« ブログのトップページに戻る

‘海外向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

驚きや感動、安心をお届けする、おすすめ定期購入サービス5選

2013年6月10日 月曜日

その道のプロや生産者が目利きした商品を定期購入できる通販サイト「BoxToYou」が、Yahoo!ショッピングとの連携や資金調達等のニュースで話題を呼んでいます。海外ではすでに注目を集めているオンラインの定期購入ですが、日本でも徐々に増えてきています。

今回は、ミネラルウォーターやお米、トイレットペーパーなどの消耗品を定期的に届ける定期購入サービスではなく、目利きの商品、商品やサービスにコンセプトをもったユニークな定期購入サービス5つをご紹介します。

おすすめの定期購入サービス5選

1.Sakelife

創業から25代も続く老舗酒屋が行う日本酒の定期購入サービスです。厳選した日本酒と、お猪口や徳利などの酒器を届けています。日本酒の楽しみ方や生産風景の紹介、お酒の疑問に答えるサービスを付加することで、日本酒に馴染みのない人を取り込む工夫も施されています。

(さらに…)

 

成長しているサイトの共通点

2013年6月3日 月曜日

成長しているサイトにはいくつかの共通点があります。
その共通点の中で本当に顕著なのは、データに基づいて行動をしているという事です。

ホームページは制作後、「感覚に頼った行動」をすることではなく「データで行動を起こす」ことです。それはアクセス解析のデータを参照して、トライ&エラーを繰り返し改善するという行動です。

 

「解析して改善する方法」があるにもかかわらず、多くの担当者は”独自のやり方”にこだわるので、経費ばかりがかさみ一向に費用対効果が上がりません。 (さらに…)

 

Webサービス・ECの海外展開における最適化戦略

2013年5月16日 木曜日

インターネット上のサービスは、日本に居ながら簡単に海外の方へリーチできるという素晴らしい特徴を持っています。しかしながら、海外展開というのは難しく、自国で上手くいっているものをそのまま海外へ展開するだけでは成功しないことが多いのです。

日本ではトップクラスの存在力を誇る楽天ですら、インドネシア、中国でパートナーシップを現地企業と結び、市場開拓を試みたが2回とも合併事業を解消という結果となっています。この結果には様々な理由が考えられ、ノウハウを持った楽天をもってしても成功するのは難しいことがわかります。今回はこの困難な海外展開において、まずは抑えておきたい必須の基本事項をご紹介します。

1.決済システム

日本ではキャリア決済、クレジット決済が普及しており、ネットでの買い物時に代引きや銀行振込をする方は徐々に減っています。 (さらに…)

 

ファッションECの新潮流!ユーズドマーケットの概念を覆す2つのEC。

2013年5月10日 金曜日

Eコマースの中で、最も活気があるのがファッション分野です。数々のファッションECが出現する中、最近、ユニークなサービスが2つローンチしました。今回は、ユーズドマーケットに新たなコンセプトを打ち出した「MATERIAL WRLD」と「LOVVD」をみてみましょう。

MATERIAL WRLD

MATERIAL WRLDは、ファッショニスタのクローゼットの中身を、売買できるオンラインコミュニティサイトです。ファッションの最前線を行くテイストメーカーが、使用しなくなったアイテムを適正価格で売り、ファッション好きの女性が憧れのテイストメーカーの商品を買うというサービスです。昨年秋にβ版がスタートし、この春、正式ローンチしました。 (さらに…)

 

「ショールーミング」に象徴されるAmazonの強み、それに打ち勝つEC戦略とは?

2013年5月9日 木曜日

ネットで商品を購入する前に、実店舗で商品や価格を確認する行動を「ショールーミング」といいます。この「ショールーミング」、実際に私たちも行っていますよね?この行動が、アメリカで流行っていて、小売店がAmazonに脅威を抱いているといいます。(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37263)

なぜ私たちは「ショールーミング」を行うのか、そして、なぜ私たちがAmazonで購入することを選択するのかを、評価されているAmazonのサービスを知る、さらにAmazonとは戦わずしてEコマースで成功を収める事例を見ながら、Eコマース運営のヒントを見つけましょう。

Amazonアプリが「ショールーミング」を後押し

私たちが「ショールーミング」を行う理由、それはEコマースサイトでは分からない商品情報の入手でしょう。「ショールーミング」の後は、どこよりも安く、即座に商品を届けて欲しいと思うのが消費者の常です。スマートフォンのAmazonアプリを起動し、商品名やバーコードで簡単に目当ての商品を検索します。

レビューを読み、1-Click注文で購入は完了。先日、ヤマダ電機が「打倒アマゾン!」を打ち出したように、この一連の流れに小売店が脅威を覚えないはずはないでしょう。

Amazonが選ばれる3つの理由 (さらに…)