« ブログのトップページに戻る

板橋 憲生 さんの投稿記事

About: 板橋 憲生

Website
http://www.ds-style.com/company/message.html
Profile
株式会社デジタルスタジオの代表です。 個人ブログはこちらでもたまに書いています。 http://ecommerce-ha.blogspot.jp/ 2008年よりスクラッチにて多言語ECサイト Live Commerceを独自開発し、現在は700サイトを越えるネットショップが英語や中国語などのサイトを運営している。2013年の海外向けネットショップの総流通学額は70億超に。

eBayを個人事業レベルからビジネスにするには?

2015年8月17日 月曜日

7日から15日までの夏休みの間、タイのバンコクとフィリピンのマニラの2カ国に行ってきました。
夏休みの休暇を兼ねてeBay海外販売の本格的な現地での作業人員の確保や、オフィス相場の調査のためです。

タイは初めて行ったのですが、ネット回線速度が速く、ネットビジネス環境には最適に感じたね。 (さらに…)

 

中国市場向けオンライン決済サービス 事前申し込みについて

2015年7月9日 木曜日

7月27日以降より中国市場向けオンライン決済サービスがご利用いただけるようになります。
今回は先行100名様の事前申し込みを承ります。

お申込みには事前にLive Commerceとの契約済みである必要がございます。

中国オンライン決済で最も使われているアリペイ(Alipay)、銀聯(China UnionPay)WeChatがLive Commerceの決済サービスとして追加されます。
まずは7月下旬にリリースを予定しておりますUnionPayを先行してご案内します。

インターネットでの中国向けオンライン販売の99%以上をカバーしておりますのでを中国市場向けに行う方は是非ご検討ください。

動画にて詳しくご説明しております。

 

海外向けの日本の製品紹介サイト Discovery Japan Facebookページ開設

2015年7月4日 土曜日

先日公開しました Discovery Japan ですが、facebookページを公開いたしました。
開設直後からたくさんのファンの方を獲得でき、日本商品のレベルの高さ、日本商品に対する世界レベルで信頼を獲得していることを改めて感じられます。

Live Commerce でどんな商品が海外に販売されているのか、弊社スタッフが数ある商品の中から商品をクリップ(手動で選ぶ)して紹介しているサイトになります。
今後、海外販売を検討されている方にとってはどんな商品を海外で販売しているのかわかります。
Live Commerceを既に使っていただいている方は、こちらのサイトでも商品が紹介されます。

 

 

 

ECサイト構築技術者向け – Live Commerce で日本と海外の両方に対応できる多言語ECサイトを構築するには …

2015年7月2日 木曜日

Live Commerceでは多言語ECサイトを構築できるソリューションなのだが、多言語ということは英語と日本語で販売する国ごとにローカライズ機能がどこまで備わっているのか、、これは新規導入を検討している方から多くいただく質問の一つである。

今日は、多言語ECサイトとローカライズの関係性について質問形式にして回答します。 (さらに…)

 

訪日外国人向け ネットを活用したインバウンド型マーケティング

2015年6月28日 日曜日

訪日外国人向けにビジネスを仕掛ける場合、色々なアイディアが出てきそうだが、実際には店舗へ来てもらわないことには何も始めることはできない。
店舗に来てもらうためには免税店になる必要があるわけだが、店舗の立地に制限があるものの、それ以外は大して難しい要件はない。

いわゆるインバウンド型ビジネスでは、いかにして店舗に来てもらうための仕掛けを旅行代理店や旅行メディアサイトと連携して宣伝をしていくことに尽きる。

店舗に来てもらうことにすでに成功しているドンキホーテなどは、インバウンド型の次の戦略として事前予約サイトを立ち上げている。
今回は、訪日外国人者数が増えた現状に対してネットを活用してどのようにインバウンド型ビジネスに発展していくべきなのかを考察してみたい。 (さらに…)