« ブログのトップページに戻る

‘海外向けマーケティング’ カテゴリーのアーカイブ

効果的なコンテンツマーケティングを始めるための3ステップ

2014年1月31日 金曜日

コンテンツマーケティングは、ECサイトを運営するうえで最も重要な課題だ!と認識されている経営者の方は多いと思います。しかしながら、何から手をつけてよいのかよくわからない、という方も多いはず。今回は、効果的なコンテンツマーケティングを導入するための一例を、3ステップでわかりやすくご紹介します。 (さらに…)

 

盗んでみよう!おもしろコンテンツマーケティング

2014年1月23日 木曜日

コンテンツマーケティング

どの企業にとっても、コンテンツマーケティングは今や大変重要な課題であり、「ターゲットになる消費者にとって役に立つ情報は何なのか?」という問いを自ら立て、それに答えられる内容をコンテンツに構成していくことが、優れたコンテンツマーケティングの鍵になります。特に海外販売サイトで成功している企業に共通していることは、ターゲット消費者に必要となる情報を定期的に発信していることです。そこから見込み客を獲得し、見込み客が役に立つと思うコンテンツを発信し続けます。そして注文までのストーリーを展開していることです。英語圏であればWriterAccessCloudSourceで大量の記事を発注できます。

今回は、面白いコンテンツマーケティングを実践している5つの事例から成功のコツを学びましょう。 (さらに…)

 

Facebook VS Twitter 優れている広告はどっち?

2014年1月10日 金曜日

FacebookとTwitterが世界における2大ソーシャル・ネットワークであるというのは疑いのないところです。では企業にとって、どちらの方がより優れた広告ツールを提供しているのでしょうか?4つのカテゴリーごとに両者の広告を比較してみます。 (さらに…)

 

海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する

2014年1月6日 月曜日

Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。

そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げる起業家の為にヒントを紹介します。 (さらに…)

 

海外で売れている日本製品 その2

2013年12月28日 土曜日

海外で売れる日本製品 その1はこちら

海外向けのネットショップをやることができる立場は2つしかありません。

1つ目は法人が自社製品を世界に向けて販売していくという一般的な理由。
2つ目は個人が日本に埋もれている商品を世界に向けて販売していくという副業的な理由。

1つ目を実行できるのは限られた企業しかありませんが、2つ目の理由の場合は全員が対象になります。

個人で挑戦するなら、まずはeBayです。
参加した事のある方なら知っていることですが、eBayには英語、販売金額制限という2重の参入障壁があるので、eBayに参加さえできてしまえば割とどこにでも売っている商品で簡単に利益が出せてしまいます。下はその一例です。これはTerapeak というツールを使うと全て分かります。海外販売にチャレンジしてみては?
当社が開発したeBay用利益計算ツール

  商品 利益
SEIKO腕時計 SBGM031
eBay $5118
Yahoo 398,000円
88,349円
SR-009ヘッドフォン
eBay $4702
価格.com 349,500円
95,206円
Sonyビデオカメラ
eBay $2636
価格.com 198,000円
39,851円