« ブログのトップページに戻る

越境ECの「今」を知る。 Live Commerce オンラインセミナー 12月7日11時

   投稿者 : 2016年12月6日 By

先日、11月15日(火)に渋谷ヒカリエにて行いましたセミナーのオンラインセミナーをLIVEにて開催します。申込は明日の午前10時までです。
オンラインセミナーですので、今回はご自宅・職場から気軽に視聴・参加できます。開始時間は明日 7日11時からです。

以下の課題をお持ちの経営者・ご担当者様はご参加ください。

  • 日本の商品を海外に売りたいが上手な方法を探している。
  • 日本の商品を海外に売りたいが、以前やったけど上手く行かなかった。
  • 単独で越境ECサイトを立ち上げるか、モールから始めるか迷っている。
  • Live Commerce と Discovery Japanの違いについて。

セミナーはオンライン形式のため、パソコンだけあれば日本を問わずどこからでも視聴・参加が可能です。ごセミナー開始10分前になりましたら、専用のURLをメールにてお送りします。

海外に日本の商品を売りたいとお考えの方はセミナー参加をご検討ください。

■セミナー概要

日時 :12/7(水) 11:00
参加費用 : 無料
定員 : 15名 ※定員になり次第〆切とさせていただきます。
申込み期限 : 12月7日(水) 10:00

皆様からのお申込みをお待ちしております。


Discovery Japan 広告テクノロジー

私、板橋は実は今ネットショップの店長、というかDiscovery Japan事業そのものの責任者であり事業=私と言ってもいいぐらいです。ネットショップといってもモールの運営ですから、モールに出店いただく企業様に対する集客を每日やっています。

具体的にどんなことをやっているかというと、検索エンジン系とSNS系に絞り込んで露出を段階的に増やしています。この最先端の広告テクノロジーと日夜格闘しながら、Discovery Japanに掲載された商品が世界中で必要としている人にリーチできるようにプログラムを組んだりして最適化を行っています。

ECサイトの広告って数点しかない場合だとリスティング広告+ランディングページという定番のパターンですよね。でもモールのように数万点の商品になると、それは現実的にできないので商品フィードという広告が最適で、BingとかGooglefacebookなんかがそれを提供しています。

この商品フィード広告というのはリスティング以上に広告出向に関する条件が厳しく、画像の大きさとか説明文の長さとか色々と制約があって、各ショップごとにこのデータ形式がまちまちだったりすので、この巨大な商品データをフィードにあうように平準化し整形するためにプログラミングにより自動処理が必要になってきます。現在、こうしたプログラムを開発したりしてストア様の商品露出を各検索エンジンに対して行っています。

モールを開発し運用するだけでも大変ですが、モールに掲載された商品データをGoogleやfacebookの形式に更に整形するプログラミング処理もまた大変ですが、全てが新し試みなので、やっぱり楽しさはあります。

Googleショッピングというのは、本当に商品数が多いショップにとっては便利で、現在は先進国で主に提供されていますが、フィリピンやメキシコといった新興国向けにも現在準備が進んでいるようです。


Discovery Japan 売れた!

Discovery Japanが正式にオープンしたのは10月1日で、翌11日に プレスリリースを行ってから約2ヶ月ですが、まだ「売れてますよ!」って力強く言えるまでには達していませんが、それでも每日ポツポツ程度ですが、確実に受注数は増加しています。当社の顧客でも半年間全く売上がなかったショップが、突然海外から受注が入ったりするので、このギャップに顧客も驚きと喜びで、てんやわんやしながらも海外販売、越境ECは日々進化の每日です。

 

1日に数百から数千件の受注を処理することが目標なので、まだ遥か彼方ですが、それでも每日1件1件細かく見ると、日本の化粧品は全般的に海外販売に強いことがわかりますね。日本に対する海外の人たちっていうのは、日本の化粧品は質がいいってことなんでしょうね。

每日受注を見るという作業は、単純作業ですが、単純作業を繰り返しているだけでもやっぱり学べることはたくさんあります。先日は管理画面の受注データからEMSのラベル印刷機能を開発したし、現在は不正注文検知APIをバックエンドでかませて、受注審査を半自動化したりとか、、越境ECで不安とされる要素を徹底したシステムを組むことでコストを抑えつつ大規模にスケールアップできる体制に向けて色々と最適化できるアイディアが浮かんできます。

まだまだですが、每日少しづつ進化しています!

関連する記事

Live Commerce 2017年にやること 今年もあと約1ヶ月あまりとなったが、今年もLive Commereを進化させることが出来た。 Live Commerceの今年の動きを振り返ってみたいと思う。 今年は2つの大きなアップデートを行った。 Live Commerceのアップデート 管理画面のデザイン等の刷新 1つ目は6月に行...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。