« ブログのトップページに戻る

‘中国EC’ カテゴリーのアーカイブ

越境EC 中国配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」とは?

2017年6月15日 木曜日

イメージ画像

中国越境EC市場は急拡大を続けており、経済産業省の発表によると、2016年日本から中国消費者が越境ECを利用し購入した金額は1兆366億円に達したとしている。
中国へ進出する手段として、越境ECへの注目度は高く、昨年から天猫国際(Tmall)や京東全球購(JD Worldwide)など中国ECサイトに出店するケースが多くなっている。
中国消費者は日本製品に信頼があり人気が高く、今後、中国EC市場はますます活性化が予想される。中国市場に向け越境ECを考えるのであれば、その市場の動向を知ることは必須だろう。
今回は中国越境ECと関わりが大きい中国の配送モデル「直送モデル」と「保税区モデル」と新税制度度の関連についてまとめてみた。

(さらに…)

 

中国から日本企業が運営する中国向け越境ECサイトのサーバレスポンス速度を調べてみた

2017年5月22日 月曜日

中国向け越境ECサイトの落とし穴
これでビジネス?馬鹿げた実態とは?

中国向け越境ECを独自ドメインで運用する日本のサイト数はまだ非常に少ないものの、当社が独自の視点で調べているデータでは年々増えている傾向になると思います。

独自ドメインサイトで本格的に中国向けECサイトを運用していく際の最大の課題は

中国側から見たときの「サイトの表示速度」です。

そこで、中国向け越境ECサイトを運営しているサイトをいくつかピックアップし、実際に当社が中国からサイトの表示スピードを調べてみました。すると、これでビジネス?と思えるほどの閲覧遅延結果に驚かれされました。

 

サーバの設置場所の問題とは?
サーバを中国に設置するか日本に設置するかという課題があります。具体的には、中国大陸からの日本のサーバに設置してあるウェブサイトを閲覧すると、数十秒から1分・2分とレスポンスタイムが非常に遅くなっています。これは日中間のインターネット回線が混み合っており、VPNなどの専用線を使って、さらに帯域保証された回線でないとさくさく閲覧とはいきません。 (さらに…)

 

中国向け越境EC市場の今とこれから(富士経済調査などより)

2017年4月5日 水曜日

イメージ画像

中国のEC市場は、旺盛な購買意欲に支えられて著しく成長していることは、周知の事実だ。
数年前に日本を賑わせた爆買いから2016年は、越境ECに市場は移行し、まさに、越境EC元年とも言える年であった。その内容を裏付ける報告書が富士経済より発表された。報告書は「中国向け越境EC市場の実態と今後2016」と題されたもので中国の越境EC市場に関するものである。
今回はこの内容をもとに、中国の越境ECで市場規模、越境EC売れ筋商品、2大越境ECモールについて見ていこう。

(さらに…)

 

Amazon中国の越境EC「Amazon海外購」が拡大中

2017年2月16日 木曜日

イメージ画像

2016年上半期、中国EC市場規模は約2兆3142億元(約30兆円)に到達、前年度比43.4%増と発表している。また、越境EC市場に関しては、2016年上半期の市場規模は5125億元、全期予想では1兆1000億元(約15兆円)の見込みと示されている。
中国のEC市場規模はまさに、巨大化しており、米国を抜き世界第1位のEC市場である。
中国の越境ECでは越境ECどうしの競争も激化しており、Amazonさえも苦戦を強いられいた。ところが、2016年、越境ECアマゾンの「Amazon海外購」は大きなユーザーメリットを武器に新規ユーザーを獲得し、拡大が加速した。
今回はこのAmazon中国の越境EC「Amazon海外購」について見ていこう。

(さらに…)

 

今年も始まる「春節」、越境ECへの影響は?

2017年1月25日 水曜日

イメージ画像

ここ最近、インバウント(訪日外国人旅行)といった話題を聞かない日はない。
ここ数年、訪日外国人の数は右肩上がりで増加しており、特に中国人観光客の訪日が大きい。爆買いブームは終わり、買い物から観光する・日本を体験することに目的がシフトしてきたと言われるが、中国では今月、1月27日(金)から2月2日(木)までの7日間が「春節」となり、大型連休となる。
今回は、先日発表された、観光白書の訪日外国人消費動向に関する発表内容と今月、27日(金)より始まる「春節」の概要、越境ECビジネスの影響などについて見てみよう。 (さらに…)