« ブログのトップページに戻る

「製造業の海外展開」 チャンネルを構築する

   投稿者 : 2015年10月7日 By

イメージ画像

皆さん こんにちは。
さて、「マーケティング」の続きです。
今回は「チャンネル (channels)」についてです。

今迄お話して来た様に、従来は直接販売しか行っていませんでした。
しかし、今後の海外展開を考えた場合に営業方式も従来と同じ考えて良いのか?を検討し直しました。
この発想は、無謀なアメリカチャレンジの反省が活かされています。
結果としては、全く異なった方法に行き着きました。其れは、新たに販売流通チャンネルの構築を行う事です。海外での商習慣の違いを単独でカバーする事は出来ないと言う結論です。

製品として、「制御ユニットの為の製品」と位置づけました。従来は、この制御ユニットを使っているユーザーに対して直接営業活動を行うやり方でしたが、このユニットを販売している人たちに一緒に販売して貰う、お友達作戦で行こう!という事になったのです。
初めての試みです。
このユニットは販売している企業は沢山あります。
何処の企業と手を組むのが(組ませて貰えるかも分かりませんが・・)良いのか?を検討しリストアップをする事にしました。

  • 制御ユニットの販売に関してのシェアはどの会社が握っているのか?
  • どの視点でこの販売企業を絞り込むか?
  • 販売して貰うに必要な中間マージンはどの程度必要か?
  • どうすれば一緒に販売して貰えるのか?
  • 国・地域に何社程度を開拓するのか? 等々

検討し、調査しなければならない事が沢山出てきます。
一つ一つ調べる事、エイッヤ!で決めてしまう事等を繰り返し最低限必要な事を定義して行きました。

慣れない作業でしたが、一旦マーケティングの“3C”と言われる項目のうち、2つを定義する事が出来た訳です。
もう一つの“C”は競合です。
しかし、この点を調べるのはやめにしました。時間的な問題もありましたが、調べる事よりも販売活動の中で模索して行く事としました。

この様な何だか地道な作業を繰り返し、そして拙いながらもマーケティングなるモノにチャレンジし体制を整える事に注力して行ったのです。

そして社内会議にかけ各部署の合意を取り全社一丸体制を作っていく事になります。

如何なって行くのでしょうか? 今回は成功する、させなければとの想いが先走る中、次のステップに移っていきます。

 

写真出典:photoAc

関連する記事

東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
越境EC 中国進出はWeiboに従え 越境ECで商品を販売するとき、中国進出は大きな課題である。中国にはインターネット検閲があり、独自ドメインで中国サーバーを使用し販売するか、中国大手のTmallなどに出店するなどの方法で商品販売するのが正攻法となっている。 しかし、その他にも方法はある。中国の人たちが今、もっともよく情報収集...
越境ECではどんなモノが売れるのか? 日本の国内EC市場は成熟期といわれるなか、越境ECつまり、海外向け商品販売はまだ、黎明期と言われている市場である。少子高齢化により縮小しつつある日本の消費市場から、販路を海外に向け、越境ECに取り組む企業が増えている。日本にいながら、リスクを最小にし、商品を海外にネット販売するのが越境ECである...
押さえておきたい、海外マーケティングの基本... 海外に向けてECサイトを公開した後、次に行うべきは、集客し売り上げを伸ばしてゆくということになる。つまりマーケティングである。海外では自社商品の認知度が皆無に近いものを実際に越境ECサイトを立ち上げただけでは、集客できるものではない。たとえ集客できたとしてもコンバージョンまでにたどり着くには至難...
越境ECの関税はどうなってるの? 10月5日(月)TPP「環太平洋パートナーシップ協定」の交渉が大筋で合意に至った。この協定締結後には関税率が大きく変わることが予想される。 近い将来、特に参加12カ国のなかでもアメリカ、オーストラリアなどでは扱う物品、商品により現時点より関税率が低く統一されることになるので、海外販売を行って...
中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)... 中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。 数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。