« ブログのトップページに戻る

‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

小売の巨人ウォルマート 快進撃の裏にある様々な挑戦

2020年1月22日 水曜日

イメージ画像

日本経済新聞によると、アメリカ小売企業ウォルマートの2019年8月〜10月の決算は、純利益92%増の32億8800万ドル(約3600億円)と発表された。成長分野のネット販売の売り上げが、41%増と安定、拡大した結果とされている。
ウォルマートは世界最大の小売り企業である。ネット販売では米Amazonとは大差があるが、実店舗ではAmazonはウォルマートには敵わない。
そして、ウォルマートのネット販売が好調なのは、これまでウォルマートが実施してきた、様々な取り組みの成果と言えるだろう。
今回は、この世界最大の小売企業ウォルマートの実店舗を最大の武器とした、Amazonおも凌駕しそうなその取り組みについて見ていこう。

(さらに…)

 

2020年2月13日(木)越境ECセミナー『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』を開催

2020年1月20日 月曜日

タイトルイメージ画像

越境EC市場は、世界規模で拡大している。
昨年の経済産業省「通商白書2018」によると、世界の越境EC市場規模は、2014年の2,360億ドルから、2020年には9,940億ドル(約10兆98,09億円)まで拡大するだろうと予測している。
そして、日本の2018年越境EC市場は、対アメリカ、中国だけでも、前年度比17.3%増の2兆3583億円であった。
今回は、この拡大する越境EC市場で、海外販売を最短距離で事業化する方法をデジタルスタジオの代表、板橋氏とアジアンポータル代表、大谷氏による越境EC『ブランドの越境EC×海外展開のロードマップ』セミナーを開催する。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2019年12月)

2019年12月9日 月曜日

タイトルイメージ画像

今年も1年の最後の月、12月に入った。12月は旧暦では師走(しわす)とも呼ばれ、師走は「師が忙しく走り回る時期(僧侶も仏寺で忙しく走り回る)」からきており、一年で一番忙しい時期である。
今月も最新の補助金、助成金情報をまとめた。 補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。
補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件が合致しても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できるものである。
また、補助金・助成金は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではない。 事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点は注意が必要だ。
日本政府は2020年までに中小企業の海外輸出総額を2010年比の2倍にするという目標をあげている。そのため、国や地方自治体は、補助金・助成金を含めた海外進出支援として積極的なサポートを行っている。今回は、新規の補助金・助成金の募集案件がたくさんあった。
現在公募中の「インバウンドに関するもの」「海外見本市出展補助金に関するもの」を一覧でまとめた。事業に合致するものがあれば、相談窓口宛にお問い合わせいただき、申請してみてはいかがだろう。

(さらに…)

 

成長著しい「CtoC EC」市場、日本とアメリカの動向を比較する

2019年12月4日 水曜日

タイトルイメージ画像

”もの”に対する所有欲が減っている中、近年、特に注目されているのが、「CtoC EC」である。これは、”もの”は「新品でないと嫌だ」という人もたくさんいるが、商品は「中古でも良い」とする世代が増加していることと、「捨てるのがもったいない」という”もの”に対する価値感が合致した所以という気がする。
「CtoC」市場は、「BtoB」や「BtoC」に比べてまだまだ市場規模は小さいが、矢野経済研究所の国内CtoC(個人間取引)市場調査によると、2018年は国内「CtoC EC(物販)」は1兆50億円、今年、2019年の予想では、1兆1,800億円と上昇するとされている。
今回は日本とアメリカの「CtoC EC」有名プラットフォームと市場動向について見ていこう。

(さらに…)

 

EC化率の低いフードECに未来はあるのか

2019年10月9日 水曜日

イメージ画像

経済産業省の「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書によると、2018年の日本国内のBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円となっており、EC化率も、6.22%と右肩あがりの増加傾向となっている。その中で、食品におけるEC市場(フードEC市場)を見ると、その市場規模は1兆6,919億円と高い数値であるが、EC化率は2.64%と非常に低いと言える。
食品のEC市場規模は「ファッション/雑貨」の1兆7,728億円の次に大きな市場規模であるが、EC化率は「ファッション/雑貨」の12.6%と比べると、2.64%と低いのである。このフード(食品)EC化率が低いのは日本に限らず、アメリカ、中国、欧州なども共通する。
ただ、フードEC化率の前年からの伸び率を見ると、8.60%と非常に高い数値なのである。この食品部門のフードEC化は市場規模も大きく、企業の取り組み次第では、数年後にはさらに高まり、拡大することが予想されている。
今回は、食品におけるEC(フードEC)の現状と課題、アメリカの事例などについて見ていこう。

(さらに…)