« ブログのトップページに戻る

越境ECにおいてどの国で何が売れるか、Live CommerceにAI搭載 販売予測機能

   投稿者 : 2017年11月28日 By

人工知能によって販路先国が自動でわかる

現在提供中のLive Commerce 最新版 ver3.3 から “どの国で何が売れるのか” を過去のアクセス解析ログから人工知能により未来予測を行う機能を実装し、越境ECにおける海外市場でのマーケティングデータの提供を開始しています。(以下、やさしいウェブ解析ツール)

結論からいうと、日本の商品を売る先の需要国がわかります。このツールを使えば大規模に広告宣伝する前に需要国とその国で実際にどんなキーワードで検索されているのかも含めた具体的なキーワード候補が手に入るので、越境ECマーケティグには欠かせない濃度の高い情報源を取得できます。(Google AdWordsのキーワードプランナーでも探せない情報です。)

Live Commerce を提供し始めてから越境ECという言葉も生まれ、今日最も多い質問の一つが ”どの国で何が売れるのか” といったもので、越境ECの導入には海外市場でのマーケットデータが国内ECと比較して圧倒的に不足していました。

今回リリースしたLive Commerce 3.3では当社が運営しているDiscovery Japan Mall のアクセス解析から、アクセス元の国とアクセス数の多かった商品やキーワードの相関関係を人工知能により解析し、任意の商品おいてどの国で最も販売に結びつきそうかを分かりやすくした表を作成しました。

例えば、CASIO の 人気時計である G SHOCK を海外で販売しようと思った時に、アメリカ・イギリス・シンガポール・ドイツ・フランス、、、と様々な国で時計の需要があるのはわかりますが、実際にどの国からどの商品にどれくらいトラフィックがあって、どんなキーワードで検索されているのかがわからなければ海外市場から新たな売上を作るというのは絵に描いた餅であり、現実的なビジネスとしての議論としてはあまりにもふわっとしすぎていると思います。

そこでやさしいウェブ解析を利用すれば、国と具体的な商品カテゴリに加えて個別商品の具体的なキーワードがわかるということです。Google AdWordsはキャンペーンの作成時に必ず「国」と「言語」を決めることが大前提となり、その上でキーワード、URLという形で広告を決定していくプロセスのため、まずはどの国に売るのかという部分がわからないとビジネスがギャンブルとなってしまいがちです。

越境ECサイトを立ち上げて海外市場へ参入した結果、結果がでずに閉鎖を余儀なくされたとすれば、販売すべき「国」と「言語」と具体的「キーワード」が間違っていた可能性があるでしょう。

Live Commerce やさしいウェブ解析 スクリーンショット

やさしいウェブ解析を利用するには Discovery Japan Mall への出店が必須となる。

この解析予測結果によって、越境ECを行う企業はDiscovery Japan Mallから自社商品において需要が見込まれる国と具体的な検索キーワードを把握することが可能になり初期のマーケティングデータとして自社での広告運用時に活用ができます。

以下の動画は実際の画面を解説したものです。

 

実際に自社運営する越境ECモール Discoery Japan Mallではこの解析データを元に、facebook広告やGoogle AdWords広告に活かしており、越境ECにおける見込みがある国への広告露出先を拡大、コンバージョン数の増加に役立出ています。

越境ECに挑戦しようにも、どこに販路先を見出していいのかわからない、、という方はDiscovery Japan Mall にまずは出店しやさしいウェブ解析ツールにて分析をしてみましょう。

関連する記事

中古車輸出向けの販売サイトテンプレート... Live Commerceでは現在ウェブデザイン用のテーマを毎月1つのペースで追加しておりますが、今回は中古車輸出業に特化したデザインテーマをリリースしました。 中古車輸出業のホームページでは主に次の機能が求められます。 中古車の登録 各種オプションの選択(新品タイヤ、オイル、バッ...
爆買いに沸いた「インバウンド」祭りは終わった。今後成長が期待される「越境EC」とは?... 越境ECを理解する前に訪日外国人の増加背景を理解しておきましょう。 特に中国人による「爆買」や「インバウンド」といったキーワードにまつわるビジネスは2016年8月を最後に株式相場も実際のリアル店舗でもお祭り騒ぎを終えて新鮮味がなくなっています。これは訪日外国人による不買運動ではなく、特...
Facebook上でのEコマースをサポートするアプリ4選... 近頃、Facebook上で商品の売買ができるようになっていることをご存じでしょうか?国内でもカラーミーショップやSocialGateWayなど、Facebookと連動した商品販売アプリが次々に登場し、参加企業も増えています。 そこで今回は、海外ECに利用できそうな4つのアプリをご紹介します。 ...
ユニークなアイデアでアマゾンに勝つ!... 小さなEコマースサイトを運営する企業にとって、アマゾン・楽天といった巨大なサイトにどうしたら対抗できるのか?という悩みは尽きないものです。対策として、ここでしか買えないものを売るといった、「商品そのものを差別化」するアプローチと、購入過程で何か顧客の印象に残るものを残すという「顧客体験の差別化」...
スマホ・タブレット最適化に「レスポンシブWebサイト」がベストな理由... スマートフォンやタブレットの利用者数の増加にあわせ、Webサイトへのアクセス数のモニタリングから「スマホ最適化の必要性」を実感している人も多いでしょう。 昨年あたりからレスポンシブWebデザインとよばれる、PCやスマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応するWebページ制作の手法が増えてきました...
SEO対策について調べてみました 先日、クライアント先でのインタビューで「SEO対策」を指摘されました。 「PPC広告のような出稿し続けないと成果を出せないものではなく、自然検索の方を積極的に強化したい。 」 この報告を受けてSEO対策について業界動向を久しぶりに調べてみました。 基本は変わってない 10年前に比べて...
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

今なら海外展開の為の成功BOOKを無料ダウンロードできます。是非この機会にお読みください。