« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

自社サイトはアクセシビリティを意識してますか?

2017年10月26日 木曜日

タイトルイメージ画像

さまざまな人が閲覧するWebサイト。そして人々の生活を豊かにし、役立つツールでもあるWebサイト。Webサイトはどのような人種、性別、年齢、さらには身体的特徴、障がいを持った人でも使える道具でなければならないだろう。
そして、Webサイトはどのようなユーザーに対しても同じように情報を伝える配慮が必要である。この「様々な人への配慮する」という考えは、建築設計やプロダクトデザインするうえで必要となるユニバーサルデザインという考え方と共通するものである。
このユニバーサルデザインという考え方は、Webサイトでは「Webアクセシビリティ」という考え方にあたる。
Appleはこのアクセシビリティに30年も前から取り組んでいる。そしてGoogleは「Googleの使命は世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです」と述べている。つまりアクセシビリティの重要性が謳われている。
今回はこの「アクセシビリティ」について深めてみよう。

(さらに…)

 

中国最大のチャットアプリ WeChatのすごすぎる機能

2017年10月19日 木曜日

イメージ画像

世界最大級の無料チャットアプリと聞いて思い浮かぶのは、日本だとLINEとなるが、アメリカだとMessengerやWhatsApp、韓国ではカカオトークなどとなるが、登録アカウント数が11億人、月間アクティブユーザー数5億4,900万人という中国のWeChatというアプリをご存知だろうか。
LINEの月間アクティブユーザーが6,800万人と比較するとその大きさは8倍以上である。ちなみに世界最大の無料チャットアプリはFacebook傘下のWhatsAppで、月間アクティブユーザーは数は10億と発表されている。
今回は、昨年6月にも概略紹介しているが、中国SNS「WeChat」について、その機能や活用法について詳しく調べてみた。

(さらに…)

 

日本のインバウンド市場 世界の中ではどのくらい?

2017年10月17日 火曜日

イメージ画像

10月1日から10月8日まで、中国では建国記念日にあたる国慶節と中秋節を祝う超大型8連休となっており、中国メディアによると、最初の2日間で旅行に出かけた中国人は2億人を超えたと報じている。さらに一人当たりの商品購入額も1人平均5000元(約8万5000円)を突破したとも報じている。
中国は日本にとっては重要なインバウンド相手国である。2016年の訪日外国人旅行者の第1位は中国の637万人、2位は韓国の509万人、3位は台湾の417万人となっており、訪日外国人旅行者の72.7%は東アジアの人々という内容だ。
2017年5月のデータによると、2016年の訪日外国人旅行者は2,404万人と2,000万人の大台を超え、さらに、伸び率について言えば前年比21.8%増と諸外国と比べると高い伸び率となっている。これらインバウンドに関する数値は諸外国と比べてどのくらいの位置にあるのだろう。
今回は、世界のインバウンド市場の中で日本はどのくらいに位置し、観光大国と言われるフランスなどはインバウンドに関してどのような施策を行っているかなどを調べてみた。 (さらに…)

 

説明なしでもわかる? マイクロインタラクションとは

2017年10月11日 水曜日

イメージ画像

これからのWebサイトデザインの方向性は「内容(コンテンツ)の充実」と「体験の向上」にあると言われている。それらを実現するひとつの解は、「ヒューマンセンタードデザイン(人間中心デザイン)」という思想である。
そして、ヒューマンセンタードデザインのアプローチの方法として、マイクロインタラクションという手法が取られている。このマイクロインタラクションを手法を採用すれば、ユーザーとの距離は近くなり、サイト離脱率を下げるだげではなく、サイトの印象が高くなり、再訪問率の向上にもつながるだろう。
今回は、今年も注目されている、マイクロインタラクションのポイント、注意点など見て行こう。

(さらに…)

 

日本で買った商品の6割以上が帰国後、再購入されている

2017年10月5日 木曜日

イメージ画像

今週10月1日から8日まで、中国の国慶節(日本の建国記念日)、祝日による大型連休があり、日本へ多くの中国人観光客が訪れ、その動向はメディアなどでも紹介されている。
中国人観光客は2015年のような爆買いは見られないものの、多くの中国人が日本各地を観光し、お土産を買い、祝日を満喫しているようだ。
観光白書によると、2016年のインバウンド、訪日外国人数は中国が1位、2位が韓国、3位が台湾となっている。
今回は、5月30日に発表された、観光白書からインバンド事情、さらに、みずほ情報総研のデータを元にインバウンドと越境ECの関連について見て行こう。

(さらに…)