« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

Live Commerce 新しい商用ライセンス形態を発表

2011年7月7日 木曜日

本日Live Commerceの製品ラインナップに商用スタンダード、商用プロフェッショナルの2つのライセンスを新しく発表いたします。従来提供させていただいていた商用ライセンスは廃止となり、本日追加させていただいたものが新しい形の商用ライセンスになります。

これらのライセンスは次のようなお客様の為に用意させていただきました。

  • オープンソース(GPL)ライセンスに準拠したくない方
  • ASPで提供しているサービスにおいて社内規定によりASPサービスがご利用頂けない方
  • 自社サーバーにインストールしてサポート付で運用したい方

このような環境向けに、お持ちのサーバにインストールしてご利用頂ける商用版ライセンスとして、商用スタンダード商用プロフェッショナルの2つの種類のライセンスを用意しております。各ライセンス共に1年間のメールサポート、不具合対応、アップデート、初期立ち上げ時のサーバー構築・最適化・高速化までが1つのパッケージになっており、トラブルシューティングの際に技術的に分かる社員が社内にいなくても安心してLive Commerceをご指定のサーバー上で安心・安定してご利用いただけます。

比較表を作成しましたので、こちらを参照ください。

例えば、さくらインターネットのVPSシリーズラピットサイトのVPSシリーズ海外のVPSサーバー 等々.. これらのVPSサーバー(専用サーバーも含めて)に使い、且つ初期立ち上げ時のインフラ構築とサポートもお願いしたい、サイトの運用に専念したい..  といったお客様に最適なライセンス形態となります。

Live Commerceライセンスについて

 

Live Commerce オンラインセミナー 7月14日 17時

2011年7月4日 月曜日

Live Commerceの導入を検討いただいている方をを対象にオンラインセミナーを開催いたします。

このような方は是非ご参加ください

  • Live Commerceを利用するメリットを知りたい。
  • オープンソース or ASPのどちらがメリットがあるのかを知りたい。
  • Live Commerceの機能や活用方法を知りたい。
  • ECサイトを「安く早く、しかも高品質に構築する」ノウハウを知りたい。

セミナーでは、これから導入を検討されるお客様向けに、サービスの特長や導入のメリット、活用事例をわかりやすくライブで解説いたします。インターネット環境があれば、自宅や会社のパソコンから参加いただけますので、ぜひお気軽にご参加ください。

日程 2011年7月14日(木曜日)17:00 45分間
 に追加
対応ブラウザ IE8以上
Firefox3以上
Opera10以上
Safari3以上
Google Chrome 10以上
対応OS Windows7、Vista、XP、2000
Mac OS X
定員 50名

 

オンラインセミナーって何ですか?
ネット完結型のセミナーです。当日、当社よりメール通知されたURLにアクセスすると、自動的にセミナー画面が開き講師の動画・音声による解説をご覧いただけます。ブラウザ上で用意したドキュメントも参照いただけます。

用意するものはありますか?
音声が出力されますのでイヤホンが必要です。

セミナーではどのような事を学習できますか?
一部ではございますが、下記のようなことについて理解することができます。
多言語サイトの作り方、為替同期の仕組み、デザインテーマの概念、楽天等との在庫同期方法、利用できる決済サービス、設定可能な配送料金、オープンソースとASPの違い etc…

どのくらいの時間やりますか?
45分間です。残りの15分は質疑応答です。

(ご注意事項)
※ご参加にあたっては、必ず事前登録をお願いいたします。
※本セミナーはLive Commerceの新規導入をご検討される方向けの入門セミナーです。管理画面の使い方などは内容に含まれませんのであらかじめご了承ください。

参加する

前回セミナーにログインできなかった方がいたので、下記ガイドを事前にお読みください。
http://www.live-commerce.com/seminar_guide/

セミナーはFlashがサポートされているブラウザでないと閲覧できません。
FireFox、Google Chrome ブラウザがオススメです。IEですと動作が重くレスポンスがあまり良くありません。

【セミナールームURL】
http://onsync.digitalsamba.com/go/ds-style/Y2H8ZDX

上記のURLに5分前にお越しください。

 

会員限定サイトの作り方

2011年7月3日 日曜日

一昔前なら、カスタマイズで依頼するとウン百万取られていた

「ゲストでは価格は非表示、会員登録後に管理者が承認した場合のみ価格を表示させる 」

という会員限定サイトを作りたい場合の設定方法を紹介します。Live Commerceなら標準機能として利用できます。

Live Commerec で行う会員限定サイトの作り方

 

PayPal ExpressCheckout プラグインアップデートしました

2011年6月16日 木曜日

Live Commerce に標準搭載されている外貨決済に対応しているPayPalプラグインですが、本日アップデートいたしました。

  • ホスティングサービスご利用者様
    本日より順次アップデート通知がされます。
  • オープンソースご利用者様
    ストアサイトより無料ダウンロードいただけます。

 

変更箇所は2つ

  • PayPalのログイン画面の右側に表示される部分に、購入する商品名、型番、合計金額が表示されるようになりました。ログインをしている場合は配送料金も表示されます。
  • ブラウザで利用している言語をPayPal画面で引き継ぐようにいたしました。

スクリーンショット

ダウンロードはこちら

 

Live Commerce 1.3 Release

2011年6月7日 火曜日

本日正式にLive Commerce Ver1.3 をリリースいたしました。オープンソース版はダウンロードページより取得してください。動作環境をよくお読みの上、インストールしてみてください。

今回は、前回のVer1.2 から約2ヶ月でのリリースとなりました。

また、Live Commerceの構築事例も本日公開させていただきましたので、これからLive Commerceでネットショップをリニューアルしたり、または新しい切り口で新サイト立ち上げを検討されている方は是非参考にしてみてください。

リリースノートを見ていただくと分かるのですが、初版の0.1αの公開から、早いもので1年7ヶ月が経過しました。
ここまでLive Commerceを陰ながら支えてくれているオープンソースコミュニティー方々、特に初期のバグ潰しにコミットいただいた協力者の方には大変感謝しています。本当に彼らのボランティアによってコードが何度も修正され、現在のリリースへ繋がっていることに感謝です。

Ver1.4 への要望ありますか!?
次回のリリースは9月〜10月の間を予定しています。現在のところASPサービス向けのメールマガジン強化版と新バージョンのPayPalプラグイン(Ver.71)を開発しています。今後LIve Commerceに追加してほしい機能などありましたら要望掲示板へ投稿ください。(ただし採用されるかどうかは別です。)

Live Commerce 2.0 へ向けて
Live Commerce は早くもVer2.0への課題洗い出しに入っています。基本的にはインターフェースの刷新、ユーザービリティー最適化に焦点を当てています。
ECサイト構築を生業とされている方で、こんなECサイトを一緒に想像していきたいと高い志をお持ちの方、是非webmaster@live-commerce.com 宛までご連絡くださいませ。オープンソースのプロジェクトに参加するのに、別にプログラムが書けるとかは全然関係ありません。