インフルエンサー・マーケティング徹底解剖!第一弾

インフルエンサー・マーケティング徹底解剖!第一弾
本日のブログでは
「インフルエンサー・マーケティング」についてご紹介いたします。
「インフルエンサーマーケティングをやってみたいけど、どこから始めればいいのか分からない」
「海外のインフルエンサーさんにどうやって声をかければいいの?」
このような疑問を持っている人は必見です!
今後、インフルエンサー・マーケティングを検討している皆様に参考になれば幸いです。

インフルエンサーマーケティングって何?

そもそも「インフルエンサーマーケティング」とはなんなのでしょうか?
簡単に言えば、インフルエンサーと呼ばれる人を事業者が起用し、ブランドの知名度アップや新商品の紹介を目的としたマーケティング方法です。

インフルエンサーが事業者に提供してもらった商品やサービスを実際に試し、それを自分のプラットフォームでフォロアーに紹介します。例えば、化粧品であれば、使い方や使った感想を述べたり、フォロアーに購入を促す魅力的なコンテンツを作成します。

インフルエンサーモデル

 

マイクロインフルエンサーとマクロインフルエンサー

インフルエンサーにはフォロアーが一定数付いていますが、フォロアー数の多さはピンキリです。数千〜数万人程度のフォロアー数をもつインフルエンサーもいれば数百万人、数千万人以上のフォロアーを抱える人もいます。前者をマイクロインフルエンサー、後者をマクロインフルエンサーと言います。

「フォロー数が多ければ多いほどいいんでしょう?」

こう思われる方は少なくないと思いますが、実際のところ、どうなのでしょうか。

 

リーチ力とエンゲージメント力

インフルエンサーの影響力を示す指標としてリーチ力エンゲージメント力という言葉があります。

リーチ力はフォロアー数の多さで決まります。つまり、フォロアー数が多ければ多いほどリーチ力も上がります。

一方でエンゲージメント力とは投稿へのやりとりの多さで決まります。「いいね」やコメント数など、フォロアーが「エンゲージ」(参加)すればするほどエンゲージメント力は上がります。

たとえ、リーチ力は低くとも、エンゲージメント力が高いことで、「コンバージョンに繋がる」ということもありますので、一概に「フォロアー数が多ければいい」ということでもないのです。

 

インフルエンサーの使うプラットフォーム

インフルエンサーの使うプラットフォームにはいろいろあり、特にインスタグラム、フェースブック、TikTokに代表されるSNSなどが人気です。

それぞれのプラットフォームに関する詳細は次回以降で取り上げたいと思いますのでご期待ください。

 

インフルエンサーを起用する利点

インフルエンサーを起用する利点には次のような例が挙げられます。

 

1.カスタマー/ユーザーからの信頼を得られる

インフルエンサーには一定数のフォロアーがついています。そのフォロアーを「ファン」と呼ぶこともできるでしょう。フォロアーはそのインフルエンサーのコンテンツを好んでいたり、共感ができるからこそ「フォロー」しています。そして、「ファン」であればそのインフルエンサーのことを「応援」したり「信頼」もできます。

「この人が言うのだから信頼できる」「私も使ってみたい」

と、なるわけです。

 

2.魅力的なコンテンツ

と言いましても、これははっきり言って起用するインフルエンサー次第です。インフルエンサーはクリエイターでもありますから、「魅せ方」のプロでもあります。とはいえ、インフルエンサーもピンキリです。アマチュアや「出だし」のインフルエンサーもいますので、起用する際にはそのインフルエンサーがどのようなコンテンツを投稿しているのかをチェックすることが大事です。実力のあるインフルエンサーであれば「かっこいい」「魅力的な」コンテンツを生み出してくれるでしょう。

 

3.リーチ力が上がる

フォロアー数を多く抱えているインフルエンサーほど、そのリーチ力は上がります。多くの人にブランドや商品を伝える(拡散する)ことができるのです。

 

4.ブランドや商品の認知度が上がる

リーチ力が上がれば、当然ブランドや商品の認知力も上がります。

 

5.コンバージョンに繋がる

より多くの人にリーチし認知してもらうことと、インフルエンサーの魅力的なコンテンツが合わされば、コンバージョン率が上がることが期待できます。
 

どのようにインフルエンサーを起用するの?

世界にいる莫大な数のインフルエンサーの中から自社ブランドにあったインフルエンサーを探すのは安易ではありません。探す際にはいろんな課題も出てきます。フォロアー数やリーチ力/エンゲージメント力、ブランドにあったインフルエンサーかどうか、など考慮する点は多々あります。

手探りで見つけてコンタクトをとるのも一つの手かもしれませんが、インフルエンサーのデータベースや自社にあったインフルエンサーを見つける代行サービスを利用するのもいいでしょう。

 

(イメージ画像)

Influence.co は海外で最大のインフルエンサーデータベースです。無料でメンバー登録ができ、検索条件を入れて、その条件にあったインフルエンサーを探すことができます。また、キャンペーンを実施して、そのキャンペーンに興味を持ったインフルエンサーを募ることも可能です。

インフルエンサーの居住地、年齢層、性別、得意な分野(例:ファッション・スキンケア・ホビーなど)、希望報酬が表示されていますので、特定のインフルエンサーを見つけることが安易にでき、非常に便利です。

ところが、一つ問題があります。

 

「インフルエンサーマーケティング」
言葉の壁

Influence.coに代表される海外のインフルエンサーデータベースに登録するのもインフルエンサーとのやりとりも、全て「英語」になります。
この言葉の壁で「インフルエンサーマーケティング」を始めることを躊躇されている方も少なくはないのではないでしょうか。

 

Live Commerce 独自の「インフルエンサーマーケティング」サービス

しかし、ご心配無用です。

Live Commerceでは「日本語で海外のインフルエンサーと繋がれるサービス」を提供します。御社にぴったりのインフルエンサー探しから、インフルエンサーとのやりとりなど、代行でさせていただきます。

インフルエンサーマーケティングを初めてみたい方や、検討中の方はぜひ一度ご相談ください。

今回は「インフルエンサーマーケティング」について簡単に説明しましたが、次回は実例も交えてさらにご紹介します。どうぞご期待ください!

関連する記事

インフルエンサー選びのコツ 第一弾... 「インフルエンサーとコラボしたいけど、どうやって選べばいいか分からない」 今回のブログはそんな疑問をお持ちの方に必見です! 近年は「インフルエンサーマーケティング」の人気が増しています。副業やお小遣い稼ぎ程度にインフルエンサーをやっている人もいれば、本業としてやっている人もいます...
これからのECマーケティング:レコメンデーションマーケティング... 情報に溢れたウェブ世界にすっかり疲弊されてしまった私たちは、無意識のうちに情報をフィルタリングするようになっています。その結果、旧来のECマーケティング戦略の多くが通用しなくなっています。では、私たちは一体どんな情報に耳を傾けているのでしょうか。現状を確認しながら、その対応策をご紹介します。 ...
加速するアメリカのインフルエンサー事情... 情報入手がテレビなどマスメディアから、パソコン、さらにスマートフォンに変わり、そして、SNSへと変化しようとしている。 広告もその変化に合わせるように、テレビなどのマス広告から、PCデジタル広告、SNSメディア広告、さらに最近ではインフルエンサー広告、つまり、「インフルエンサーマーケティン...
インスタグラムで顧客とつながろう!... インスタグラム(instagram)は、iPhoneなどのスマホで撮った写真をフィルターと呼ばれるツールでレトロ調にもミニチュア風にも簡単に加工でき、その場でネットにアップできるアプリです。2012年の春には、Facebookにおよそ800億円(10億ドル)で買収されたことでも話題になりまし...
「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!...   「アフィリエイト広告」とは? 低価格のSNSマーケティングに最適!   多くのEC事業主は、単一商品を販売している場合を除き、マーケティングリソースの配分に頭を悩ませていることが多いのではないでしょうか。 刻々と変化し続けるEC市場において、どのように商品...
フランスの靴下専門ECによる、虹色のウェブデザイン... 日本国内における、靴下専門のオンラインストアといえば、まず思い浮かべるのがTabioでしょうか。同社のECサイトを見てみると、1列4枚のサムネイル画像を掲載し、各画像に “コンテンツ”を持たせています。例えば、「浅野忠信コラボ」や「オシャレ読モの足もとコーデ」などです。しかし...

タグ: , , , , , ,

コメントは受け付けていません。