« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている

2017年10月5日 木曜日

イメージ画像

今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。
中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているようだ。
観光白書によると、2016年のインバウンド、訪日外国人数は中国が1位、2位が韓国、3位が台湾となっている。
今回は、5月30日に発表された、観光白書からインバンド事情、さらに、みずほ情報総研のデータを元にインバウンドと越境ECの関連について見て行こう。

(さらに…)

 

中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは

2017年10月3日 火曜日

イメージ画像

昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。
その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tmall」という巨大ECモールサイトである。(Tmallについてはこちらでも記事にしている
昨年11月11日(独身の日)のTmallを含めたアリババグループの1日の売り上げは約1兆9,400億円というから驚きである。そして、Tmallの中にはTmall Global(国際天猫)という越境EC専用のサイトがあり、このサイトを介して中国人は日本商品を買うことが多いようだ。
多くの日本のEC事業者もTmall Globalに出店登録し、自社商品を販売している。しかし、中国の越境ECで商品を販売できるTmall Globalの出店ではあるが、その出店ハードルは高く、在庫リスクや、現地ニーズの把握などもろもろ、事業参入へは容易ではない。
先日、アリババグループはこのTmall Globalの出店の鍵ともなるTPつまり、Tmall Partnerの企業リストやその評価内容を公開した。
今回はこの「TP」Tmall Partnerについて調べてみた。

(さらに…)

 

SEO対策 今年のキーワードを知ってますか?

2017年9月29日 金曜日

イマージ画像

企業やショップなどのサイトの目的は集客し、売り上げに貢献することにある。 サイトを開設して、何もしなければ、お客様はサイトに訪れることもないだろう。
そして、サイトにお客様を呼びこむには集客する必要があるだろう。代表的な集客手法としては、SEO対策と広告(リスティング広告やアフェイエイト広告)の2つがある。
SEO対策とはSearch Engine Optimizationの略で、Googleなどの検索結果でサイトタイトルなどを多く露出するために行う対策である。検索エンジン対策はGoogle対策とも言われている。
Googleの検索順位は200以上ものシグナル要素によって決まり、そのアルゴリズムは日々変化している。最近ではキーワード最適化からトピック最適化とその内容は変わっている。
今回はそのシグナル要素の中でも、注目のキーワード「RankBrain」「AMP」「PWA」「強調スニペット」について調べてみた。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.September)

2017年9月26日 火曜日

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではないということ。事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
日本政府は2020年までに中小企業の輸出総額を2010年比の2倍にするという目標を掲げている。そのため、国や地方自治体は、補助金・助成金を含めた海外進出支援として積極的なサポートを行っている。 9月も海外の見本市・展示会などに出展する費用の補助金・助成金や越境ECサイト構築のための支援など、どのような内容の補助金・助成金の申請募集があるかなどをまとめてみた。

(さらに…)

 

【重要】常時SSL化に伴うSSL証明書インストールについて

2017年9月25日 月曜日

2017年10月1日以降、Live Commerce 規約の変更に伴いまして、全ユーザー様のSSL証明書設置の義務付けをさせていただく予定となります。

インターネットを安全に利用できるように、IT業界の大多数の企業が推進している取り組みです。インターネットを介してサービスを提供し、且つ個人情報を取得する企業は個人情報の保護に関する法律に基づき、個人情報を適切に管理・運用する義務がございます。

常時SSL化については、米Googleは以下のような発表を行っています。

Googleは、多くのHTTPページに「Not secure(保護されていません)」と表示する計画の次の段階に備える時間として、ウェブ開発者に6カ月の猶予を与える。

「Google Chrome」ですべてのHTTPページに「Not secure」と表示するGoogleの計画は、10月より第2段階に入る。

今回の措置は、こうした時代の流れに準拠する目的として、御社が提供するサービスに対する利用者様の個人情報を保護するための措置となります。

SSL導入の手続きについて
SSL未対応のお客様につきましては弊社より、メールですでにご案内をしております。9月27日までに回答をいただけませんと、継続してご利用ができなくなります。
SSL証明書をすでにインストールされている場合は、特に何かを行っていただく必要はございません。継続してご利用いただけます。