« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

カタログ通販のARカタログアプリがユーザーを増やす秘密

2013年8月23日 金曜日

カタログ通販業界に、AR(拡張現実)の技術を活用したスマートフォンアプリを提供し、立体映像を見せるカタログが増えてきました。AR(拡張現実)とは ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を付加して表示することで、より多くの商品情報を提供する技術です。今回は、このAR技術を取り入れたカタログ通販各社の事例をご案内するとともに、各社のスマートフォン戦略を考えてみましょう。

カタログ通販各社のARカタログアプリ

ベルメゾン カタログプラスhttp://www.bellemaison.jp/special/app/order.html

アプリを起動してカタログ上の「かざしてチェック」マークがついた商品写真にカメラをかざすと、カタログには掲載されていない商品画像や利用シーンの動画を見ることができます。スマートフォンアプリならではの「音声検索機能(android版のみ)」も搭載され、タイピングが苦手な人でも商品検索がしやすくなっています。

(さらに…)

 

来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い

2013年8月22日 木曜日

米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということでも注目を集めた企業です。

Fabは、ローンチ前に多くのメール会員を集めるために、ユーザーが他のユーザーを招待することでインセンティブがもらえる仕組みをもったランディングページを準備。ユーザーが自分好みのデザイン、デザイナーの商品、インスピレーションを簡単に共有できる機能も提供しました。また、デザインをより重要視するユーザーに対しては、サムネイル画像を利用したfecebook広告が功を奏したと伝えられています。

参照:http://www.slideshare.net/fabulis/fab-2011-timeline

では、実際にこのように集めたメール会員に向けて、どういったメールが配信されているかを見ていきましょう。 (さらに…)

 

住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!

2013年7月26日 金曜日

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にありそうです。

米Amazonが2013年6月、米Facebookと連動したソーシャルギフトサービス「Amazon Birthday Gift」を展開するという発表もあり、今後さらに日本でもソーシャルギフトサービスに注目が集まりそうです。日本国内において、すでにリリースされているソーシャルギフトサービスを3つご紹介しましょう。

ソーシャルギフトサービス3選

1.大丸松坂屋百貨店 okurune

百貨店初となるソーシャルギフトサービスです。okurune内でギフトを選び、Facebookで贈りたい相手を指定します。決済情報(クレジットカード)を入力し注文が完了すると、Facebook経由で友達に受取確認の案内が届きます。友達が住所を登録すれば、その住所に商品を届けてくれる仕組みです。
商品ページには「okutte!ボタン」というギフトのおねだり機能もあり、Facebookのタイムラインに投稿されます。これまで、お中元やお歳暮、お祝いギフトの市場をけん引してきた百貨店が、ソーシャルメディアを利用したサービスに参入してきたという点で注目です。

2.giftee

(さらに…)

 

EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始

2013年7月23日 火曜日

平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。

これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外販売できるようになります。Live Commerceを使えば525円から海外販売が可能です。

日本郵便プレスリリース

これから海外販売をしようと検討中の方にとって、新たなビジネスチャンスの到来ですね。
ぜひ、ご検討をお願いします。

 

「夢展望」にみる、SPA型ファッションECのビジネスモデルの可能性

2013年7月8日 月曜日

10代~20代前半の女性向けファッションECを手掛ける夢展望が2013年6月7日に、東証マザーズ市場に新規上場すると発表しました。(上場予定日は同年7月10日)
ファッションEC企業では、スタイライフマガシークスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)エニグモ(BUYMA)に次ぐ5社目の上場です。なかでも、販売商品を自社で企画開発するSPA型ファッションEC企業の上場は、初めてとなります。

夢展望の事業モデルでもある、顧客の声や流行などを反映した商品を企画し、自社のリスクで生産販売するSPA(Speciality store Retailer of Privale Label Apparel)型ファッションECのビジネスモデルについて見てみましょう。 (さらに…)