« ブログのトップページに戻る

市場規模20兆円へ。中国の「越境EC」 ウソかホントか !?

   投稿者 : 2016年10月24日 By

市場規模20兆円へ。中国の「越境EC」は爆買を超えるか?

リンク先はNewsPickの有料記事ですが、このエントリーがアップされた前後でちょうど当社の越境ECモール Discovery Japan がまさにそうした動きがありました。
よって、上記ニュースネタは数字の根拠はともかく、現実的な話だと思っていいと思います。

先日、当社が中国大陸全域にプレスリリースを配信した翌日にと大手ニュースメディアや個人ブログにニュース記事が飛び火。
結果、約2日間ではありましたが直近1年分のトラフィックを稼ぐまでに至りました。

下の図は、本日時点でのGoogle Analyticsの解析結果ですが、中国大陸からDiscovery Japanのサイトへ一気にトラフィックが来たので中国部分だけ色が濃くなっています。

アクセス数でいうと、10月11日と12日に凸がきれいに出ており、この2日間だけを見ると他の日がほとんどアクセスすがゼロであるかのように見えますが、この2日間が通常のアクセス数の100倍ぐらい来てしまったので、9月の終わりの方なんかのアクセス数がグラフ上ではゼロに限りなく近い数字になってしまっていますが、実際には平日でもアクセス数はあります。

あえて、現在のトラフィック数やユーザー数については開示しておりませんが、その2日間がかなりの数字だったことを下記グラフを見ていただければお分かりいただけると思います。

 

 

この爆発的なトラフィックで多くのDiscovery Japanに出店しているショップには中国から注文が入りました。
当社でも全く予測していない商品が売れたり、中国以外のアジア近隣国からも注文が入ったりと、中国を中心とする拡散パワーは日本人が思っている以上に巨大な国際マーケットです。

もちろん会員登録数も2日間で過去最高を記録しており、中国購買パワー、、改めてすごいと感じた次第です。
10月13日以降は中国からのトラフィックが継続的に来るようになり、今後翻訳の改善や中国向けのデザインを改善することで中国向け越境ECはやはり将来性の高いビジネスであることは間違いなさそうです。

関連する記事

「Discovery Japan」の成功事例に見る中国EC市場の最新動向とポテンシャル セミナー... 越境ECで海外展開、商品を販売していて、「思うように売り上げが伸びない」、「集客ができない」、「詳しい越境ECのノウハウを知りたい」など、いろいろな悩みをお持ちの事業主の方も多いと聞く。 今回は、そのような方々に向け、弊社が運営するDiscovery Japan Mallでの成功事例から中...
今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?... ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。 ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...
中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは... 昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。 その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tm...
Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」が拡大中... 2016年上半期、中国EC市場規模は約2兆3142億元(約30兆円)に到達、前年度比43.4%増と発表している。また、越境EC市場に関しては、2016年上半期の市場規模は5125億元、全期予想では1兆1000億元(約15兆円)の見込みと示されている。 中国のEC市場規模はまさに、巨大化して...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。