« ブログのトップページに戻る

大塚孝二 さんの投稿記事

About: 大塚孝二

Website
https://www.live-commerce.com
Profile
1984年 武蔵野美術大学 造形学部 基礎デザイン学科 卒業 美術館、博物館、科学館などのミュージアムグラフィックを約25年従事。 ミュージアムグラフィックとは美術館、博物館、科学館の情報グラフィックデザインとこと。 平たく言うと、ミュージアムのサインやグラフィック情報パネル、展示ラベル、ポスター、パンフレット、カタログ、ITコンテンツなどミュージアムに関するグラフィックやIT情報インターフェースデザインをいう。 その後、時代の流れとともにWebデザインの必要性を感じ、主としてとして前職の経験を活かし、デザインユーザービリティを追及したWebデザインを中心に活動している。 現在はWebクリエイターデザイン講師の仕事の傍ら、デジタルスタジオにてEコマースのインターフェースデザインの設計や本ブログにおいてWebデザイン周辺の情報発信を行っている。

制作会社向け、Live Commerce オンラインンセミナー開催

2010年10月25日 月曜日

Live Commerceを活用して今後、ECサイト構築の受託を行おうと考えている、
「個人事業でウェブ制作を受託されている方」や、「ホームページ制作会社」を対象にしたLive Commerceオンラインセミナーを開催します。

オンラインセミナーでは、Live Commerceを活用したECサイト構築における「知っておくべき Live Commerceを活用したEC構築ノウハウ」を説明します。

セミナー受講後、あなたの頭の中は、きっと下記のことがすっきりと整理されるはずです。

  • Live CommerceでECサイト構築をする顧客ターゲットが明確になる。
  • Live CommerceでECサイト構築をする際のシステム構造が明確になる。
  • 従来のオープンソースEC構築ツールとの違いが明確になる。
  • 受託開発の形態が大きく変わってきている背景と、今後のトレンドが分かる。
  • Live Commerceを導入する際のレンタルサーバーの選び方が分かる。

セミナーは当社オフィスまでお越しいただくのではなく、オンラインセミナーと言って、ご自宅、職場で普段使っているパソコンから当社より送付させていただくURLにアクセスして参加いただきます。

インターネットを介したオンライン形式のセミナーのため、 インターネット環境のあるパソコンさえあれば、 全世界どこからでも受講可能なセミナーです 。セミナーリアルタイムでLIVEで行います。

最初の約45分は当社からの概要説明をし、残りの15分は質問タイムとなります。リアルタイムのセミナーだから臨場感があり、その場で質疑応答が可能です。

オンラインウェブセミナー概要

開催日 2010年10月28日(木)
時間 17:00?18:00(GMT+9) 
※Googleカレンダーにスケジュールを入れておくと便利です。
場所
当日はこちらのURLにお越しください。
定員 50名 (定員に到達次第締め切りとさせていただきます)
参加費 無料
スピーカー 株式会社デジタルスタジオ 板橋憲生
タイトル 知っておくべき Live Commerceを活用したEC構築ノウハウ
用意するもの スピーカーがついているパソコン
セミナーはFlashがスムーズに動作するレベルが必要です。 比較的新しいパソコンをご用意ください。
メモリ2GB、Core2Duo以上推奨。
会話に参加する場合は、マイクが必要です。
申込


 

 

Live Commerce ホスティング開始!

2010年10月19日 火曜日

ホスティングサービスを開始しました。

詳細はこちら

 

オンライン見積対応 Live Commerceオリジナル商品レイアウト

2010年10月5日 火曜日

何?

iPad ルックなオリジナルレイアウトはページ毎に、オプションのID等を設定する必要がありましたが、このページテンプレートは設定不要で、すべて自動で見積もり計算してくれる高機能版(発展形)です。

オンラインでオプションを選択すると、リアルタイムで見積額を計算してくれるページテンプレートで、オプションを多数選んで購入するタイプの商品に適しています。(DELLのパソコン購入のサイトのようなイメージです)

このページテーマは有料です。 購入・詳細はこちら
 

動画

 

Live Commerceによる制作事例を登録できるようになりました

2010年10月4日 月曜日

Live Commerceで構築されたサイトの登録ができるようになりました。
Live CommerceにてECサイトを構築されましたら是非登録頂ければと思います。

Live Commerce制作事例

 

ログインが必要になります。

 

Ver0.7リリース

2010年10月1日 金曜日

Live Commerce Ver0.7を本日リリースしました。

変更箇所についてはこちらをご覧ください。

今回のアップデートは脆弱性検査、前回までのバージョンにて不具合とされていた個所の改修を中心に対処したものとなっております。脆弱性の改修に時間がかかったこともあり、コミュニティーユーザーからの要望はいくつか対応できていませんが、対応できたものだけ下記に紹介します。

注文番号について
→ 今回のリリースにて対応しました。ご要望ありがとうございました。

Google analyticsのEコマース機能への対応
→ 今回のリリースにて対応しました。ご要望ありがとうございました。

言語翻訳管理の言語のインポート・エクスポートでエクスポートできない。
→ 今回のリリースにてXML形式にして対応しました。ご連絡ありがとうございました。

個別に送料無料の商品設定は可能でしょうか?
→ 今回のリリースにて商品別に送料を指定できるようにしました。ご連絡ありがとうございました。

ポイントについて
→ 今回のリリースにて管理画面で顧客のポイント履歴を照会できるようにしました。ご連絡ありがとうございました。

なを現在コミュニティーに既に要望や不具合の出ている案件については、今後急ピッチに対応していきますので今後ともよろしくお願いします。

脆弱性検査について
今回のバージョンのインストール初期状態約14,000URLのスキャンをIBM Rational App Scanにて検査をいたしました。全体の約0.7%に脆弱なURLが検知され、本リリースジョンでは脆弱性が修正されたパッケージとなっております。この場を借りて、ご協力いただきましたキトノロープスリーント様に感謝の意を表します。

次回のリリースは10月下旬ごろを予定します。Live Commerceの安定版としての最初のリリースにあたる正式版をついに公開します。今後ともLive Commerceにご期待ください。