« ブログのトップページに戻る

‘海外向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策

2013年5月3日 金曜日

多言語、多地域向けウェブサイト向けのSEO施策



かなり細かい事なんですが…

Googleが先日発表した多言語、多地域向けウェブサイトの国際化対策として、訪問したユーザーの表示言語に合わせてコンテンツを変更する方法の設定がアナウンスされています。

具体的には次の例をご覧ください。ウェブサイト example.com には、次のように世界各地のユーザーを対象としたコンテンツがあります: (さらに…)

 

feedbuy・cospa・Locari 最新のネットショッピング購買支援サービスでみる、新しいEコマースのかたち

2013年4月30日 火曜日

私たちがインターネット上で商品を買うタイミングは、買いたいものがはっきりしている時だけとは限りません。ソーシャルメディア上で友人がある商品について投稿(シェア)しているのを見かけて興味・関心を刺激され、購入したくなるということも少なくないでしょう。

今回は、最近リリースされたネットショッピングをより楽しくする購買支援サービスから、新しいEコマースのかたちをみていきます。

注目のネットショッピング購買支援サービス

ハイベロシティ「feedbuy」

業界初のオーディエンスコマース「Feedbuy」は、商品情報をFacebookやTwitterで投稿(フィード)するに従って価格が下落して行き、最大100%OFFにもなるというサービスです。

ユーザーにとっては興味ある商品の値段がリアルタイムで下がっていく楽しみ、お得に購入できるメリットがあります。販売主にとっては、ソーシャルメディア上の潜在見込ユーザーに商品をプロモーションできるメリットがあります。

売上をあげる目的より、ユーザーとのコミュニケーションの場をつくるために活用できそうです。2013年5月上旬頃にローンチ予定です。 (さらに…)

 

スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由

2013年4月25日 木曜日

スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。

昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました。今回は、レスポンシブWebデザインの導入メリットを、3つの観点からご紹介しましょう。


(さらに…)

 

フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン

2013年4月22日 月曜日

日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし、多数の企画を生み出すマンパワーが前提となるため、中小企業では中々難しい取り組みですね。

靴下専門ECのArchiduchesseは、フランス製のカラフルな靴下を全面に押し出し、商品力とシンプルかつ美しく仕上げたウェブデザインを強みに業績を伸ばしています。ホームペー ジに並ぶ1列4枚の商品サムネイル画像は、まるで虹の移り変わりを表現するかのようにカラーコーディネートされています。左上から順に、赤、ピンク、紫、青と徐々に色を変化させて、視覚的に楽しみながら商品を選ぶことができます。サイト全体の統一感にも配慮が行き届いていて、右上にある買い物カゴの色調は、最初に目に入る赤・ピンクの商品画像と揃えられています。


(さらに…)

 

Eコマースサイトで商品データ最適化が重要な理由

2013年4月19日 金曜日

インターネット上には様々な集客手段がありますが、Googleの検索結果ページに商品画像を表示できるGoogle商品リスト広告や、例えばCriteoのようなリターゲティング広告など、商品データを活用した集客法に注目が集まっています。今回は、商品データ最適化について見てみましょう。

商品データ最適化とは

商品データ最適化とは、集客用チャネルに登録する商品データをチャネル毎に最適な状態にすることで集客を拡大させる取組みのことです。チャネル毎にデータフォーマットが異なり、必要な情報を適切に登録しないと検索の結果に表示されず、販売機会を失うことも少なくありません。
以下に、商品データを活用した主な集客法を3つ上げ、最適化の結果をご紹介します。

Google 商品リスト広告(PLA)

Google 商品リスト広告(PLA)は、Google Adwordsの広告フォーマットで商品画像や価格、ショップ名といった商品情報を表示できるサービスです。テキスト広告とは違い、商品画像で訴求できることからクリック数の増加(通常の2?3倍)に大きく貢献しているとGoogleからも公表されています。

(さらに…)