« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ヤフーショッピング出店無料化、あなたが考えなければならない価値とは?

2014年1月9日 木曜日

現在、ネットショップを持つ事に価値があるでしょうか?

stores.jp や base の登場や Yahoo が発表したネットショップ0円によりネットショップを持つ事自体の価値はほぼゼロになったと思います。
今後、ネットショップを立ち上げる際に何が価値になるか?

これを明確にし、他社との違いを顧客が理解できなければ廃業に追い込まれます。

本日は、当社の商品であるLive Commerceの価値を改めて考えてみたいと思います。
(さらに…)

 

タブレット端末がEコマースに及ぼす影響

2013年11月29日 金曜日

2010年春にiPadが発売されて以降、タブレット端末を使用する人は年々増加しています。

スマートフォンよりも画面が大きく、視認性や操作性の高いタブレット端末は、パソコン並みの環境でインターネットを利用できます。そのうえ、パソコンよりも軽くて起動が早く、バッテリーも長持ちするので、普段使いにもビジネス利用にも便利なツールとして、その需要が高まっています。

増加し続けるタブレット端末は、今後Eコマースにも少なからぬ影響を与えるでしょう。タブレット端末に関するデータを見ながら、これからのEコマースに及ぼすインパクトを予測していきましょう。

タブレット端末の普及状況

2012年には世界で約1億1900万台のタブレット端末が販売されました。そして2016年には、約3億1700万台と約2.7倍の販売が見込まれています。

また、タブレット端末はある特定の年齢層に偏って普及しているわけではなく、どの世代においても万遍なく増加しています。アメリカでの2012年における年代別の増加率を表した下のグラフをご覧ください。65歳以上の年齢層での増加率が一番多く、0歳から11歳までの層での増加率が2番目ですが、どの年齢層でも前年の2倍ほど利用者が増えています。

http://www.getelastic.com/couch-surfing-how-tablets-influence-ecommerce-infographic/

タブレット端末からのアクセスは? (さらに…)

 

保護中: 中国Eコマース最新情報 Macyが中国ECを一時中断した理由とは?

2013年10月15日 火曜日

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

 

カタログ通販のARカタログアプリがユーザーを増やす秘密

2013年8月23日 金曜日

カタログ通販業界に、AR(拡張現実)の技術を活用したスマートフォンアプリを提供し、立体映像を見せるカタログが増えてきました。AR(拡張現実)とは ディスプレイに映し出した画像に、バーチャル情報を付加して表示することで、より多くの商品情報を提供する技術です。今回は、このAR技術を取り入れたカタログ通販各社の事例をご案内するとともに、各社のスマートフォン戦略を考えてみましょう。

カタログ通販各社のARカタログアプリ

ベルメゾン カタログプラスhttp://www.bellemaison.jp/special/app/order.html

アプリを起動してカタログ上の「かざしてチェック」マークがついた商品写真にカメラをかざすと、カタログには掲載されていない商品画像や利用シーンの動画を見ることができます。スマートフォンアプリならではの「音声検索機能(android版のみ)」も搭載され、タイピングが苦手な人でも商品検索がしやすくなっています。

(さらに…)

 

来春いよいよ日本にも上陸!ソーシャルコマースFabのメールマガジン戦略が面白い

2013年8月22日 木曜日

米ソーシャルコマースサービスの「Fab」に、日本の伊藤忠商事が500万ドルを出資したというニュースが飛び込みました。「Fab」といえば、ローンチ前に10万人のメール会員を集めることを目指し、実際にはティザーページ公開後わずか30日で5万人、3ヶ月後には16万5000人ものメール会員を集めたということでも注目を集めた企業です。

Fabは、ローンチ前に多くのメール会員を集めるために、ユーザーが他のユーザーを招待することでインセンティブがもらえる仕組みをもったランディングページを準備。ユーザーが自分好みのデザイン、デザイナーの商品、インスピレーションを簡単に共有できる機能も提供しました。また、デザインをより重要視するユーザーに対しては、サムネイル画像を利用したfecebook広告が功を奏したと伝えられています。

参照:http://www.slideshare.net/fabulis/fab-2011-timeline

では、実際にこのように集めたメール会員に向けて、どういったメールが配信されているかを見ていきましょう。 (さらに…)