« ブログのトップページに戻る

‘助成金’ カテゴリーのアーカイブ

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.October)

2017年10月31日 火曜日

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではないということ。事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
日本政府は2020年までに中小企業の輸出総額を2010年比の2倍にするという目標をあげている。そのため、国や地方自治体は、補助金・助成金を含めた海外進出支援として積極的なサポートを行っている。
10月も海外の見本市・展示会などに出展する費用の補助金・助成金や越境ECサイト構築のための支援など、どのような内容の補助金・助成金の申請募集があるかなど、まとめてみた。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.September)

2017年9月26日 火曜日

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体から民間企業へ資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
また、補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではないということ。事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
日本政府は2020年までに中小企業の輸出総額を2010年比の2倍にするという目標を掲げている。そのため、国や地方自治体は、補助金・助成金を含めた海外進出支援として積極的なサポートを行っている。 9月も海外の見本市・展示会などに出展する費用の補助金・助成金や越境ECサイト構築のための支援など、どのような内容の補助金・助成金の申請募集があるかなどをまとめてみた。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.August)

2017年8月30日 水曜日

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。
補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるものではないということ。
事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
8月も海外の展示会などに出展する費用の補助金・助成金や越境ECサイト構築のための補助金など、どのような内容の補助金・助成金の申請募集があるかなどまとめてみた。

(さらに…)

 

海外販売に関する補助金・助成金情報(2017.July)

2017年8月1日 火曜日

イメージ画像

補助金・助成金とは国や地方自治体が資金支援する返済不要のお金である。 補助金と助成金の違いは、補助金には予算があり、要件があっても受給できない可能性があり、助成金は要件が合致すれば受給できる。
補助金・助成金の注意点は、銀行などの融資と違い、申請が認可されるとすぐにキャッシュが振り込まれ、使えるというものではないということ。事業拡大のためなどに使用した経費内容を事後報告し、それが確認された後に受給できる、後払いによる受給といった点である。
今回も海外の展示会などに出展する費用の補助金・助成金や越境ECサイト構築のための補助金など、どのような内容の補助金・助成金の申請募集があるかまとめてみた。

(さらに…)

 

IT導入補助金 二次公募締め切り6月30日17時まで Live Commerceも対象

2017年6月5日 月曜日

IT導入補助金

越境ECサイトの立ち上げにあたり、国・地方自治体では補助金が出ていますが、補助金もたくさんありすぎでどれを採択していいか迷ってしまいがちですよね。その中でも一押しの補助金がIT導入補助金です。

ITを導入するための補助金で、Live CommerceはITツールですから、Live Commerceを導入する費用に関しても、補助対象になっています。

今までLive Commerceを導入しようと検討していた企業様は思い切ってこの補助金を利用して導入をしてみてはいかがでしょうか。

この補助金が申請できるのはあらかじめ事務局の承認を受け事務局のHPに補助対象として公開されたIT導入支援事業者が申請したツールに限定されます。 (さらに…)