« ブログのトップページに戻る

‘リリース’ カテゴリーのアーカイブ

越境ECにおいてどの国で何が売れるか、Live CommerceにAI搭載 販売予測機能

2017年11月28日 火曜日

人工知能によって販路先国が自動でわかる

現在提供中のLive Commerce 最新版 ver3.3 から “どの国で何が売れるのか” を過去のアクセス解析ログから人工知能により未来予測を行う機能を実装し、越境ECにおける海外市場でのマーケティングデータの提供を開始しています。(以下、やさしいウェブ解析ツール)

結論からいうと、日本の商品を売る先の需要国がわかります。このツールを使えば大規模に広告宣伝する前に需要国とその国で実際にどんなキーワードで検索されているのかも含めた具体的なキーワード候補が手に入るので、越境ECマーケティグには欠かせない濃度の高い情報源を取得できます。(Google AdWordsのキーワードプランナーでも探せない情報です。)

Live Commerce を提供し始めてから越境ECという言葉も生まれ、今日最も多い質問の一つが ”どの国で何が売れるのか” といったもので、越境ECの導入には海外市場でのマーケットデータが国内ECと比較して圧倒的に不足していました。 (さらに…)

 

Live Commerceのテーマをカスタマイズできるサービスが登場

2016年11月29日 火曜日

本日から、Live Commerceで取扱している全テーマのカスタマイズがオンラインで発注できるようになった。しかも価格を徹底的に抑えているため、越境ECサイトを普通のウェブ制作会社に発注した場合と比較しても圧倒的に安い言ってもらえるのではないだろうか。

 

従来は、ウェブサイトの制作を依頼する際に、ウェブサイト制作会社との詳細な打ち合わせが必要だった。具体的な想いを伝えるところから、人間関係の構築まで、、。それはそれでお互いのビジネスの発展のために必要だったと思うわけですが、結局のところ、ECサイトの立ち上げっていうのは、必要な箇所だけデザインしてもらって、必要なコンテンツだけを登録すればいい訳です。だけど、ド素人がサイト構築するとサイト完成までに何が必要なのかもそもそも分からないケースが多い。

当社も、ECサイトの制作を現在も一部受託で受けているのだが、サイト立ち上げ時にやることは、高度なオリジナル性のデザインを求められない限りは基本テーマのカスタマイズと、テーマ内に元々存在するバナー素材の入れ替えがメインの作業となる。

制作担当者のコミュニケーション能力も大事だが、もっと大事なのはプロから見てまともなECサイトとして未完成の部分がなく、すべてのリンク切れもなく、ちゃんとしたデザインでサイトが作られていることである。この最低限の部分を仕上げるために、高度な顧客とのコミュニケーションは必要なく、何をやらないとサイトとして立ち上がらないのかがちゃんと管理されていて、テーマごとにそのタスクがシステマチックに管理されていれば、当社としても1名の担当者が複数のサイト構築を同時並行的に行なえ、顧客はしかも安くて完成度が高いECサイトを手に入れられ、さらには当社はテーマのカスタマイズに係る作業を量産できるというわけだ。

しかし、残念ながら10社が越境ECサイトを立ち上げると、まともに立ち上げできるのは3割程度で、あとはトップページだけできていて、会社概要は製作中とか、肝心な返品についてのページが抜けていたり、バナーも素人同然のしょぼいのが結構目立ったりもしている。

で、ECサイトの立ち上げに必要な全ての素材、コンテンツを現在提供しているテーマ全てに定義した。そして、今日から全てのテーマがオンラインでカスタマイズの発注ができるようになっている。

例えば、テーマ35ならメインビジュアル 2 個ミディアムバナー 3 個facebookガジェット外部ブログ記事の表示About usの簡易的な紹介文表記メールアドレス等の連絡先表記が設定できるテーマで、要はこれらをクライアントのビジネス仕様に置換えすれば完成。

 

 

Live Commerceでせっかく立ち上げた越境ECサイトも、コンテンツがしょぼくて、デザインも素人っぽさがあるのは、提供する当社として、黙ってみている訳にはいかない、、。本サービスでは、各テーマに予め決められた数のバナーやfacebookガジェット等の外部素材が定義されているので、 これらの素材を入れ替えるのみで全て完成できるサービスです。

レイアウトの変更などはできないが、あくまでも決められた各テーマのレイアウトの範囲の中で、素材を入れ替えるだけでも十分という方に使ってもらうのが前提。 ただ、実際のLive Commerceの大多数はテーマ素材のカスタマイズのみでオリジナル性高いECサイトになっている。

 

越境ECモール開設 出店をご検討方 最新Live Commerceセミナー

2016年4月28日 木曜日

Live Commerce では利用者様の商品を総合的に集めた新サービス越境ECモール Discovery Japanを 5月初旬に開店いたします。
越境ECモール開店に伴い、ペイジェント様と本モール出店を兼ねた越境EC最新成功事例を含めたセミナーを開催します。主な参加対象者はLive Commerce利用者様、及び海外販売を検討されている 企業様になります。

■セミナーに参加する理由

セミナーに参加すると、以下のことについて理解をすることができます。

  • なぜ越境ECは検索エンジン対策をしてもダメなのか。
  • なぜ外国人担当者を雇ってはいけないのか。 (さらに…)
 

ヤマト運輸の国際宅急便に対応

2015年10月14日 水曜日

Live Commerce の配送プラグインにヤマト運輸の国際宅急便が追加されました。

既にヤマト運輸では従来から国際配送についてはサービスが提供されておりましたが、今回正式にLive Commerceが対応したことで、EMS国際配送に加え、ヤマト国際宅急便の2通りを利用者は選ぶことができるようになりました。 (さらに…)

 

Discovery Japan Affiliate Program開始 – 英語ウェブサイトを運営している方なら広告できます

2015年8月25日 火曜日

Discovery Japan Affiliate Program

今年の6月にリリースした日本の商品を紹介するサイト Discovery Japan ですが、本日からDiscovery Japan Affiliate を立ち上げ、海外向けアフィリエイターの募集を開始しました。

Discovery Japan とは?
Discovery JapanとはLive Commerce で構築された海外向けECサイトの中から、弊社スタッフにより海外に日本の商品を紹介しているソーシャルメディア型商品発見サイトです。
多くの海外向けメディアサイトでは、代表的な日本の商品としてアニメ、マンガ、キャラクター、食、アパレル、時計などを紹介しているケースが多いのが特徴だと思われます。一方、Discovery Japanは発見してもらうことが目的のため、一般的にはあまり知られていない日本のコンテンツを英語で紹介しています。具体的な商品はウェブサイトを御覧ください。

Discovery Japan Affiliate とは?
アフィリエイト広告のサービスです。
Discovery Japanに登録された商品を、会員登録することで自分でも商品の紹介を行えるようになります。あなたのブログやメールマガジンから、サイトに訪問された誰かが実際に商品を購入した場合、あなたには広告主より成果報酬として広告費が支払われます。

本日より、12月末日までアフィリエイト開始第一弾キャンペーンとして、アフィリエイター1名登録につき100円を広告費としてお支払いします。
1000名到達次第終了となります。詳細はこちら(英語)

アフィリエイター登録はこちらから

なを、アフィリエイト会員は審査がございます。主に外国人向けに対して発信力の強い人を求めておりますので、英語のブログ英語によるソーシャルメディアでの発信、英語メールマガジンの発信をしている方を第一優先としておりますので、会員登録をされても承認されない場合がございます。

  • 英語のブログを運営している
  • 英語でウェブサイトの制作(または管理)をしている
  • 英語のウェブサービスを提供している

以上に該当される方で、興味がある!という方はお問い合わせいただければと思います。

今後のスケジュールと、広告主向け情報
今年の12月末日まで、第一弾としての目標KPIは1000名のアフィリエイト会員の参加を見込んでおります。

アフィリエイト会員数にもよりますが、来年の1月以降に本格的な海外向けアフィリエイト広告を開始予定でございます。
なを、アフィリエイト会員が短期間に集めることができた場合には、来年の1月以降ではなく10月、11月とすぐにでもスタートできるシステム構築・体制はできているため、開始が早まる場合もございます。


上記はあくまでスケジュールとなっており、アフィリエイト会員数の目標達成度合いに応じて、広告運用開始時期は前倒しを考えております。

なを、海外向けに商品やサービスを宣伝したい広告主様につきましては、Live Commerceのカート利用者の有無を問わず、ご利用いただけます。
例えば、Discovery Japan Affiliate の広告主としては、以下の業種が最適と思われます。当社としても広告主様としてアフィリエイターに魅力のあるコンテンツと思っております。

  • 海外向けに日本の商品(サービス)を販売しているECサイト
  • ホテル・旅館業
  • 日本への観光客向けにオプショナルツアーを提供しているツアー会社
  • 日本への観光客向けにWIFIレンタルや携帯電話、周辺サービスを提供している会社
  • 観光地のレストランや店舗(小売店)など

以上が、該当すると思われます。

2020年のオリンピックに向けて、さらに追い風となる訪日インバウンド需要ですが、早めの対策がビジネスにおいて競争優位になることは間違いありません。
今までインバウンド需要に対して、特別に対策をしてこなかった広告主様、Discovery Japan Affiliateにてインバウンドビジネスの広告としてご検討ください。

広告主登録はこちらから

ご不明な点は、お問い合わせください。