« ブログのトップページに戻る

板橋 憲生 さんの投稿記事

About: 板橋 憲生

Website
http://www.ds-style.com/company/message.html
Profile
株式会社デジタルスタジオの代表です。 個人ブログはこちらでもたまに書いています。 http://ecommerce-ha.blogspot.jp/ 2008年よりスクラッチにて多言語ECサイト Live Commerceを独自開発し、現在は700サイトを越えるネットショップが英語や中国語などのサイトを運営している。2013年の海外向けネットショップの総流通学額は70億超に。

伝統工芸品などはやはり海外展開に苦戦

2014年2月7日 金曜日

昨日、大阪で行われたCOOL JAPAN マッチンググランプリ関西大会にてプレゼンターとして登壇してきました。海外展開を支援するサービスや商品、既に海外展開をされているメーカー企業などが参加されていた訳ですが、いつも思うことなのですが、日本の伝統工芸品などはやはり海外展開に苦戦しているようですね。お茶や伝統工芸品などいろいろ発表がありましたが、どれも商品中心の考え方でプレゼンをしている企業がおおく、「どうやって新規顧客を開拓しているのか」の話については、名刺交換の際にいろいろ伺いましたが、ほとんど触れられることがありませんでした。(そこが一番大事なのにね!)
当社の事例でいえば、サブカルチャー系は売れてますが、伝統工芸品は価格や商品の価値をどのような言葉やビジュアル、動画などを活用して伝えていくか、理解してもらうかが最も難しいですね。
伝え方については動画を活用して、海外向けに専用の動画を制作するプレゼン等もありました。

海外向けに動画の制作をやっている、スゴいクオリティーですね。

いろいろとメーカー企業と話すと、海外展開は共通のキーワードになっていて、現地進出はコスト的にも莫大な費用がかかるので、Eコマースを中心に海外展開を進めていますね。まあ、Live Commerce使ってもらうのが一番なんですけどね。 (さらに…)

 

なぜトレードカービューは自社で輸出をやっていないのか?

2014年2月3日 月曜日

なぜ、トレードカービューは自社で輸出業はやらないのか?
なぜ、ヤフーは自社でネットショップ業をやらないのか?
なぜ、楽天は自社でネットショップ業をやらないのか?

答えを知っている方には、何でもないことですが、上記の企業はいずれも上場企業で巨大なデータを保持しているインターネット企業です。データを保持している彼らにしてみれば、自分達がその市場に当事者となって参入した方が最も成功すると思いがちですが、そうしないのはなぜでしょうか? (さらに…)

 

Live Commerce で作る海外向けネットショップ 作成講座

2014年1月25日 土曜日

Live Commerce 海外販売講座
突然ですが、あなたがもし、4週間という期間で海外向けネットショップを作らないと
いけない立場にあるとしたら、何をしますか?

eBay、Amazon輸出で長年海外販売の面白さを実感している人にとって
次の投資は、優れた自社サイトを持つことになると思います。

私も実際にeBayで海外販売の面白さを味わい、海外の人達に売ることの楽しさを
知りました。

販売の自由度が一気にあげることができるのが、自社サイトの開設ですよね。

そんなあなたに朗報です。
当社も海外向けネットショップを法人案件で作ることもあれば、自前で海外向けネット
ショップを作ることもあります。現に数サイト当社は運営しています。

もし、あなたも短期間で売れる海外向けネットショップを作りたいなら、ネットショップ
の作り方、商品データのリサーチ方法、集客方法などをまとめた講座を作りました。

 

つづきはこちら
Live Commerce で作る海外向けネットショップ 4週間講座

 

ヤフーショッピング出店無料化、あなたが考えなければならない価値とは?

2014年1月9日 木曜日

現在、ネットショップを持つ事に価値があるでしょうか?

stores.jp や base の登場や Yahoo が発表したネットショップ0円によりネットショップを持つ事自体の価値はほぼゼロになったと思います。
今後、ネットショップを立ち上げる際に何が価値になるか?

これを明確にし、他社との違いを顧客が理解できなければ廃業に追い込まれます。

本日は、当社の商品であるLive Commerceの価値を改めて考えてみたいと思います。
(さらに…)

 

海外向けEコマースでまずは売上1億を実現する

2014年1月6日 月曜日

Amazon, Facebook , Google , eBay のプラットフォームを利用するば世界中のターゲットとしたユーザーに情報を届ける事が出来る様になりました。これからは世界を相手にネットビジネスをする時代の幕開けです。

そこで、世界を相手に年間1億レベルのネットビジネスを短期間で立ち上げる起業家の為にヒントを紹介します。 (さらに…)