今、ECサイトに効果的な「カード型デザイン」がトレンド

Webデザインは時代ごとに変化してきている。今やWebデザインはパソコンやタブレット、スマホなどたくさんのディバイスに対応するため、従来のサイドバーを活用したWebデザインよりシングルカラムのデザインが主流になりつつある。そして、2015年は特にレスポンシブに対応した「カード型デザイン」が注目されているようだ。
「カード型デザイン」とはトップページにカードを並べたようなグリッドレイアウトされたデザインである。FacebookやPinterestが有名なところであるが、トップページに整然と並べられた各「カード」は訪問者が次に何を見るかを選ぶうえでの選択肢であり、メニューデザインでもある。「カード」はクリックされた先のページに、どんなページが待っているかを魅力的なプレビュー画面としてで伝えるのがその役割だ。
また、この「カード型デザイン」はLive Commerceの6月24日から始まった新しいサービス「Discovery Japan」でも採用している。
今回は2015年のトレンドの一つになりつつあるこの「カード型デザイン」についてまとめた。

 

1.カード型デザインのメリット・デメリット

「カード型デザイン」はFacebookのタイムラインに代表される「カード」を基本としたグリッドベースのデザインのことである。各「カード」の内容が、コンテンツであり、「カード」はクリックした先のリンク先の内容を知ることができ、ユーザーにとって分かりやすい、ユーザービリティに優れたデザインでもある。下にメリット、デメリットを整理してみた。

 

メリット

  1. トップページに一度に多くの情報を提供できる。
  2. 整然としたレイアウトは印象に残る。
  3. コンテンツの一覧性が高い。
  4. 各「カード」内は画像とテキスト構成なので、興味を引きやすく、第2階層へ誘導しやすい。
  5. パソコン、タブレット、スマートホンなどのディバイスに制約されない。

 

デメリット

  1. ユーザーにトップページで見せる情報量が多く、戸惑う可能性が高い。
  2. 第2階層へ遷移した後、トップページに戻った場合、トップページでクリックした場所をみつけにくい。
  3. 同じサイズでカードをデザインした場合、情報に優先順位、差異化をつけられない。
  4. ある程度の量の情報量、コンテンツ量がないと成立しない。
  5. 画像が大量になるとトップページ表示時間を要する。

 

2.カード型デザイン事例

下に「カード型デザイン」の事例をいくつか取り上げた。用途してはECサイト、ギャラリーサイト、ブログや会社案内、ポートフォリオサイトなどにむいており、特に最初の事例の“Firebox”は商品一覧だけの表示ではなく、カテゴリーなどもカード化し、大きさに大小をつけることで商品をランクづけしている。
また、二番目の事例の鬼怒川温泉金谷ホテルのサイトも「カード型デザイン」で整然とレイアウトすることで、ユーザーにしっかりとした印象、信頼感を与えることに成功している。

 

カード型_01
http://firebox.com

 

 

鬼怒川温泉金谷ホテル
http://www.kinugawakanaya.com

 

カード型デザインサンプル
http://www.beautyandyouth.jp/special/christmas2011/index.html

 

カード型デザインサンプル
http://www.faebric.com/

 

カード型デザインサンプル
http://rmd.quadro-web.com

 

3.まとめ:ECサイト最新トレンドレポートより

株式会社 久は6月22日、日本のECサイトの売上上位300社を対象にサイト幅のトレンドを調査し、ECサイト最新トレンドレポートとして公開した。それによると、売れてるECサイトのサイト幅は「980pxから990px」であり、売れてるサイトの4割がこの幅で運用されていると公表した。
「カード型デザイン」でECサイト構築の際は、このトレンドレポートを参考にサイト幅を設定すると良いかもしれない。
また、「カード型デザイン」はECサイト構築に適しているデザインフォーマットといえ、利点としては、多品種のディバイスに対応している点や、商品を一覧でき、訴求力があり、美しくまとまり、ユーザービリティが高いという点である。
今年はさらにこの「カード型デザイン」が盛りあがりを見せそうである。

参照:株式会社久 ECサイト最新トレンドレポート

関連する記事

あなたはいくつ知っている? EC業界キーワード... EC業界では専門用語やさまざまな独自のIT用語が日々飛び交っている。IoT、オムニチャンネル、O2O、など。今回はそんなEC業界で仕事をするうえでの、最近のトレンドとも言うべき、代表的なキーワードについて説明する。皆さんも一つでも聞いたことない用語などあったら、チェックし、詳しく調べてみると良い...
海外のECプラットフォームのメリットは?... 日本のBtoCにおけるEC市場規模は15兆1,358億円(2016年)、2020年には20兆円規模にまで拡大すると予測されている。EC化率は物販系分野で5.43%。このEC化率においてはアメリカは7%、中国は15%などと比べるとまだまだ低い数字と言えるだろう。 逆に言えば、まだまだ、店舗が...
Live Commerceで日本の釣り具を世界に販売する 「ASIAN PORTAL」大谷社長にイン... 今回は、今年6月より、スタートアップした「ASIAN PORTAL FISHING」の大谷社長にいろいろとお話を伺った。「ASIAN PORTAL FISHING」では日本の釣り具メーカー約300社を集約し、Fishingに特化した商品を海外に販売している。 オープン間もないが、事業内容や...
顧客満足度6年連続1位のヨドバシカメラ、その秘訣は?... ヨドバシカメラはインターネット、ヨドバシ・ドット・コムでは驚くべき変化、進化を遂げている。家電量販店とは思えないくらいの品揃えと、その配送の早さなどで顧客の心を掴んだのだ。今やECサイトの王者、Amazonさえも意識せざるを得ない存在となりつつある、ヨドバジ・ドット・コム。 今回は2015年...
2016年、日本のEC市場はどうだった? 今回も前回に引き続き経済産業省から2016年の「我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備」報告書に基づき、国内のEC市場を中心にまとめてみた。 報告によると、日本国内のBtoC-EC市場規模は、15兆1,358億円。前年より9.9%増加したとしている。 各分野では物販系分野で8兆43...
色がもつイメージ:安心と信頼をメッセージする=ブルー効果... 色が何らかのサインを送りだしていることは誰もがよく知っている。誰がどんな色を選ぼうと、共通しているのは、その色に対して人は反応するということだ。私たちは色に条件反射し、気づくこともない。色に対する反応は直観的反応とも言われ、個々の色は人の本能的な反応と密接に関係し、その反応は生理的、感情的、環境...

タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ