« ブログのトップページに戻る

‘中国EC’ カテゴリーのアーカイブ

中国の越境EC Tmall GlobalのTP(TmallPartner)とは

2017年10月3日 火曜日

イメージ画像

昨年、2016年の中国国内において、越境ECを利用して日本から商品購入した総額は1兆366億円と過去最高で、その額はアメリカの1兆1,371億円に次ぐ額である。2020年には 日本からの購入額は1兆9,000億円に達成すると見込みである。
その中国BtoCで圧倒的なシェアを占めるのが「Tmall」という巨大ECモールサイトである。(Tmallについてはこちらでも記事にしている
昨年11月11日(独身の日)のTmallを含めたアリババグループの1日の売り上げは約1兆9,400億円というから驚きである。そして、Tmallの中にはTmall Global(国際天猫)という越境EC専用のサイトがあり、このサイトを介して中国人は日本商品を買うことが多いようだ。
多くの日本のEC事業者もTmall Globalに出店登録し、自社商品を販売している。しかし、中国の越境ECで商品を販売できるTmall Globalの出店ではあるが、その出店ハードルは高く、在庫リスクや、現地ニーズの把握などもろもろ、事業参入へは容易ではない。
先日、アリババグループはこのTmall Globalの出店の鍵ともなるTPつまり、Tmall Partnerの企業リストやその評価内容を公開した。
今回はこの「TP」Tmall Partnerについて調べてみた。

(さらに…)

 

越境ECにおけるWeChat(微信)決済の導入と最新情報について

2017年10月2日 月曜日

80兆から100兆規模にまで成長をし続ける、中国EC市場。
その中でも、6割から7割がスマホ端末のユーザーです。

Live Commerceでは現在、Aurfy Japanを通じてWeChatペイメントを提供しておりますが、中国決済の中でもWeChatペイメントが中でももっとも利用者数を伸ばしており、事実上の標準決済になりつつある状況です。

WeChatペイメントは、ユーザーの携帯端末にインストールされたアプリで基本的に決済を行います。ですから、スマホを使って支払うというまさにIT時代の技術を背景に現金に変わる新しい支払い方法が中国で生まれたわけです。 (さらに…)

 

越境EC 中国配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」とは?

2017年6月15日 木曜日

イメージ画像

中国越境EC市場は急拡大を続けており、経済産業省の発表によると、2016年日本から中国消費者が越境ECを利用し購入した金額は1兆366億円に達したとしている。
中国へ進出する手段として、越境ECへの注目度は高く、昨年から天猫国際(Tmall)や京東全球購(JD Worldwide)など中国ECサイトに出店するケースが多くなっている。
中国消費者は日本製品に信頼があり人気が高く、今後、中国EC市場はますます活性化が予想される。中国市場に向け越境ECを考えるのであれば、その市場の動向を知ることは必須だろう。
今回は中国越境ECと関わりが大きい中国の配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」と新税制度度の関連についてまとめてみた。

(さらに…)

 

中国から日本企業が運営する中国向け越境ECサイトのサーバレスポンス速度を調べてみた

2017年5月22日 月曜日

中国向け越境ECサイトの落とし穴
これでビジネス?馬鹿げた実態とは?

中国向け越境ECを独自ドメインで運用する日本のサイト数はまだ非常に少ないものの、当社が独自の視点で調べているデータでは年々増えている傾向になると思います。

独自ドメインサイトで本格的に中国向けECサイトを運用していく際の最大の課題は

中国側から見たときの「サイトの表示速度」です。

そこで、中国向け越境ECサイトを運営しているサイトをいくつかピックアップし、実際に当社が中国からサイトの表示スピードを調べてみました。すると、これでビジネス?と思えるほどの閲覧遅延結果に驚かれされました。

 

サーバの設置場所の問題とは?
サーバを中国に設置するか日本に設置するかという課題があります。具体的には、中国大陸からの日本のサーバに設置してあるウェブサイトを閲覧すると、数十秒から1分・2分とレスポンスタイムが非常に遅くなっています。これは日中間のインターネット回線が混み合っており、VPNなどの専用線を使って、さらに帯域保証された回線でないとさくさく閲覧とはいきません。 (さらに…)

 

中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)

2017年4月5日 水曜日

イメージ画像

中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。
数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後2016」と題されたもので中国の越境EC市場に関するものである。
今回はこの内容をもとに、中国の越境ECで市場規模、越境EC売れ筋商品、2大越境ECモールについて見ていこう。

(さらに…)