« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

住所を知らない相手にギフトが贈れる「ソーシャルギフトサービス」が面白い!

2013年7月26日 金曜日

FacebookやTwitterなどソーシャルメディアを利用して、住所を知らない友人でも、ギフトが贈れるソーシャルギフトサービスが増えています。ソーシャルメディアの利用者が増えるにつれて、誕生日や結婚、出産、引越といった情報が入手しやすくなり、従来よりもギフトを贈るきっかけが増えていることが背景にありそうです。

米Amazonが2013年6月、米Facebookと連動したソーシャルギフトサービス「Amazon Birthday Gift」を展開するという発表もあり、今後さらに日本でもソーシャルギフトサービスに注目が集まりそうです。日本国内において、すでにリリースされているソーシャルギフトサービスを3つご紹介しましょう。

ソーシャルギフトサービス3選

1.大丸松坂屋百貨店 okurune

百貨店初となるソーシャルギフトサービスです。okurune内でギフトを選び、Facebookで贈りたい相手を指定します。決済情報(クレジットカード)を入力し注文が完了すると、Facebook経由で友達に受取確認の案内が届きます。友達が住所を登録すれば、その住所に商品を届けてくれる仕組みです。
商品ページには「okutte!ボタン」というギフトのおねだり機能もあり、Facebookのタイムラインに投稿されます。これまで、お中元やお歳暮、お祝いギフトの市場をけん引してきた百貨店が、ソーシャルメディアを利用したサービスに参入してきたという点で注目です。

2.giftee

(さらに…)

 

EMSでリチウムイオン電池が海外発送の取引を開始

2013年7月23日 火曜日

平成25年8月1日からだそうですが、日本郵便がリチウムイオン電池の海外発送の取扱を開始しました。

これによって、今まで携帯電話を海外へ送ることが不可能でしたが、今後は日本の携帯をEMSで世界中へ発送することができるようになります。iPhoneなどの需要がまた多い地域では日本の携帯電話をネットで海外販売できるようになります。Live Commerceを使えば525円から海外販売が可能です。

日本郵便プレスリリース

これから海外販売をしようと検討中の方にとって、新たなビジネスチャンスの到来ですね。
ぜひ、ご検討をお願いします。

 

「夢展望」にみる、SPA型ファッションECのビジネスモデルの可能性

2013年7月8日 月曜日

10代~20代前半の女性向けファッションECを手掛ける夢展望が2013年6月7日に、東証マザーズ市場に新規上場すると発表しました。(上場予定日は同年7月10日)
ファッションEC企業では、スタイライフマガシークスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)エニグモ(BUYMA)に次ぐ5社目の上場です。なかでも、販売商品を自社で企画開発するSPA型ファッションEC企業の上場は、初めてとなります。

夢展望の事業モデルでもある、顧客の声や流行などを反映した商品を企画し、自社のリスクで生産販売するSPA(Speciality store Retailer of Privale Label Apparel)型ファッションECのビジネスモデルについて見てみましょう。 (さらに…)

 

スマホのショートムービー撮影・共有アプリによるECサイトの動画活用

2013年7月5日 金曜日

スマートフォンで動画を楽しむユーザーが増えています。そんな中、最近はわずか数秒間のショートムービーを撮るアプリが目立ってきました。あっという間にTwitterに買収されたVineが注目をあびる中、それを追うようにInstagramにもビデオ機能が実装されました。

動画を撮ることも見ることももはや難しいことではなく、むしろ新しい発見を求めてネット上で長い時間を過ごす人が増えた今、ECサイトでもショートムービーを取り入れる良い機会ではないでしょうか?話題のショートムービー撮影アプリをみながら、ECサイトでの活用について考えてみましょう。

いま話題のショートムービー撮影・共有サービス

Vine(iPhone/Andoroid)

最長6秒のムービーはループ再生されます。FacebookとTwitterに共有できます。 ループ再生の特徴を活かし商品を組み立てる前と組み立て後、または衣服などを着用して前後を回転して見せるなど、商品の全容をひとめで伝えるのに役立ちます。 Twitterの公式ブログではループ再生の様子がわかる事例も紹介されています。

Instagram Video(iPhone/Andoroid) (さらに…)

 

Google Analytics Eコマース解析設置を標準採用

2013年6月17日 月曜日

本日申し込み分より、Google Analytics (アクセス解析)の解析Eコマースタグの解析を標準にて実装するようにいたしました。
Live Commerce利用者様は自分でGoogle Analyticsのタグを設置しなくても納品時より契約時のメールアドレスにてGoogle Analytics にログインいただくことによりサイトのアクセスデータを参照することが可能になります。

ご利用者様でまだアクセス解析タグの設置がお墨でない場合は当社までお問合せをお願いします。タグの設置は無償にて対応いたします。

アクセス解析を行う意味としては3つ

1.利益を上げる為に
1つ目はホームページに訪問したユーザーが1000人いても、実際に購入に至る人数が5名しかいなければ成約率は0.5%です。 成約率(コンバージョン率)が0.5%の場合、この数字を1%にするだけで利益は2倍になります。 この成約率をアップさせるために、サイトを訪問したユーザーがどのページで離脱しているのかをはっきりさせ、該当するページを改善し、成約率をあげることが1つ目の目的になります。 (さらに…)