 初期費用 157,500円~  月額費用 25,000円~
  • ビジネスプラン 初期費用 210,000円~  月額費用 40,000円~
  • ファーストプラン 初期費用 315,000円~ 月額費用 80,000円~

 

●管理ツールで設定ができる「Jzool.comマーケットプレイス」

 

jzool画像

 

海外向けて商品を売る場合に感じる障壁、例えば、海外顧客対応、商品情報の英語化、海外配送、外貨決済など、様々な問題に対しサポートする機能を備えているのが、「Jzool.comマーケットプレイス」である。
「Jzool.comマーケットプレイス」は2008年オープン以来、日本から海外販売するショッピングモールに特化してきた。機能も豊富で定型メール、インボイス、英語による顧客対応、英文翻訳、配送料金テーブルなどがある。
また、「セラーステーション」という管理ツールを使って、商品情報の登録、在庫情報の更新、注文の管理、送料設定などができる。

料金は初期費用は¥9,800と同額がだが、下記の3種類のプランが用意されている。

●追い越せ国内売上げ 

  • 月額システム利用料 (税別)¥24,800(1ヶ月)
  • 売り上げ手数料 $10,000 以下の部分 5.0%~

●ついでに海外進出 

  • 月額システム利用料 (税別)¥17,800(1ヶ月)
  • 売り上げ手数料 $10,000 以下の部分 6.0%~

●はじめての海外 

  • 月額システム利用料 (税別)¥9,800 (1ヶ月)
  • 売り上げ手数料 $10,000 以下の部分 7.5%~

また、「Jzool.comマーケットプレイス」では、サービス開始記念で初期費用0円、月々920円、販売手数料20%のキャンペーンを行っている。

出店サービス:http://company.jzool.com/marketplace

 

●世界を網羅するECモール「Japan Brand Online」

 

japan-bland-online画像

インターフュジョン社の海外向けECモール事業として「Japan Brand Online」は国単位ではなく、言語圏でのカバーを基本としており、言語対応は英語、ロシア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、中国語。通貨も円、米ドル、ユーロ、ポンド、人民元、香港ドルに対応しており、最大世界で95%のユーザーを網羅している。

料金プランは一つで下記の内容となっている。

  • 初期費用:15,800円(税込16,590円)
  • 月額費用:9,800円(税込10,290円)
  • 売上販売手数料:30%

 

●Live Commerceが運営する「Discovery Japan」

 

discovery_Japan画像

 

Live Commerceでは越境ECモール「Discovery Japan」を9月末まで試験運用している。これは、Live Commerceを利用して海外展開をしているお客様を対象に、販売している商品を「Discovery Japan」モールでも販売を可能にしたものだ。
商品情報の翻訳、商品プロモーション、顧客対応はLive Commerceで行い、商品発送のみをお客様が行うかたちとなる。
特徴は商品プロモーションとしてYoutube動画を作成するサービスだ。商品レビューは動画作成され、Youtube動画として公開される。料金に関してはかかる費用は売上手数料のみ。9月末までは0円だが、10月以降は15%の手数料を支払う内容となる。

 


上記サンプル画像の商品「コメ油」の商品プロモーションとして公開されているYoutube動画

 

まとめ

海外ではどんな商品が売れるかわからない。今は日本製品や商品が、注目を集めている。アニメ、キャラクター、ゲーム、伝統工芸品、家電などの商品を海外に販路を広めたいが、英語スキルがない、集客方法がわからない、決済、配送などどうすればよいかわからないなど、スキルがない場合には、「海外向けECモールへの出店」から始めてみるという選択肢もあるのではないだろうか。

関連する記事

2016年のEC市場 越境EC市場、まるわかり!!... 経済産業省は4月24日、「平成28年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」 (電子商取引に関する市場調査)の結果を発表した。 内容は2016年の日本の電子商取引市場の実態や日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向についての調査結果である。 今回はこの結果をベースに国内のEC市場や越...
インドの越境ECポテンシャルは? 今後、10年も経たないうちに、世界の全て産業は3つの市場に絞られていくだろうと言われている。 それはアメリカと中国そして、インドである。インドは若い世代が多い。そして消費意欲も高い。 インドの2015年~2018年のオンラインショッピングの平均成長率を見ても38%と急激な伸びを見せている...
日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている... 今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。 中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているよう...
中国越境ECマーケティングの鍵 網紅(ワンホン)とは?... 中国の越境EC規模(中国・日本・アメリカ間)、2016年は2兆1,737億円、前年比32.6%の伸びと世界第1位の市場規模であった。中国消費者の日本からの購入額は1兆366億と前年比30.3%の伸びで、初の1兆円超えとなった。 訪日中国人も過去最高の約637万人となっており、訪日外国人数で...
EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始... 平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。 これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外...
ドイツ、スウェーデン、ルクセンブルクの2015年のEコマースをレポートする... ドイツでのオンラインやメールオーダーの注文による売り上げが昨年度より12%も増加している。この増加 は、店舗での販売を大幅に超えている結果となり、成長率は3.1%、2015年のドイツでのオンライン販売総売り 上げは598億ユーロという莫大な金額だ。 今回はドイツ、スウェーデン、ルクセンブルグ...

タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。