« ブログのトップページに戻る

「製造業の海外展開」 チャンネルを構築する

   投稿者 : 2015年10月7日 By

イメージ画像

皆さん こんにちは。
さて、「マーケティング」の続きです。
今回は「チャンネル (channels)」についてです。

今迄お話して来た様に、従来は直接販売しか行っていませんでした。
しかし、今後の海外展開を考えた場合に営業方式も従来と同じ考えて良いのか?を検討し直しました。
この発想は、無謀なアメリカチャレンジの反省が活かされています。
結果としては、全く異なった方法に行き着きました。其れは、新たに販売流通チャンネルの構築を行う事です。海外での商習慣の違いを単独でカバーする事は出来ないと言う結論です。

製品として、「制御ユニットの為の製品」と位置づけました。従来は、この制御ユニットを使っているユーザーに対して直接営業活動を行うやり方でしたが、このユニットを販売している人たちに一緒に販売して貰う、お友達作戦で行こう!という事になったのです。
初めての試みです。
このユニットは販売している企業は沢山あります。
何処の企業と手を組むのが(組ませて貰えるかも分かりませんが・・)良いのか?を検討しリストアップをする事にしました。

  • 制御ユニットの販売に関してのシェアはどの会社が握っているのか?
  • どの視点でこの販売企業を絞り込むか?
  • 販売して貰うに必要な中間マージンはどの程度必要か?
  • どうすれば一緒に販売して貰えるのか?
  • 国・地域に何社程度を開拓するのか? 等々

検討し、調査しなければならない事が沢山出てきます。
一つ一つ調べる事、エイッヤ!で決めてしまう事等を繰り返し最低限必要な事を定義して行きました。

慣れない作業でしたが、一旦マーケティングの“3C”と言われる項目のうち、2つを定義する事が出来た訳です。
もう一つの“C”は競合です。
しかし、この点を調べるのはやめにしました。時間的な問題もありましたが、調べる事よりも販売活動の中で模索して行く事としました。

この様な何だか地道な作業を繰り返し、そして拙いながらもマーケティングなるモノにチャレンジし体制を整える事に注力して行ったのです。

そして社内会議にかけ各部署の合意を取り全社一丸体制を作っていく事になります。

如何なって行くのでしょうか? 今回は成功する、させなければとの想いが先走る中、次のステップに移っていきます。

 

写真出典:photoAc

関連する記事

海外販売に関する補助金・助成金情報(2018.August)... 2018年も8月。日本各地、梅雨明け以降、連日の猛暑日が続いている。台風も発生し、関東沿岸を通過するなど荒れ模様だ。今年の夏は立秋を過ぎてもまだまだ猛暑日が続くと予想されている。猛暑日は水分補給を充分行っていただきたい。今月も補助金・助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体...
東南アジア最大級のECサイトLazada(ラザダ)を調べてみた... 越境EC市場というと中国が中心と言わざるをえないが、今、急成長を遂げ、中国の次のマーケットと呼ばれているのが東南アジア市場だ。東南アジア市場では、東南アジア6カ国で展開しているモール型ショッピングサイトがあることをご存知だろうか?Lazada(ラザダ)というサイトだ。 Lazadaは昨年、...
活用したい!越境EC代行サービス 越境EC市場は、2021年には2017年の2倍に拡大すると予測されている。 2017年の越境EC統計では、日本から対中国・アメリカへ越境ECで販売金額は2兆106億であった。これが、2021年には2倍の約4兆円規模に拡大するとの予測だ。 このように越境ECは今後、インバウンド需要の拡大と...
越境ECは今年も成長、拡大するだろう!(ebayのアンケートから)... 越境ECは右肩上がりの拡大、成長を続けており、6世界の6大市場(英国、米国、ドイツ、北欧諸国、オランダ、フランス)における越境EC の市場規模推計(2013 年)によると250 億US ドルであるが、2020 年にはその約5.2 倍に相当する1300 億US ドルになると予測されている。 そ...
E-コマース ヨーロッパのトラストマーク認証制度... Ecommerce Europeは、消費者、販売者を保護、Eコマース業界をさらに活性化する目的もあり、2015年9月にトラストマーク認証制度を導入した。その結果、ヨーロッパ国内参加国が増え続け、Eコマース業界ではウェブサイトに必須のマークとなりつつある。 Eコマース協会関係組織は、このEc...
越境EC 東南アジアでの売れ筋商品は?... 越境ECサイトを構築すると、日本にいながらにして、全世界の消費者を相手に商品販売を行うことができる。越境EC開設は、アメリカや中国だけではなく、全世界の消費者に向けてビジネスを加速させるチャンスである。 今回は、前回の『国別に見た越境ECでの売れ筋商品』に引き続き、東南アジアの各国別の消費...

タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。