« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

企業の取り組みは大丈夫? デジタルマーケティングの現状

2019年1月31日 木曜日

イメージ画像

スマートデバイスの普及により、企業のマーケティング戦略は大きな変革期を迎えている。
つまり、デジタル化の大きな波により、デジタルマーケティングを認識し、取組んでいかない企業経営は成り立たない時代になってきているということだ。
今年1月、「先進技術による新事業創造委員会」より『企業の成長シナリオを描くために市場戦略の変革をーデジタルマーケティングによる価値創造ー』が報告された。
概要は日本の経営陣は今後、さらに積極的にデジタルマーケティングに着手していかなければならないことを示唆したものだ。
今回はこの報告書を元にデジタルマーケティングの日本の現状やデジタルマーケティングの注目トレンドなどを見ていこう。

(さらに…)

 

今さら聞けない メルマガの基本

2019年1月29日 火曜日

ECサイトを運営していて、販売促進のためにメールマガジンを配信している事業主は多いことと思う。
メールマガジンは、お得なキャンペーンやセール情報などを配信し、ユーザーを商品購入ページに誘導し、商品を購入していただくのが目的だ。
調査によると、「メールマガジンに書かれたURLをクリックしてWebサイトを見たことがある」が55.6%。
さらに、「メールマガジンを読んだことがきっかけで、商品・サービスを購入・利用したことがある」と答えた人は29.7%と約3割のメール受信者がメールマガジンをきっかけに何らかの商品、サービスの購入に至っており、メールマガジンは費用対効果の高いツールであると言えるだろう。
今回は、このメールマガジン(以後メルマガ)について、メールの基本的な書き方や適切な配信本数、配信時間、さらに越境ECでのメルマガ配信の注意点など見ていこう。

(さらに…)

 

ブルーオーシャンだが、越境EC参入が難しいベトナム

2019年1月24日 木曜日

本日、1月24日サッカーアジアカップ準々決勝が行われる。
日本の対戦相手はベトナムだ。 ベトナムと言えば、フォー、生春巻き、パインミーなど、ベトナム料理が有名だ。
今、ベトナムでは空前のサッカーブーム。そして、サッカー以外でも、昨年、2018年は経済的にもGDP成長率は6.81%と高水準を維持し、さらに貿易では2018年上半期の貿易黒字は約33億ドル、過去最高となり、目覚ましい発展を続けている国である。
インターネットも整備されつつあり、ネット通販(EC)市場も経済の成長と同様、前年比35%増のペースで成長している。
今回は、越境ECの参入が難しいと言われているベトナムのインターネットやEC事情について調べてみた。

(さらに…)

 

中国消費者にリーチする! 百度(バイドゥ)リスティング広告とは

2019年1月22日 火曜日

イメージ画像

中国は2月5日(火)より、旧正月を祝う「春節」が始まる。中国では7連休である。
「春節」は中国のみならず、香港、台湾、韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシアなど東南アジアでも祝日となる大型連休である。なかでも、中国はこの大型連休中に、海外旅行を楽しみ、特に日本各地へインバウンド観光客が多く訪れることが予想される。
中国人は旅マエ、旅ナカに中国の検索エンジン、百度(バイドゥ)を使って検索し、情報を収集し、比較検討し、計画を決定する。
百度(バイドゥ)」とは、Googleのような検索サイトで、中国の検索エンジンマーケットでは92%のシェアを誇っている。
今回はこの中国最大の検索エンジン「百度(バイドゥ)」で重要なWEB集客に活用されているリスティング広告ついて調べてみた。

(さらに…)

 

今後のインバウンドの需要拡大には何が必要?

2019年1月17日 木曜日

イメージ画像

JNTO(日本政府観光局)は昨年12月、訪日外国人累計者数が3,001万人を越えたと発表した。この数字は、2016年の2,000万人から僅か2年で3,000万人と推移したこととなり、東京オリンピック開催年の2020年の4,000万人の目標はクリアできそうな勢いで伸びている。
だが、ここからが、大事なとことろである。昨年11月の内閣府の「地域の経済2018」報告書によると、日本を訪れる外国人は、一定の地域に需要が偏った傾向にあり、今後さらにインバンウンド需要を拡大するには、全国的に需要を拡大させなければならないと指摘している。
今回は、この「地域の経済2018」の内容をベースにインバウンドの現況とインバウンド需要をさらに推進するためには何を行うべきかなどを見ていこう。

(さらに…)