« ブログのトップページに戻る

コンテンツマーケティングに向けて!ペルソナを把握する方法

   投稿者 : 2014年5月18日 By

新たな年度に入り、コンテンツマーケティング戦略を改善したい経営者の方も多いのではないでしょうか。そこで、そのための有効な手法のひとつとして、購買層のペルソナ(=商品・サービスにとって、最も重要で象徴的なユーザーモデル)を作成してみる、という方法を試してみましょう。

なぜペルソナ把握は大切なのか

購買層のペルソナを把握するためには、すべての顧客に対して、その購買行動の特徴やパターンなどを分析する必要が生じます。その過程において、「購買するまでにどのようなところで商品のリサーチをするのか」「どのくらいの期間リサーチするのか」「購買の決め手は何か」などといった情報を詳細に知ることができます。

こうして得られたペルソナの行動パターンに合わせて、どのようなコンテンツを見せることが最も効果的かを把握することが可能です。また、ペルソナが複数見つかることも多いので、ペルソナ別にターゲティングしながらコンテンツを作成することもできます。ペルソナを把握する最大のメリットは、このようにコンテンツ作成におけるガイドとなるような情報を具体的に得ることができる点にあります。

それでは、実際にペルソナを把握する方法を3つご紹介しましょう。

1 顧客から直接情報を集める

まず1つめは、顧客に対してアンケート調査を実施する、顧客登録時にあらかじめ入力してもらった個人情報を活用するなど、顧客から直接提供された情報をペルソナ分析に用いる方法です。余裕があれば、直接電話をかけて顧客の声を集めてもよいでしょう。

顧客の意見を聞く際には、年齢・性別といった統計的な情報だけでなく、次のような購買行動に関する質問を投げかけましょう。

・なぜこの商品を購入したのですか?
・購入した商品について、決め手となったポイントは何ですか?
・商品についてのリサーチをする前は、どの程度商品のことをご存知でしたか?
・この商品を見つけるまで、また購入すると決めるまで、どのくらいの期間を要しましたか?

ただし、質問数が多いと答える気持ちを削ぐ場合もありますので、あまり多くを聞きすぎないように注意することも大切です。電話でのアンケートなら5分までに終わらせるように心がけましょう。

2 顧客情報をマーケティング・ファネルに落とす

一般消費者から顧客へと導くプロセスを、広い口がだんだんと狭まる形状に例えて、「マーケティング・ファネル(漏斗)」と言います。特にEコマースでは、Attention(注目)→Interest(関心)→Search(検索)→Action(購買)→Share(共有)というプロセスをたどるとされています。

2つめの方法は、顧客から得られた情報から、マーケテイング・ファネルの各プロセスに存在する顧客像を特定し、その分析結果をマーケティングに活かす方法です。例えば、Action(購買)に至る顧客像を特定できれば、ターゲットを絞って広告を打つなど効率的なプロモーションが行えますし、Search(検索)までは行くけれどもAction(購買)に至らない顧客像を把握できれば、その層にだけ理由を尋ねるアンケートを実施することもできます。

3 決め手となるコンテンツからペルソナを割り出す

3つめの方法は、顧客が情報を収集したり、購入を決定したりする際に重視しているコンテンツから、ペルソナを分類するという手法です。例えば、動画サイトYouTubeのコンテンツを見て購買を決める人、画像投稿サイトInstagramでの人気を比較して商品を選ぶ人など、顧客によって購買の参考とするコンテンツはさまざまです。

たいていの場合、1の手法で分析したペルソナグループごとに、重視するコンテンツも似通っていることが多いので、そうした情報も意識的に念頭に置いておきましょう。グループごとに発信するコンテンツを絞れば、より効果的にアピールでき、さらなる購買につながりやすくなります。

まとめ

最後に、やや旧聞に属しますが、ペルソナ分析を活用して、ヒット商品が生まれたアサヒビールの事例をご紹介します。アサヒビールが「第3のビール」の影響を受け、縮小を続けていた発泡酒市場に、「クールドラフト」というヒット商品を出すことができた背景には、ペルソナ分析に基づくマーケティングがありました。

消費者アンケートから、「最近自分たち向けの発泡酒が発売されていない」と認識している人が多いと知ったアサヒビールでは、定量的なデータ分析から、対象を30代後半以降の男性に絞り込み、10人から家族構成・ライフスタイルなどを詳細に聞き取りました。そして「年収900万円の44歳の自営業者で、家族は1歳下の妻と長男16歳、長女13歳の4人家族で都内在住」といったペルソナを4つ作り上げ、より具体的でイメージのしやすいターゲティングが行えた結果、ヒット商品の開発につながったのです。

以上のように、購買層のペルソナが把握できれば、コンテンツマーケティングの戦略もぐっと立てやすくなるのです。この機会にぜひペルソナ分析を実施し、その結果を活用してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 4... コンテンツマーケティング講座も今回で最後になります。この回では、コンテンツの拡散にとても役立つ、Facebook広告をご紹介します。 もちろん広告を打たなくても、顧客の関心を引くコンテンツを作り、その発信に力を入れれば、コンテンツマーケティングは徐々にその効果をあげます。そのためFaceboo...
社員を本気にさせる!コンテンツマーケティング導入術... 今やコンテンツマーケティングは、企業がマーケティング戦略を進める上で必要不可欠なものになりつつあります。今回は、あるマーケティング会社が、自社用にコンテンツマーケティングを導入した際に得た教訓をお伝えします。単なる技術的なコツだけではなく、さまざまな驚き・発見があったようです。成功したことからも...
初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 3... 今回は、動画・ブログなど作成したコンテンツをどのように発信していけばより効果的なのか、ということをお伝えしていきます。 効果的な発信方法とは? コンテンツの露出度を高めるため、具体的には、顧客にEメールでブログの更新を伝える、Youtubeにもブログと同じ動画をアップする、Facebook...
初心者のためのコンテンツマーケティング講座!Lesson 2... コンテンツマーケティングと言うからには、ただ単に商品を並べるだけではない、魅力的コンテンツを作成し、ユーザーに発信する必要があります。キーワードは「ユーザーと対話するコンテンツ」です。魅力的なコンテンツは、トラフィック・コンバージョン・リピーターを生み出します。では、コンテンツ作成の際のポイントを順...
コンテンツマーケティングにがっちり取り組む6つの企業... コンテンツマーケティングを簡潔に言うと、顧客の求める情報を、適切な形でコンテンツとして提供し、購買などにつながる行動を顧客に促す手法ということになります。とはいえ、「言うは易し、行うは難し」とコンテンツマーケティングに悪戦苦闘している方も多いかもしれません。 そこで、実際にコンテンツマーケティ...
英語でブログを書いてくれるサービス... 海外向けのECサイト立ち上げ後に課題となるのが、海外からの集客である。 しかし、現在は英語圏向けにブログで情報発信をすることが実はとても簡単にできる様になっている。英語のブログを書いてくれるサービスが存在する為だ。 今日は、英語のブログをあなたに代わって書いてくれる英語ブログ作成サービスを紹介...

タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。