越境ECビジネスモデル塾 テスト済み越境ECの意味について他

今回の配信は 2020年 1月31日配信分の要約になります。

当社のウェブサイトには「テスト済み越境ECでスタートできます」とコピーを掲載しているのですが、これを書いたのは私自身です。というのも、プロはどんな商材であっても蓄積したノウハウと経験により確実に成果をだすことが保証されていなければなりません。必ず再現させることです。越境ECであるならば海外からの注文をオンライン上で作り、利益を生み出す事業として成立させるところまでです。

ですが、先日とある会社の打ち合わせに参加して、いまだにこんな会議をしていたので、ちょっと紹介したいと思います。

海外からのオンライン注文を獲得するためには、外国人が違和感なく使えてバグもなく、使いやすいカートシステムが必要です。加えて新規の顧客を獲得するための広告技術が不可欠となります。要はビジネスに耐えられるカートシステムと、ビジネスを作るための広告です。

企業の役員クラスの寄せ集め会議で、感情論による「日本の商品は高品質」だからとか、「海外でもよく見るし、日本の商品ならまだまだ需要がある」なんていう個人主観でははっきり言ってギャンブルをしているようなものです。結果は、売れた、売れない、売れた、売れない、売れない、というように安定しません。感情論が事業のスタート地点なので売れた時になぜ売れたのか彼らはよくわかっていません。統計データもしかりで、マクロ経済では日本の商品のオンライン売上高は増えていても、それを支える技術が担保されていればの話です。

広告技術とは、A/Bテストによって実証された高コンバージョンが獲得できる広告クリエイティブのことです。それからどこ(誰に)に配信するのかを技術的に解決する2つの技術のノウハウです。

カートシステムは広告から着地したページが広告コピーと完全一致している必要があり、さらに最初に目に入る情報量をコントロールする必要があります。目に入ってくる情報量が多すぎると人は選択ができなくなる生き物です。この情報量はブラウザで何もスクロールしない状態で、何をどの順番で見せると自然なのか、離脱しないのかを科学的に解析した結果のページを当社はもっているので、広告からのコンバージョンが獲得できているのです。カートシステムは運営側の運用支援を担う機能面とこうしたマーケティング戦略を確実に実行するためのファーストページの情報コントロールという技術を実装したものである必要があります。

 

私は海外市場で、自社で何度も繰り返し行なってきた広告技術により100か国以上から受注をしていますから、クライアントの案件で広告を運用するときもスタート地点がゴール手前あともう少しの地点から開始になりますので、あとはクライアントの商材にあわせて広告を微調整すれば成果が確実に出すことは当たり前になっています。プロは商材が変わっても海外市場という前例のない新規事業でも結果をだせ…..

続きは Live Commerce メールマガジンで  購読

関連する記事

EMS / ヤマト国際宅急便 料金・配送可能国の比較表... 海外向けネット通販の配送といえば郵便局でおなじみのEMSですが、6月1日にEMSの料金改定ということもあり、EMSとヤマト国際宅急便の配送可能な国を比較してみました。以外にもEMSは主要な国はカバーしているものの、中南米やアフリカ大陸といった地域になるとヤマト国際宅急便の方が網羅していることが分...
越境EC 海外配送の各社取り組み 越境ECを始める際に重要なのが、海外配送手段の知識を得ておくことである。 海外配送には、大きくわけて、国際郵便と国際宅急便の2種類がある。 EMSは国際郵便の一種であり、国際郵便の運営は万国郵便連合加盟国の各国の郵政庁など公的配送会社となっている。日本では、日本郵便、アメリカではUSPS...
【越境EC】EMSが休止の今 FedexとDHLを比べてみた... 日本郵便は新型コロナの影響で4月24日、アメリカへの引き受けを停止すると発表した。4月24日時点では、EMSおよび航空扱いの引き受けをているのはアメリカを含め、146か国・地域において一時停止すると発表している。 あれから、2ヶ月程経つが、国、地域によっては多少は再開されつつあるが、アメリ...
意外と高い 日本人の越境EC利用状況 株式会社ジャストシステムは、2月25日、セルフ型ネットリサーチ「Fastask(ファスクアスク)」モニタのアンケート調査で『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年1月度)』を公表した。 その調査内容には、日本人消費者の海外ECサイト利用に関する調査内容も含まれていた。 今回は...
越境ECコンサルタントって存在するのだろうか... 越境ECサイトを立ち上げるので、海外販売について相談に乗ってほしい。 この手のお問い合わせの特徴としては、まずは海外に目を向けてビジネスをスタートさせたいという気持ちだけで問い合わせが来ます。 当社としてはこの内容のお客様の場合、お客様としてもまだ頭の中が整理されておらず、抽象的な表現でお問...
中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?... お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。 市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。 しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出し...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ