« ブログのトップページに戻る

‘Eコマース’ カテゴリーのアーカイブ

定期購入システム導入にあたってのオンラインセミナー(生放送)

2018年3月28日 水曜日

2018年3月30日(金)11時より、Live Commerce 定期購入システムのライブオンラインセミナーを行います。
定期購入システムのリニューアルを検討中の方や、定期購入通販にこれから新規参入を検討中の方、または越境ECサイトに定期購入商品を追加してリピート通販のようなビジネスモデルに変革をしたい方などが対象です。

既にたまごカートやリピスト、侍カートといった事業者が数年前から同様のシステムを提供しておりますため、Live Commerce の定期購入システムは業界でも最後発のリピート通販システムと言えます。 (さらに…)

 

今さら聞けない! 定期購入カート導入のポイントは?

2018年3月23日 金曜日

イメージ画像

当社、開発のLive−Commerceでも後発ながら、4月より定期購入カートを実装できるようになる。 定期購入とはオンラインショップにおいて、お客様が決めた日に、希望の商品を配送する便利な購入方法である。
定期購入に適する商品は化粧品など日常的に消耗する商材、サプリメントや健康食品などであり、家具やインテリア商品のように一度購入した後には買い替えの必要がない商材には向いていない。最近ではTOTOやナンバーズなどの宝くじにも定期購入の仕組みが導入されているという。
顧客側の定期購入メリットとしては、商品がなくなる度に購入手続きを行う必要がなくなること、商品を安価で買うことができるなどメリットがある。 事業者にとっては、長期的な収益が見込めるなどメリットも多い。
今回はこの定期購入システムを導入する上でのポイントなどをまとめてみた。

(さらに…)

 

定期購入システム カート各社の比較

2018年3月14日 水曜日

Live Commerce ではまもなく定期購入システムを拡張プラグインとしてリリース予定でござます。
昨日時点で、定期購入システムの公式サイトを公開させていただきました。プラグインのリリースは4月1日を予定しております。もうしばらくお待ちください。

定期購入システムは、業界的にはすでに10年以上前から存在しているので、当社のリリースは最後発の最後発になるのではないかと思います。

簡単にいうと、定期購入システムは使ったらなくなってしまうような消耗品を中心に「単品商品」をリピート(毎月定期購入してもらう)してもらうことで、最初のお試し価格は赤字で受注したも、顧客が生涯に購入することを見込んでビジネスを作るというのが定期購入ビジネス(消耗品ビジネス)の本質です。そのために、いかにお試し品の購入から定期購入に移行してもらうかが重要なポイントになってきます。 (さらに…)

 

ebayが日本再上陸 勝算はどこにあるのか?

2018年3月2日 金曜日

イメージ画像

2月27日(現地時間)米ebayはアジア各国で展開するECサイト「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシスから、日本事業を買収したと発表し、実質、ebayは日本EC市場に再度参入することとなった。
ebayは1999年にヤフーオークションと同様のネットオークションサイトとして、日本に進出したが、2002年には撤退している。現在は日本には海外に販売するebay.japanがあるのみである。 今回は、買収された「Qoo10(キューテン)」の概要と今後の日本EC市場でのebay展開の強みなどを検証してみた。

(さらに…)

 

これはやってはいけない! ECサイトデザイン

2018年3月1日 木曜日

イメージ画像

Web技術は日々進化してる。それを支えているのはブラウザである。
現在はブラウザシェアで最大ユーザーを誇っていた、Internet Explorerは過去のものとなり、国内、海外でのシェアナンバーワンはGoogle Chromeである。Chromeは6週間ごとに安定版がリリースされ、アップデートされていて、ブラウザで表現できる技術も広がっている。
Webデザインでできることが増えた分、その新しいテクニックがユーザー体験の足かせになることも多いと聞く。
今回はできることが多くなった分、ECサイトデザインで取り入れてはいけないテクニックをまとめてみた。

(さらに…)