« ブログのトップページに戻る

‘海外市場’ カテゴリーのアーカイブ

加速する越境EC! 今、越境EC市場を捉える

2015年5月26日 火曜日

日本の総人口は、出生率の低下から、大きく減少することは明らかである。(図-1)を参考いただきたい。2010年に1億2806万人だった人口は徐々に減少し、50年後の2060年には8674万人とも予測されている。
さらに総人口の39.9%が65歳の高齢者となる。超少子高齢化社会となるのは周知の事実である。人口が減少すれば、個人消費も同様に縮小するだろう。試算では2010年にあった個人消費234兆円は3割ほど減り157兆円となる予想もある。
そこで、企業は成長と生き残りをかけ、日本だけの需要にとどまらず、早い段階で海外需要獲得のため、海外進出を行う必要があるのだ。最近では大企業でけではなく、中小企業であっても、海外に出店するという例は少なくない。
だが、海外に出店するとなると、コストや時間などを要し、一筋縄ではいかない。小規模な企業においてはハードルが高いといえる。
そうした中、注目され始めたのが「越境EC(Cross border Ecommerce)」である。

今回は昨年発表された、経済産業省「我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備報告書」資料などを基に越境EC市場の現況と今後について見てみたい。 (さらに…)

 

越境ECセミナー開催のお知らせ@北海道・札幌

2015年3月25日 水曜日

おそらく、このブログをお読みのあなたは、日本は人口減社会に突入し、国内だけのビジネスは「どう頑張っても売上が伸びない」という時代認識をお持ちだと察します。 そうした時代を読む力をお持ちですから、この大転換期を乗り越えるには、あなた、ひとりでも、大丈夫でしょう。

(さらに…)

 

PayPal の為替手数料について

2015年2月10日 火曜日

eBayや海外販売での決済といえば、PayPalを使うことになるわけだが、USドルで決済された金額を日本円の口座に資金移動して最終的に売上として計上することになる。

で、口座に資金移動するときに例えば$1000がPayPalの残高としてあった場合、これを日本円換算すると、本日の通貨レート118円とした場合、118000円になる予定なのだが、実際にはもっと少ない金額で表示される。

なぜかというと、PayPalには独自の為替レートをもっていて、市場の為替レートとは異なる。

PayPalには為替手数料という名目で2.5%がチャージされる。 (さらに…)

 

中国向けECトピック、なぜ現地価格より越境ECの方が安いのか?

2015年2月1日 日曜日

お隣の国、中国の電子商取引の成長率だが米国を抜き現在は世界1位になっている。

市場としての魅力はもちろんだが、各国間の政治的関係悪化などで、大手企業を除いては、未だネットベースでのビジネスはほとんど進展がないもの事実だろう。
しかし、この数年で明らかになってきたことがある。それは現地進出して商品を売るよりも、場合によっては越境ECの方が安く商品を提供できるという点である。

今日は、現在の中国のEC市場がどうなっているのかを把握し、今後中国向けネット通販の可能性を考察してみよう。 (さらに…)

 

冷凍や冷蔵が必要な商品を海外に配送するには?

2015年1月14日 水曜日

日本郵便が提供しているEMSにはクールEMSという商品があります。
これは保冷が必要な日本の食料品を台湾・香港・シンガポール・マレーシア・ベトナムへお届けしたい場合に有効なEMSのオプション的な配送サービスです。冷蔵タイプなら0~10度、冷凍タイプならマイナス15度以下の温度帯で引き受けから現地までの配送をしてくれます。引き受け可能な郵便局は限定されていますので、利用する場合は事前に確認しておきましょう。

主に生鮮食品が中心になってくると思いますが、今回はクールEMSをLive Commerce で海外販売をする為に適用する方法をドキュメントとしてまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

EMS国際スピード郵便 クールEMS設定方法